リップル(Ripple/XRP)ETHを追い抜き時価総額ランキング「2位」に浮上!

by BITTIMES   

リップル(Ripple/XRP)は、仮想通貨市場全体で下落が進む中で早期に価格を回復させ、時価総額ランキングでイーサリアム(Ethereum/ETH)を追い越し再び「2位」の座を獲得しています。着実に成長を続けているRipple社は最近、欧州最大の決済企業とも提携しています。

こちらから読む:タイで確実に合法化|着実に成長を続ける「Ripple/XRP」

時価総額最大の「アルトコイン」に

Coinmarketcapのデータによると、現在仮想通貨リップル(XRP)は時価総額が最も大きいアルトコインとなっています。

2018年11月16日 仮想通貨の時価総額ランキング(引用:coinmarketcap)2018年11月16日 仮想通貨の時価総額ランキング(引用:coinmarketcap)

現在の仮想通貨市場は、Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏やThomas Lee(トーマス・リー)氏などの多くの投資家の価格予想に反発する動きを見せており、サポートラインを下回ってさらなる安値を更新しています。

ハードフォークの話題で大きな注目を集めていたビットコインキャッシュ(BCH)や、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの主要な仮想通貨は2018年11月14日の大幅な下落の後もあまり大きな回復は見せておらず、過去24時間の変化でもマイナスの状態が継続しています。

しかしその一方でリップル(XRP)を始めとする複数の仮想通貨には、やや回復する傾向が見られており、XRPの時価総額はETHの時価総額をおよそ800億円ほど上回っています。

欧州最大の決済企業「TAS」と提携

TAS-Group

Ripple社は現在も提携を拡大し続けており、ここ最近でも複数の大手企業と提携を結んでいます。

11月13日には欧州最大手の決済企業である「TASグループ」と提携を結んだことが明らかになった他、RippleNetに加盟している「三菱UFJ銀行(MUFJ)」が、南米を代表する大手総合金融グループであるブラジルの「ブラデスコ銀行」と協力してリップルの技術を用いて国際送金の研究開発に取り組むことを記した覚書を締結したことも報じられています。

ソフトウェア・ソリューション・プロバイダーであるTASグループは、ヨーロッパやその他の地域の商業銀行及び中央銀行と協力している企業であり、7カ国にまたがる国際的な影響力を持つと言われています。同社は世界中の150の顧客にサービスを提供しており、全世界で見ると1億枚を超えるカードを管理しているとも言われているため、Rippleとの提携には注目が集まっています。

TASグループは、既存の決済システムには
・高額な取引手数料
・決済にかかる長い時間
・視認性の欠如
などのような複数の問題があることを挙げており、Ripple社と協力することによってこれらの問題を解決できると考えています。

すでに数多くの金融機関や企業によって、その利便性が実証されているRippleの技術は新たな企業や銀行に導入され続けており、その勢いは止まる気配がありません。この数年間で数多くの新しい仮想通貨やトークンを生み出したイーサリアム(ETH)を超えたリップル(XRP)は、今後もさらにその知名度を高め、多くの国や地域で利用されていくことになるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年11月16日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、2018年11月15日に約50円にまで下落したもののその後は回復しており、2018年11月16日時点では「1XRP=54.38円」で取引されています。

2018年11月9日〜11月16日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月9日〜11月16日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所Liquid(リキッド)などで購入することができます。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITMAX:イーサリアム(ETH)や現金がもらえる「にゃんにゃんキャンペーン」開始

BITMAX:イーサリアム(ETH)や現金がもらえる「にゃんにゃんキャンペーン」開始

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

ドバイ大手不動産会社:仮想通貨決済導入に向け「Huobi」と提携

ドバイ大手不動産会社:仮想通貨決済導入に向け「Huobi」と提携

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

リップル「好材料」報告続く!RippleNet拡大・ゲイツ財団との提携・上場など

リップル「好材料」報告続く!RippleNet拡大・ゲイツ財団との提携・上場など

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstake「トロン(TRON)」と提携|TRXのステーキング対応へ

Moonstake「トロン(TRON)」と提携|TRXのステーキング対応へ

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

仮想通貨の伝道師「ジョン・マカフィー氏」スペインの獄内で死去

仮想通貨の伝道師「ジョン・マカフィー氏」スペインの獄内で死去

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

LINE BITMAX:新規口座開設+暗号資産購入で「最大5,000円がもらえる」キャンペーン開始

LINE BITMAX:新規口座開設+暗号資産購入で「最大5,000円がもらえる」キャンペーン開始

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す