1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

by BITTIMES   

DIAMOND・online が伝えたところによると「コインチェック騒動のさなかに 1,363億円相当の資金移動、不正送金疑惑が浮上」とのことです。

DIAMOND・online からの第一報では 373億円の資金移動とのことでしたがその後修正されております。

2018年、年初早々 1月26日に仮想通貨取引所「コインチェック」にて発生した約 580億円分に相当する仮想通貨 NEM(ネム)を流出させた仮想通貨史上最大のハッキング事件から数日、被害にあったユーザへの日本円での返金を表明している同社は現在立ち入り捜査の真っ只中であります。
その裏で 1,363億円超の不可解な送金が行われているとの疑惑が DIAMOND・online 編集部の取材で浮上、利用者は困惑を隠しきれないようです。

流出させた犯人は未だに見つかっておらず、現在コインチェックではビットコイン以外の仮想通貨の取引が全面停止となっています。
立ち入りの捜査は今も続いており、並行してホワイトハッカーと呼ばれている善意のハッカーやNEM財団が協力し収束を図っていますが、流出後さらに複数の仮想通貨ウォレットへの分散が確認され今では海外までにも送金されたことで事態は悪化の一途を辿っています。

そんな中、今回ダイヤモンド・オンライン編集部の取材で分かった疑惑がさらに大きな問題になる可能性があります。

なんと NEMとは別に 373億円に相当する仮想通貨リスク(LISK)が、特定のアドレスへと移動されていたというのです。

リスク(LISK)送金の概要

コインチェックのメインウォレットと思われるアドレスから特定のアドレスへの仮想通貨リスク(LISK)の送金は NEM の流出のすぐ直後で
1月26日の12時16分から始まり

  1. 12時16分に 3LSK
  2. 12時35分に 1LSK
  3. 12時37分に 100LSK
と小刻みに特定のウォレットに送金され、途中でわずかに戻されもしながら増加していき
  1. 12時47分に 10,000LSK
  2. 12時51分に 20,000LSK
  3. 12時52分に 10,000,000LSK
  4. 12時54分に 41,800,000LSK
と徐々に規模を拡大し、少し間をおいて
「翌 27日の 14時39分に 3,149LSK」が送金されているとのことです。

27日の 14時39分と言えば記者会見が終わった時間よりもさらに更に遅い時間であるため、記者会見前後の時点でわかっていたことだと思われます。

総額としては、1月26日 12時の時点で「1LSK は 2,629.572円」であった事を元に計算されており、コインチェックのメインウォレットからこのアドレスに送られた合計額は、1月26日 12時時点で日本円に換算して 1,363億円に相当します。

仮想通貨 LISK のチャート画像(3 + 1 + 100 + 10,000 + 20,000 + 10,000,000 + 41,800,000) × 2,629.572 = 136,290,990,235 = 1,363億円相当

また仮想通貨の取引が記録されている台帳を確認してもこのアドレスは 26日以前には存在せず、またコインチェックからの送金の受け取りのみにしか使われていませんでした。送金の時間帯も事件の時間と同じ時間帯である事も考えると、一切の関係がないとは言えない状況となっています。

アドレスの持ち主は匿名ですのでもちろん分かりませんが、コインチェックの関係者がこの送金に気付いていない可能性は低く何かしらの理由があるのではないかと思われます。
DIAMON・online の記事の最後には、コインチェック側に質問状を送ってはいるが 2月1日午後 5時の時点での回答はなかったとされています。

この件に関しては当メディアも只今問い合わせており、続報が入り次第速報でお知らせさせていただきます。

詳細は DIAMOND・online 元記事からどうぞ
>>コインチェック騒動のさなかに1,363億円の資金移動、不正送金疑惑が浮上

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月1日〜7日

【速報】コインチェックが一部の仮想通貨の出金、売却を再開

【速報】コインチェックが一部の仮想通貨の出金、売却を再開

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

仮想通貨取引所で最もおすすめの1社【初心者専用】

仮想通貨取引所で最もおすすめの1社【初心者専用】

11月15日:ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」に対する各仮想通貨取引所の対応

11月15日:ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」に対する各仮想通貨取引所の対応

流出したNEMをダークウェブで取引した日本人男性が判明か

流出したNEMをダークウェブで取引した日本人男性が判明か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

タイムチケット:暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」公開

タイムチケット:暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」公開

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

ブロックチェーン活用の「スマート自動販売機」開発企業、130万ドルの資金調達

ブロックチェーン活用の「スマート自動販売機」開発企業、130万ドルの資金調達

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す