ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

by BITTIMES

ブラジル・リオネジャネイロのスーパーマーケットチェーンである「OásisSupermercados」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする複数の仮想通貨を決済手段として受け入れはじめました。暗号通貨の需要が高まっている同国では、監視体制を強化する動きも進んでいます。

こちらから読む:オンライン旅行代理店がXRPに対応「仮想通貨決済」関連ニュース

仮想通貨「3銘柄」に対応|OásisSupermercados

OásisSupermercados

ブラジル・リオネジャネイロのスーパーマーケットチェーンである「OásisSupermercados」は現在、決済手段として、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
を受け入れています。

仮想通貨決済の導入にあたり「OásisSupermercados」は、地元の仮想通貨取引所から情報を集め、従業員に仮想通貨の基本的な知識を身につけるための指導を行ったと伝えられています。同社は仮想通貨決済ソリューションを提供している「CoinWISE」のサービスを使用して仮想通貨決済サービスを導入しています。

「OásisSupermercados」の年間売上高は650万ドル(約7億2,300万円)であると伝えられており、従業員数は90名、そのうちの20名がキャッシャーであるとされています。同社のマネージャーであるDouglas Andrade(ダグラス・アンドラデ)氏は、仮想通貨決済を採用するアイデアは兄弟から得たものであるものの、仮想通貨決済やそのシステムを導入することが非常に簡単だったことを強調しています。

仮想通貨での支払いはクレジットカードでの支払いと同じように非常に簡単です。利用者は支払いに使用する仮想通貨を選択し、レジスタッフはレアル(BRL)で商品の金額を入力すれば、システムが合計金額を仮想通貨での金額に変換してくれます。あとはQRコードをスキャンすれば完了です。

地元のメディア報道によると、仮想通貨決済が導入されたのはつい最近のことであるため、現時点では実際に仮想通貨を用いた決済は行われていないとされています。しかしながら今回のニュースはゆっくりと広がってきており、同社はこれからナノ(NANO/XRB)などの仮想通貨を受け入れることも示唆しています。

ブラジル国税局は仮想通貨の「監視体制」を強化

brasil

ブラジルでは仮想通貨の人気が急速に高まっており、今年の9月にはブラジル最大の金融グループとも言われる「Grupo XP(XPグループ)」が仮想通貨市場に参入することを明らかにしました。XPグループは当初仮想通貨を取り扱う予定はなかったものの、顧客からの要望が強かったため「仕方なくサービスを開始した」と説明しています。

ブラジルの連邦国税局(RFB)は、脱税やマネーロンダリングを防止するための試みとして仮想通貨を扱う企業を監視しようとする試みを最近発表しています。仮想通貨決済の普及とともに今後はブラジルでも規制強化の動きが強まっていくことが予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

人気YouTubeチャンネル乗っ取った「仮想通貨詐欺」に要注意=Googleレポート

人気YouTubeチャンネル乗っ取った「仮想通貨詐欺」に要注意=Googleレポート

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す