流出したNEM、海外のICOや取引所で使用される

by BITTIMES

仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)から 580億円相当のネム(NEM/XEM)が流出した問題で、 流出先の口座から他のコインに交換した可能性があることが 2月 2日に分かりました。

奪ったネムの内、約 2,000XEM(約 22万円)をフィリピンの IT 企業が行った ICO に応募した形跡が見つかったほか、チェコの仮想通貨両替サービスにも、約 1,200XEM(約12万円)が送金されたようです。NEMを他の通貨に換える方法を模索しているとみられます。

NEM.io財団の関係者によると、他の盗難されたコインも米国のPoloniex(ポロニエックス)ニュージーランドのCryptoPia(クリプトピア)などの取引所に送られているとのことです。

財団は先手を打っており、関連するいくつかの取引所に対して「特定のアカウントから NEM が送金されてきた場合は、そのアカウントを凍結するように」申請しているそうなので、ハッカーもそう簡単には送金出来ない状況にはあるそうですが、このまま複数の口座にネムが分散されてしまうと、ネット上での監視や管理は非常に難しくなってくるだろうと言われています。

また、新たな情報としてフィリピンの ICO 案件以外にも、ロイヤルコインへの換金も特定されたそうです。

事件解決までには、もう少し時間がかかりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイナンス(Binence)に仮想通貨NEMが上場

バイナンス(Binence)に仮想通貨NEMが上場

仮想通貨取引所の「顧客資産保護体制」まとめ

仮想通貨取引所の「顧客資産保護体制」まとめ

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月4日〜10日

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

「Sコインプラットフォーム」とは?

「Sコインプラットフォーム」とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

リップル(XRP)とSWIFTの今後についてRipple責任者が明言

リップル(XRP)とSWIFTの今後についてRipple責任者が明言

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す