【重要】bitFlyer:証拠金取引に関するサービスの一部変更を発表|2019年4月22日から

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が提供しているFX及び先物取引の証拠金取引に関するサービス内容の一部を、2019年4月22日から変更することを発表しました。これにより最大レバレッジ倍率が4倍へと変更される他、追証の発生基準や、追加証拠金預入までの日数も変更されることになるため注意が必要です。

こちらから読む:三菱UFJの独自通貨"2019年後半"に実用化「日本」国内ニュース

ビットフライヤー「証拠金取引のサービス内容」を一部変更

bitFlyer:サービス内容の変更スケジュール(画像:bitFlyer)bitFlyer:サービス内容の変更スケジュール(画像:bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が加盟する「日本仮想通貨交換業協会」が制定した規則・ガイドラインに基づいて「bitFlyer Lightning FX」と「Lightning Futures」の証拠金取引に関するサービス内容を2019年4月22日から一部変更することを決定したと発表しました。

これらの変更は、2019年4月22日午前4:00〜午前6:00頃にかけて実施されるメンテナンス中に適用されます。なお、このメンテナンス中は「bitFlyer Lightning」を含む全てのサービスが利用できなくなります。

2019年4月22日から適用される変更は以下の3点です。

新規注文の最大レバレッジ倍率を「15倍から4倍」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」では、評価証拠金に対して最大15倍の取引を行うことができるようになっていましたが、今回の変更によって最大倍率は4倍への引き下げられることになります。

2019年4月22日のメンテナンス以降は、評価証拠金の4倍を超える新規注文は出すことができなくなるため注意が必要です。なお、最大倍率の変更による「追証・ロスカット」は発生しないとも説明されています。

しかし、2019年6月24日には「4倍を超えるレバレッジ倍率を設定しているユーザー」のレバレッジ設定を4倍に変更する予定であることも発表されており、2019年6月24日の変更適用時に4倍を超える建玉を保有しているユーザーには「追証・ロスカット」が発生するとも説明されているため注意が必要です。6月の変更に関する詳細情報は、決まり次第改めて発表するとのことです。

追証発生基準を「証拠金維持率80%から100%」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」では、証拠金維持率が80%を下回った場合に追証が発生するようになっていますが、2019年4月22日のメンテナンス以降は、証拠金維持率が「100%」を下回った場合に追証が発生するようになります。

変更が適用された時点で証拠金維持が100%を下回る利用者は追証が発生することになるため、該当する可能性のある方は事前に対応をとっておきましょう。

追加証拠金預入までの日数を「2銀行営業日」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」で追証が発生した場合には、追加の証拠金を3銀行営業日以内に預け入れる必要がありましたが、2019年4月22日のメンテナンス以降はこの日数が「2銀行営業日」へと変更されます。

通常よりも1日早く入金を行う必要があるため、特に2019年4月22日のメンテナンス時には注意が必要です。bitFlyerのサービスを利用していて「追証・ロスカット」の可能性があると考えられる方は、早めに対応をとっておくようにしましょう。

>>「bitFlyer」からの公式発表はこちら(PDF)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

BINANCE(バイナンス)の登録方法・新規口座開設の手順|画像付きでわかりやすく解説

BINANCE(バイナンス)の登録方法・新規口座開設の手順|画像付きでわかりやすく解説

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

Zaif:現金10万円やカイカコインがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:現金10万円やカイカコインがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す