リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

by BITTIMES

中国で「ビットコイン(Bitcoin/BTC)を含む仮想通貨マイニングの禁止」が検討されていることが先日明らかになりました。実際に禁止された場合には仮想通貨業界に大きな影響がもたらされると考えられますが、一部ではそれに伴いリップル(Ripple/XRP)のような暗号資産が「時価総額トップ」になる可能性があるとも言われています。

こちらから読む:ビットコインを支える重要な仕組み「マイニング」関連ニュース

中国で「仮想通貨マイニング」が禁止に?

中国国家発展改革委員会(NDRC)がビットコインマイニングの禁止を検討しているということが最近の報道で明らかになり、仮想通貨業界で話題となっています。報道によると、NDRCが公表した「当局が推進・制限・禁止することを望んでいる産業リストの改訂版(草案)」に記載されている450以上のリストの中に「ビットコインを含む仮想通貨のマイニング」が含まれていたと説明されています。

中国は電気代が安いことなどから、非常に多くのマイナーがマイニングの拠点としていることでも知られており、ビットコインのハッシュパワー(計算能力)の70%以上が中国に集中しているとも言われています。そのため、中国でマイニングが禁止された場合にはビットコインに大きな影響が及ぶと予想されます。

仮想通貨全体の時価総額のおよそ半分を占めているビットコインは仮想通貨業界を担う重要な役割を担っているため、仮想通貨コミュニティの間では中国でマイニングが禁止された場合には、ビットコインだけでなく仮想通貨市場全体にも大きな影響が及ぶと予想されています。しかしその一方では、「中国のマイニング禁止」でリップル(XRP)のような仮想通貨の価値が高まることになるのではないか?という意見もみられています。

最も環境に優しい通貨「リップル(XRP)」

ビットコインはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というマイニングの方法を採用していますが、この方法は「電力消費量が多い」という点で問題視されており、今回発表された「中国でのマイニング禁止」もこのようなことによる環境汚染などの問題が理由としてあげられています。

しかしリップル(XRP)は「PoW」によるマイニングの仕組み採用していないため、エネルギー消費率の観点から「最も環境に優しい通貨」であると言われています。スタンフォード及びストックホルム大学の研究者たちは主要な3つの仮想通貨とVISAの年間電力消費率を調査し、
・ビットコイン:26.05TWh
・イーサリアム:9.68TWh
・VISA:0.54TWh
・リップル:0.0005361TWh
と報告しています。

中国における「マイニングの禁止」の具体的な禁止予定日や計画などは明らかにされておらず、一般の人々は2019年5月7日までこの草案に対してコメントすることが求められています。実際に中国でマイニングが禁止されることになるかどうかは現時点では不明であるものの、もし本当に禁止された場合にはリップル(XRP)への注目がさらに高まることになると予想されます。

2019年4月10日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は今月の3日、5日、8日に41円まで上昇していますが、今のところは横ばいの状態が続いており、2019年4月10日時点では「1XRP=39.14円」で取引されています。

2019年3月27日〜2019年4月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月27日〜2019年4月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

Segwit導入でビットコイン価格上昇までのシナリオ

Segwit導入でビットコイン価格上昇までのシナリオ

香港の仮想通貨取引所「CoinCola」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「CoinCola」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

注目度の高い仮想通貨ニュース

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す