LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

by BITTIMES   

ラオコン(LAOCON/CN)は、サイバーセキュリティ業界の重要な課題となっている世界中の様々なWebサービス・アプリケーションに対する「サイバー攻撃」に対処するための革新的なプラットフォームを提供します。アプリ開発者と世界中の優秀なホワイトハッカーを効率的な「バグ・バウンティ(脆弱性懸賞金制度)」システムで直接繋ぐことによって、業界に新たな解決策をもたらす期待のプロジェクトを紹介します。

LAOCON:10,000円相当のトークンが貰えるAirDrop情報「LINE@」はこちら

ラオコン(LAOCON/CN)とは?

ラオコン(LAOCON/CN)は、情報システムのセキュリティテストを行う「バグ・バウンティ(脆弱性懸賞金制度)」のための新しいプラットフォーム「LAOCON PLATFORM」のサービスを開発している企業です。同社はシンガポールに拠点を構えている企業ではあるものの、CEOは日本人である植松高臣(うえまつ・たかおみ)氏が務めています。同氏はビジネスオーナー・トップセールスの経歴を持つビジネスマンとして知られています。

ブロックチェーンの利点を活かした「脆弱性懸賞金制度」

LAOCONは、システムの脆弱性を発見したホワイトハッカーに対して支払われる報酬をイーサリアム(Ethereum)ベースの仮想通貨「LC」で支払う仕組みを構築することによって、ブロックチェーン技術の利点を生かした革新的なセキュリティ対策方法を提供しています。

サイバーセキュリティ業界では「守るべき対象が増加」する一方で「攻撃手段が多様化」してきているため、年間10%以上の成長率で急速な発展を続けています。デジタル化が進む現代社会では、パソコンやスマートフォンだけでなく、自動車や家電、時計など身の回りに存在する様々な製品を"サイバー攻撃の脅威"から確実に保護することが最重要となっています。

急速に成長するサイバーセキュリティ市場(出典:LAOCONホワイトペーパー)急速に成長するサイバーセキュリティ市場(出典:LAOCONホワイトペーパー)

現代社会では、これらのサイバー攻撃に対処するための技術者が早急に求められているものの、そのために必要なスキルを備えている人材は明らかに不足しており、人材育成の重要性も増してきています。「LAOCON」はこのような問題を解決するために「効率的にセキュリティテストを行うことができるプラットフォーム」を開発することによって、新しい角度から問題解決のためのアプローチを取っています。

ホワイトハッカーの「実績や信頼性」を保証

LAOCONのプラットフォームには「システムの欠陥を指摘してほしい」と考えている企業や個人が開発した「Webサービスやアプリケーション」が懸賞金付きで公開されるため、ホワイトハッカーは掲載されているコンテンツの内容や懸賞金を見比べてクラッキングを仕掛けることができます。

クラッキングに成功した場合は「LAOCON PLATFORM」にレポートを提出することによって、アプリ開発者にそのことを伝えることができるようになっており、実際にそれらの報告が役に立ったと判断された場合には「LCトークン」で報酬を受けることができます。

プラットフォーム内での取引に「LCトークン」を使用することによって、実際に行われた取引をブロックチェーン上で安全に記録することができるようなり、ホワイトハッカーが実際に成し遂げた「実績」や「信頼性」を確認するための評価基準としても使用することができるようになります。

アプリ開発者とホワイトハッカーの「P2Pプラットフォーム」

LAOCON PLATFORMのビジネスモデルイメージ(出典:LAOCONホワイトペーパー)LAOCON PLATFORMのビジネスモデルイメージ(出典:LAOCONホワイトペーパー)

LAOCONのプラットフォームは、アプリ開発者とホワイトハッカーが直接やりとりすることができる「P2Pプラットフォーム」として機能します。アプリ開発者が自身のアプリケーションをプラットフォーム上で公開し、ホワイトハッカーは自身が挑戦するアプリケーションを選択するというシンプルな設計になっているため、時間も含めた様々なコストを削減することができます。

