リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

by BITTIMES

中国で「ビットコイン(Bitcoin/BTC)を含む仮想通貨マイニングの禁止」が検討されていることが先日明らかになりました。実際に禁止された場合には仮想通貨業界に大きな影響がもたらされると考えられますが、一部ではそれに伴いリップル(Ripple/XRP)のような暗号資産が「時価総額トップ」になる可能性があるとも言われています。

こちらから読む:ビットコインを支える重要な仕組み「マイニング」関連ニュース

中国で「仮想通貨マイニング」が禁止に?

中国国家発展改革委員会(NDRC)がビットコインマイニングの禁止を検討しているということが最近の報道で明らかになり、仮想通貨業界で話題となっています。報道によると、NDRCが公表した「当局が推進・制限・禁止することを望んでいる産業リストの改訂版(草案)」に記載されている450以上のリストの中に「ビットコインを含む仮想通貨のマイニング」が含まれていたと説明されています。

中国は電気代が安いことなどから、非常に多くのマイナーがマイニングの拠点としていることでも知られており、ビットコインのハッシュパワー(計算能力)の70%以上が中国に集中しているとも言われています。そのため、中国でマイニングが禁止された場合にはビットコインに大きな影響が及ぶと予想されます。

仮想通貨全体の時価総額のおよそ半分を占めているビットコインは仮想通貨業界を担う重要な役割を担っているため、仮想通貨コミュニティの間では中国でマイニングが禁止された場合には、ビットコインだけでなく仮想通貨市場全体にも大きな影響が及ぶと予想されています。しかしその一方では、「中国のマイニング禁止」でリップル(XRP)のような仮想通貨の価値が高まることになるのではないか?という意見もみられています。

最も環境に優しい通貨「リップル(XRP)」

ビットコインはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というマイニングの方法を採用していますが、この方法は「電力消費量が多い」という点で問題視されており、今回発表された「中国でのマイニング禁止」もこのようなことによる環境汚染などの問題が理由としてあげられています。

しかしリップル(XRP)は「PoW」によるマイニングの仕組み採用していないため、エネルギー消費率の観点から「最も環境に優しい通貨」であると言われています。スタンフォード及びストックホルム大学の研究者たちは主要な3つの仮想通貨とVISAの年間電力消費率を調査し、
・ビットコイン:26.05TWh
・イーサリアム:9.68TWh
・VISA:0.54TWh
・リップル:0.0005361TWh
と報告しています。

中国における「マイニングの禁止」の具体的な禁止予定日や計画などは明らかにされておらず、一般の人々は2019年5月7日までこの草案に対してコメントすることが求められています。実際に中国でマイニングが禁止されることになるかどうかは現時点では不明であるものの、もし本当に禁止された場合にはリップル(XRP)への注目がさらに高まることになると予想されます。

2019年4月10日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は今月の3日、5日、8日に41円まで上昇していますが、今のところは横ばいの状態が続いており、2019年4月10日時点では「1XRP=39.14円」で取引されています。

2019年3月27日〜2019年4月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月27日〜2019年4月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

ペット用品大手が「ビットコイン還元サービス」を導入|Lolli×Petco

ペット用品大手が「ビットコイン還元サービス」を導入|Lolli×Petco

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

注目度の高い仮想通貨ニュース

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

インフレ局面で投資するなら「債券よりもビットコイン」資産家レイ・ダリオ氏

インフレ局面で投資するなら「債券よりもビットコイン」資産家レイ・ダリオ氏

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

南アフリカ準備銀行「リテール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の調査開始

南アフリカ準備銀行「リテール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の調査開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す