南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

by BITTIMES   

ブラジルの大手旅行バス会社2社は、チケットの購入方法としてビットコイン決済を受け入れ始めています。この2社は同国で最初に仮想通貨による支払いを受け入れた企業であるとされています。

3種類の仮想通貨に対応

GBSグループの2つの公共交通機関は、仮想通貨での支払いを受け入れることを決定しました。

『Brasil Sul』と『ViaçãoGarcia』はオンラインチケット購入者によるビットコイン(BTC)での支払いを6月6日から受け入れており、ビットコイン決済のオプションはすでにWebサイトに追加されています。

同社は「同国では、これを受け入れるのは旅客輸送の最初のグループである」と説明し、対応する通貨を今後拡大することも発表しています。

現時点ではビットコインのみの対応となっていますが、7月からは次の3種類の仮想通貨で支払うことができるようになります。

当グループは当初、今日市場で最も普及している仮想通貨であるビットコイン(BTC)を使用することを選択しました。7月には、ビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)の2種類の暗号通貨が受け入れられます。

1934年に設立されたViaçãoGarciaは、ブラジルの旅行バス業界の5大企業の1つです。
Brasil Sulのウェブサイトでは、同社には「ブラジルに最新かつ近代的な艦隊がある」と書かれています。

Brasil Sulのバス

南米のキャッシュレス化

両社のWebサイトでは、『ビットコイン決済』のオプションを選択することができるため、顧客はウォレットを開いてサイト画面に表示されるコードをスキャンするだけでチケットを購入することができます。

領収書は支払いと発送を確認するために顧客の電子メールアドレスに転送されます。

GBSグループのエステファノ・ボイコ・ジュニア(Estefano Boiko Junior)副社長は「運輸部門に遅れをとることはできない」と強調し次のように述べています。

仮想通貨は財務関係の変化を表します。これらはオンラインでの購入を容易にすることができます。経済や商業における業務の多くはデジタル世界に移行しており、それは道路による旅客輸送の分野においても異なるものではありません。

南米では近年キャッシュレス化が進んでいます。

今年の2月には、ブラジル最大の民間銀行である『イタウ・ウニバンコ(Itaú Unibanco)』とグローバル送金・プロバイダである『ビーテック(Beetech)』がリップル(Ripple/XRP)との提携を発表しています。

また仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は、先月末の時点でサンパウロの共同作業スペースにオフィスを開設しているとも報じられています。

すでに金融機関と運輸業界に仮想通貨が導入されているブラジルで大手仮想通貨取引所のサービスも開始されることによって、南米のキャッシュレス化はさらに加速することになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

ビットコインゴールドとは?「新しい通貨の誕生」

ビットコインゴールドとは?「新しい通貨の誕生」

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

イーロン・マスク『ビットコイン買いたい?』発言 ー Twitterアカウントブロックへ

イーロン・マスク『ビットコイン買いたい?』発言 ー Twitterアカウントブロックへ

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す