また、実際にバグが発見されたり、クラッキングに成功したりした際に初めて報酬が支払われる「成果報酬型」を採用していることによって、初期費用も必要なく、自分自身で懸賞金を設定することによって「コストコントロール」もできるようになっています。

サイバーセキュリティ業界の問題を解決するための手段を新しい角度から見つめなおし、より効率的かつ利用的な方法とプラットフォームを提供する「ラオコン(LAOCON/CN)」は、業界の問題を劇的に改善する可能性を秘めています。

今後の予定

LAOCONロードマップ(出典:LAOCONホワイトペーパー)LAOCONロードマップ(出典:LAOCONホワイトペーパー)

ICO開催中|2019年4月まで

ラオコン(LAOCON/CN)は現在、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)による資金調達を行なっています。ICOの開催期間は2018年10月~2019年4月までとなっており、2019年8月には「LAOCONプラットフォーム」の製品版をリリースし、事業を開始する予定となっています。

LAOCONの運営を支える収入源は?

LAOCONの運営を支える収入源としては、
・プラットフォーム利用手数料
・サイバーセキュリティーコンサルティングサービス手数料
・セキュリティ人材マッチングサービス手数料
・その他オプションサービス手数料
などが挙げられます。中でも「LAOCON PLATFORM」を利用する企業やホワイトハッカーから得られる手数料は「LAOCON」の収益を支える重要な柱となります。

さらに「LAOCON」は、実際にプラットフォームに公開されるアプリケーションの問題解決を促進するために、プラットフォーム上で行われる取引を記録して世界中の優秀なセキュリティ人材情報を蓄積して提供される「セキュリティ人材のリクルーティングサービス」のほか、世界中のイベントを通じた「優秀なセキュリティ人材のヘッドハンティング」なども実施します。

LAOCONの収益モデルLAOCONの収益モデル

これによって、問題解決のための最適なプラットフォームが確立され「LAOCON」のエコシステム全体が成長していくことが期待されます。

プラットフォームβ版「近日発表予定」

ブロックチェーン「LAOCON(ベータ版)」をベースとした「バグバウンティサービスプラットフォーム」のシステム開発はほぼ終了しており、最終調整後の2月にリリースされる予定だと発表されています。

LAOCON(ベータ版)では、一般ユーザーによるユーザビリティテストが行われ、これらのテストを通じてさらなる改善・改良が加えられた後に、製品版が2019年8月にリリースされる予定です。

「バグバウンティプラットフォームサービス」は製品版のリリースと同時に本格的に開始されるため、早期にLAOCONのサービスを利用したいと考えている方は近日公開予定の「Laocon Platform β版」を利用されてみてください。プラットフォームの操作方法は以下の動画で確認することができます。

10,000円相当の「LAOCON」が貰える|AirDrop開催予定

LAOCONは、10,000円相当の「LAOCON(LC)」が貰えるエアドロップ(AirDrop)イベントの開催も予定しています。エアドロップの詳細情報は「LAOCON」に関する最新情報やお得な情報をいち早く受け取ることができる「LINE@」で受け取ることができます。

>>LAOCONのAirDrop情報が受け取れる「LINE@」はこちら

ラオコン(LAOCON/CN)の基本情報

Laocon

【基本情報】
プロジェクト名:LAOCON(ラオコン)
トークンシンボル:LC
総発行枚数:2,500,000,000LC

【タイムライン】
シークレットセール:2018年10月から3ヶ月間
プレセール:2019年1月から1ヶ月間
一般販売:2019年2月から1ヶ月間
ICO終了:2019年3月

【ICO情報】
ICO期間:2018年10月~2019年4月
ソフトキャップ:10.000.000 USD
ハードキャップ:100.000.000 USD
ICO価格:1LC=0.0005ETH、1ETH=2,000LC
最小購入額:1ETH

公式ホームページ(日本語)
公式テレグラム
公式LINE@
公式ツイッター
ホワイトペーパー(日本語)
ホワイトペーパー(英語)


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

SFテレビドラマシリーズ「Doctor Who」のブロックチェーンゲーム開発へ

SFテレビドラマシリーズ「Doctor Who」のブロックチェーンゲーム開発へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す