マイアミの不動産「ビットコイン決済」に強気な姿勢

by BITTIMES   

Sol Mar Real Estate(ソル・マール不動産)のオーナーである、Eric Fernandez(エリック・フェルナンデス)氏は、「フロリダ州マイアミビーチのブルーダイヤモンドに350万ドル(約3.9億円)のペントハウス・コンドミニアムをリストアップした。」と、Miami New Times(マイアミ・ニュー・タイムズ)が報じました。

こちらから読む:不動産業・自動車産業など、多方面で増加する「ビットコイン決済」

なぜマイアミがリードするのか

フェルナンデス氏は「ビットコイン(Bitcoin/BTC)決済による不動産購入の受け入れが人気を得るのは時間の問題である」と考えており、これからより多くの物件を仮想通貨やその他のデジタル通貨で不動産が購入されはじめると予想しています。また、不動産購入時にデジタル通貨が使用されると考える不動産業者は彼だけではありません。Bitcoinは国際的なバイヤーのためにカルト的な地位を築いており、マイアミではこの傾向をリードすると信じている人もいるようです。

不動産仲介業者のStephan Burke(ステファン・バーク)氏は、マイアミがビットコイン投資家にとって理想的市場であると指摘し、8月に販売するコーラル・ゲーブルスの邸宅を、南米・カナダ・アジア・ロシアから素早くを購入する方法をMiami Herald(マイアミ・ヘラルド)に掲載しました。
ビットコイン投資家のMike Komaransky(マイク・コマランスキー)氏は、2014年に640万ドル(約5億円)で購入した7ベッドルームの家を売りに出し、bitcoinでの決済を受け入れましたが、ビットコインを使用して購入された家はほとんどありませんでした。
仮想通貨やその他のデジタル通貨による取引が、今後どのように機能するかについて不動産業者からの案内はまだありません。未だビットコインをはじめとした仮想通貨などの購入は、仮想通貨先進国のアメリカでも一般的ではないようです。

ビットコインの課題とは

フェルナンデス氏は「不動産取引において手付金および追加預託金はエスクロー会社によって保管されます。しかし、買い手はBank of America(バンク・オブ・アメリカ)やWells Fargo(ウェルズ・ファーゴ)に入金してビットコインを預けることはできません。」と、不動産の売買において、ビットコインでの支払いを受け入れることは難しいと述べました。
価値の変動が大きいBitcoinは、不動産取引でも難しい課題とされてます。テキサス州では、ビットコインを使用して不動産購入した一個人が、価値の変動により「130万ドル(約1.4億円)」を手にしました。しかし、フェルナンデス氏は、売り手の潜在的な不動産取引がBitcoin/BTCとイーサリアム(Ethereum/ETH)の未来に賭ける方法だと考えています。
不動産オーナーである彼は、これらの個人は新興市場を探し求めている投資家であり、その彼らは暗号化技術の利用が拡大すると考えていて、バイヤー・売り手、および貸し手の間の労働協約の物流をナビゲートすることができると確信していると語りました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

ビットコイン「3万ドル回復後に急落」巨額送金アラートとの関連性は?

ビットコイン「3万ドル回復後に急落」巨額送金アラートとの関連性は?

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

メルカリのビットコイン取引サービス「利用者数100万人」を突破

メルカリのビットコイン取引サービス「利用者数100万人」を突破

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

日本円・米ドルステーブルコインの「GYEN・ZUSD」Solanaネットワークで提供開始

日本円・米ドルステーブルコインの「GYEN・ZUSD」Solanaネットワークで提供開始

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す