リップル(Ripple/XRP)ETHを追い抜き時価総額ランキング「2位」に浮上!

by BITTIMES   

リップル(Ripple/XRP)は、仮想通貨市場全体で下落が進む中で早期に価格を回復させ、時価総額ランキングでイーサリアム(Ethereum/ETH)を追い越し再び「2位」の座を獲得しています。着実に成長を続けているRipple社は最近、欧州最大の決済企業とも提携しています。

こちらから読む:タイで確実に合法化|着実に成長を続ける「Ripple/XRP」

時価総額最大の「アルトコイン」に

Coinmarketcapのデータによると、現在仮想通貨リップル(XRP)は時価総額が最も大きいアルトコインとなっています。

2018年11月16日 仮想通貨の時価総額ランキング(引用:coinmarketcap)2018年11月16日 仮想通貨の時価総額ランキング(引用:coinmarketcap)

現在の仮想通貨市場は、Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏やThomas Lee(トーマス・リー)氏などの多くの投資家の価格予想に反発する動きを見せており、サポートラインを下回ってさらなる安値を更新しています。

ハードフォークの話題で大きな注目を集めていたビットコインキャッシュ(BCH)や、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの主要な仮想通貨は2018年11月14日の大幅な下落の後もあまり大きな回復は見せておらず、過去24時間の変化でもマイナスの状態が継続しています。

しかしその一方でリップル(XRP)を始めとする複数の仮想通貨には、やや回復する傾向が見られており、XRPの時価総額はETHの時価総額をおよそ800億円ほど上回っています。

欧州最大の決済企業「TAS」と提携

TAS-Group

Ripple社は現在も提携を拡大し続けており、ここ最近でも複数の大手企業と提携を結んでいます。

11月13日には欧州最大手の決済企業である「TASグループ」と提携を結んだことが明らかになった他、RippleNetに加盟している「三菱UFJ銀行(MUFJ)」が、南米を代表する大手総合金融グループであるブラジルの「ブラデスコ銀行」と協力してリップルの技術を用いて国際送金の研究開発に取り組むことを記した覚書を締結したことも報じられています。

ソフトウェア・ソリューション・プロバイダーであるTASグループは、ヨーロッパやその他の地域の商業銀行及び中央銀行と協力している企業であり、7カ国にまたがる国際的な影響力を持つと言われています。同社は世界中の150の顧客にサービスを提供しており、全世界で見ると1億枚を超えるカードを管理しているとも言われているため、Rippleとの提携には注目が集まっています。

TASグループは、既存の決済システムには
・高額な取引手数料
・決済にかかる長い時間
・視認性の欠如
などのような複数の問題があることを挙げており、Ripple社と協力することによってこれらの問題を解決できると考えています。

すでに数多くの金融機関や企業によって、その利便性が実証されているRippleの技術は新たな企業や銀行に導入され続けており、その勢いは止まる気配がありません。この数年間で数多くの新しい仮想通貨やトークンを生み出したイーサリアム(ETH)を超えたリップル(XRP)は、今後もさらにその知名度を高め、多くの国や地域で利用されていくことになるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年11月16日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、2018年11月15日に約50円にまで下落したもののその後は回復しており、2018年11月16日時点では「1XRP=54.38円」で取引されています。

2018年11月9日〜11月16日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月9日〜11月16日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所Liquid(リキッド)などで購入することができます。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

リップル(XRP)が「Gmail」でも送金可能に!Chrome拡張機能「MoneyMessage」リリース

リップル(XRP)が「Gmail」でも送金可能に!Chrome拡張機能「MoneyMessage」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す