【重要】bitFlyer:証拠金取引に関するサービスの一部変更を発表|2019年4月22日から

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が提供しているFX及び先物取引の証拠金取引に関するサービス内容の一部を、2019年4月22日から変更することを発表しました。これにより最大レバレッジ倍率が4倍へと変更される他、追証の発生基準や、追加証拠金預入までの日数も変更されることになるため注意が必要です。

こちらから読む:三菱UFJの独自通貨"2019年後半"に実用化「日本」国内ニュース

ビットフライヤー「証拠金取引のサービス内容」を一部変更

bitFlyer:サービス内容の変更スケジュール(画像:bitFlyer)bitFlyer:サービス内容の変更スケジュール(画像:bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が加盟する「日本仮想通貨交換業協会」が制定した規則・ガイドラインに基づいて「bitFlyer Lightning FX」と「Lightning Futures」の証拠金取引に関するサービス内容を2019年4月22日から一部変更することを決定したと発表しました。

これらの変更は、2019年4月22日午前4:00〜午前6:00頃にかけて実施されるメンテナンス中に適用されます。なお、このメンテナンス中は「bitFlyer Lightning」を含む全てのサービスが利用できなくなります。

2019年4月22日から適用される変更は以下の3点です。

新規注文の最大レバレッジ倍率を「15倍から4倍」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」では、評価証拠金に対して最大15倍の取引を行うことができるようになっていましたが、今回の変更によって最大倍率は4倍への引き下げられることになります。

2019年4月22日のメンテナンス以降は、評価証拠金の4倍を超える新規注文は出すことができなくなるため注意が必要です。なお、最大倍率の変更による「追証・ロスカット」は発生しないとも説明されています。

しかし、2019年6月24日には「4倍を超えるレバレッジ倍率を設定しているユーザー」のレバレッジ設定を4倍に変更する予定であることも発表されており、2019年6月24日の変更適用時に4倍を超える建玉を保有しているユーザーには「追証・ロスカット」が発生するとも説明されているため注意が必要です。6月の変更に関する詳細情報は、決まり次第改めて発表するとのことです。

追証発生基準を「証拠金維持率80%から100%」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」では、証拠金維持率が80%を下回った場合に追証が発生するようになっていますが、2019年4月22日のメンテナンス以降は、証拠金維持率が「100%」を下回った場合に追証が発生するようになります。

変更が適用された時点で証拠金維持が100%を下回る利用者は追証が発生することになるため、該当する可能性のある方は事前に対応をとっておきましょう。

追加証拠金預入までの日数を「2銀行営業日」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」で追証が発生した場合には、追加の証拠金を3銀行営業日以内に預け入れる必要がありましたが、2019年4月22日のメンテナンス以降はこの日数が「2銀行営業日」へと変更されます。

通常よりも1日早く入金を行う必要があるため、特に2019年4月22日のメンテナンス時には注意が必要です。bitFlyerのサービスを利用していて「追証・ロスカット」の可能性があると考えられる方は、早めに対応をとっておくようにしましょう。

>>「bitFlyer」からの公式発表はこちら(PDF)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

コスモス(Cosmos/ATOM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

コスモス(Cosmos/ATOM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

VISAとMastercard、仮想通貨カードに関する「BINANCE」との提携終了へ

VISAとMastercard、仮想通貨カードに関する「BINANCE」との提携終了へ

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

SBIクリアリング信託:国内初「暗号資産信託」の業務開始|SBI VC トレードと提携

SBIクリアリング信託:国内初「暗号資産信託」の業務開始|SBI VC トレードと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す