マイアミの不動産「ビットコイン決済」に強気な姿勢

by BITTIMES   

Sol Mar Real Estate(ソル・マール不動産)のオーナーである、Eric Fernandez(エリック・フェルナンデス)氏は、「フロリダ州マイアミビーチのブルーダイヤモンドに350万ドル(約3.9億円)のペントハウス・コンドミニアムをリストアップした。」と、Miami New Times(マイアミ・ニュー・タイムズ)が報じました。

こちらから読む:不動産業・自動車産業など、多方面で増加する「ビットコイン決済」

なぜマイアミがリードするのか

フェルナンデス氏は「ビットコイン(Bitcoin/BTC)決済による不動産購入の受け入れが人気を得るのは時間の問題である」と考えており、これからより多くの物件を仮想通貨やその他のデジタル通貨で不動産が購入されはじめると予想しています。また、不動産購入時にデジタル通貨が使用されると考える不動産業者は彼だけではありません。Bitcoinは国際的なバイヤーのためにカルト的な地位を築いており、マイアミではこの傾向をリードすると信じている人もいるようです。

不動産仲介業者のStephan Burke(ステファン・バーク)氏は、マイアミがビットコイン投資家にとって理想的市場であると指摘し、8月に販売するコーラル・ゲーブルスの邸宅を、南米・カナダ・アジア・ロシアから素早くを購入する方法をMiami Herald(マイアミ・ヘラルド)に掲載しました。
ビットコイン投資家のMike Komaransky(マイク・コマランスキー)氏は、2014年に640万ドル(約5億円)で購入した7ベッドルームの家を売りに出し、bitcoinでの決済を受け入れましたが、ビットコインを使用して購入された家はほとんどありませんでした。
仮想通貨やその他のデジタル通貨による取引が、今後どのように機能するかについて不動産業者からの案内はまだありません。未だビットコインをはじめとした仮想通貨などの購入は、仮想通貨先進国のアメリカでも一般的ではないようです。

ビットコインの課題とは

フェルナンデス氏は「不動産取引において手付金および追加預託金はエスクロー会社によって保管されます。しかし、買い手はBank of America(バンク・オブ・アメリカ)やWells Fargo(ウェルズ・ファーゴ)に入金してビットコインを預けることはできません。」と、不動産の売買において、ビットコインでの支払いを受け入れることは難しいと述べました。
価値の変動が大きいBitcoinは、不動産取引でも難しい課題とされてます。テキサス州では、ビットコインを使用して不動産購入した一個人が、価値の変動により「130万ドル(約1.4億円)」を手にしました。しかし、フェルナンデス氏は、売り手の潜在的な不動産取引がBitcoin/BTCとイーサリアム(Ethereum/ETH)の未来に賭ける方法だと考えています。
不動産オーナーである彼は、これらの個人は新興市場を探し求めている投資家であり、その彼らは暗号化技術の利用が拡大すると考えていて、バイヤー・売り手、および貸し手の間の労働協約の物流をナビゲートすることができると確信していると語りました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

仮想通貨決済で問題解決!企業が受ける恩恵と多くの利点

仮想通貨決済で問題解決!企業が受ける恩恵と多くの利点

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

注目度の高い仮想通貨ニュース

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

PUMA(プーマ)メタバース・NFT・DAOなど「WEB3.0」関連で求人募集

PUMA(プーマ)メタバース・NFT・DAOなど「WEB3.0」関連で求人募集

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す