【重要】bitFlyer:証拠金取引に関するサービスの一部変更を発表|2019年4月22日から

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が提供しているFX及び先物取引の証拠金取引に関するサービス内容の一部を、2019年4月22日から変更することを発表しました。これにより最大レバレッジ倍率が4倍へと変更される他、追証の発生基準や、追加証拠金預入までの日数も変更されることになるため注意が必要です。

こちらから読む:三菱UFJの独自通貨"2019年後半"に実用化「日本」国内ニュース

ビットフライヤー「証拠金取引のサービス内容」を一部変更

bitFlyer:サービス内容の変更スケジュール(画像:bitFlyer)bitFlyer:サービス内容の変更スケジュール(画像:bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が加盟する「日本仮想通貨交換業協会」が制定した規則・ガイドラインに基づいて「bitFlyer Lightning FX」と「Lightning Futures」の証拠金取引に関するサービス内容を2019年4月22日から一部変更することを決定したと発表しました。

これらの変更は、2019年4月22日午前4:00〜午前6:00頃にかけて実施されるメンテナンス中に適用されます。なお、このメンテナンス中は「bitFlyer Lightning」を含む全てのサービスが利用できなくなります。

2019年4月22日から適用される変更は以下の3点です。

新規注文の最大レバレッジ倍率を「15倍から4倍」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」では、評価証拠金に対して最大15倍の取引を行うことができるようになっていましたが、今回の変更によって最大倍率は4倍への引き下げられることになります。

2019年4月22日のメンテナンス以降は、評価証拠金の4倍を超える新規注文は出すことができなくなるため注意が必要です。なお、最大倍率の変更による「追証・ロスカット」は発生しないとも説明されています。

しかし、2019年6月24日には「4倍を超えるレバレッジ倍率を設定しているユーザー」のレバレッジ設定を4倍に変更する予定であることも発表されており、2019年6月24日の変更適用時に4倍を超える建玉を保有しているユーザーには「追証・ロスカット」が発生するとも説明されているため注意が必要です。6月の変更に関する詳細情報は、決まり次第改めて発表するとのことです。

追証発生基準を「証拠金維持率80%から100%」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」では、証拠金維持率が80%を下回った場合に追証が発生するようになっていますが、2019年4月22日のメンテナンス以降は、証拠金維持率が「100%」を下回った場合に追証が発生するようになります。

変更が適用された時点で証拠金維持が100%を下回る利用者は追証が発生することになるため、該当する可能性のある方は事前に対応をとっておきましょう。

追加証拠金預入までの日数を「2銀行営業日」に変更

「Lightning FX」と「Lightning Futures」で追証が発生した場合には、追加の証拠金を3銀行営業日以内に預け入れる必要がありましたが、2019年4月22日のメンテナンス以降はこの日数が「2銀行営業日」へと変更されます。

通常よりも1日早く入金を行う必要があるため、特に2019年4月22日のメンテナンス時には注意が必要です。bitFlyerのサービスを利用していて「追証・ロスカット」の可能性があると考えられる方は、早めに対応をとっておくようにしましょう。

>>「bitFlyer」からの公式発表はこちら(PDF)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨の購入「クレジット・デビットカード」でも可能に|BINANCEとSimplexが提携

仮想通貨の購入「クレジット・デビットカード」でも可能に|BINANCEとSimplexが提携

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

DMMグループの東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」へと商号変更

DMMグループの東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」へと商号変更

仮想通貨関連の法律改正案「正式に成立」2020年から適用される変更内容とは?

仮想通貨関連の法律改正案「正式に成立」2020年から適用される変更内容とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

2019年末、ビットコイン価格「270万円」予想|米中貿易戦争など要因で関心急増か

2019年末、ビットコイン価格「270万円」予想|米中貿易戦争など要因で関心急増か

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic」を公開:ジョン・マカフィー

仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic」を公開:ジョン・マカフィー

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す