リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

by BITTIMES

中国で「ビットコイン(Bitcoin/BTC)を含む仮想通貨マイニングの禁止」が検討されていることが先日明らかになりました。実際に禁止された場合には仮想通貨業界に大きな影響がもたらされると考えられますが、一部ではそれに伴いリップル(Ripple/XRP)のような暗号資産が「時価総額トップ」になる可能性があるとも言われています。

こちらから読む:ビットコインを支える重要な仕組み「マイニング」関連ニュース

中国で「仮想通貨マイニング」が禁止に?

中国国家発展改革委員会(NDRC)がビットコインマイニングの禁止を検討しているということが最近の報道で明らかになり、仮想通貨業界で話題となっています。報道によると、NDRCが公表した「当局が推進・制限・禁止することを望んでいる産業リストの改訂版(草案)」に記載されている450以上のリストの中に「ビットコインを含む仮想通貨のマイニング」が含まれていたと説明されています。

中国は電気代が安いことなどから、非常に多くのマイナーがマイニングの拠点としていることでも知られており、ビットコインのハッシュパワー(計算能力)の70%以上が中国に集中しているとも言われています。そのため、中国でマイニングが禁止された場合にはビットコインに大きな影響が及ぶと予想されます。

仮想通貨全体の時価総額のおよそ半分を占めているビットコインは仮想通貨業界を担う重要な役割を担っているため、仮想通貨コミュニティの間では中国でマイニングが禁止された場合には、ビットコインだけでなく仮想通貨市場全体にも大きな影響が及ぶと予想されています。しかしその一方では、「中国のマイニング禁止」でリップル(XRP)のような仮想通貨の価値が高まることになるのではないか?という意見もみられています。

最も環境に優しい通貨「リップル(XRP)」

ビットコインはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というマイニングの方法を採用していますが、この方法は「電力消費量が多い」という点で問題視されており、今回発表された「中国でのマイニング禁止」もこのようなことによる環境汚染などの問題が理由としてあげられています。

しかしリップル(XRP)は「PoW」によるマイニングの仕組み採用していないため、エネルギー消費率の観点から「最も環境に優しい通貨」であると言われています。スタンフォード及びストックホルム大学の研究者たちは主要な3つの仮想通貨とVISAの年間電力消費率を調査し、
・ビットコイン:26.05TWh
・イーサリアム:9.68TWh
・VISA:0.54TWh
・リップル:0.0005361TWh
と報告しています。

中国における「マイニングの禁止」の具体的な禁止予定日や計画などは明らかにされておらず、一般の人々は2019年5月7日までこの草案に対してコメントすることが求められています。実際に中国でマイニングが禁止されることになるかどうかは現時点では不明であるものの、もし本当に禁止された場合にはリップル(XRP)への注目がさらに高まることになると予想されます。

2019年4月10日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は今月の3日、5日、8日に41円まで上昇していますが、今のところは横ばいの状態が続いており、2019年4月10日時点では「1XRP=39.14円」で取引されています。

2019年3月27日〜2019年4月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月27日〜2019年4月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

ビットコイン(BTC)の価値は「信頼」によって保たれる|Edward Snowden

ビットコイン(BTC)の価値は「信頼」によって保たれる|Edward Snowden

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す