RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が提供している仮想通貨XRPを用いた送金サービス「xRapid」が、米国のオンラインビジネス誌「Fast Company」の"2019年世界を変革するアイデア賞"を受賞したことが明らかになりました。国際送金の送金手数料や送金時間を大幅に短縮することができる技術として高い評価を受けている「xRapid」は続々と採用されはじめています。

こちらから読む:リップルの技術で仮想通貨の即時交換を実現「Ripple/XRP」関連ニュース

「2019年世界を変革するアイデア賞」を受賞

Ripple社が提供しているxRapid(エックスラピッド)は、テクノロジー・ビジネス・デザインなどに焦点を当てた米国のオンラインビジネス誌「Fast Company」の「2019 World Changing Ideas Award(2019年世界を変えるアイデア賞)」で表彰されました。

RippleのxRapidは、発展途上国における信頼性の向上と送金費用の削減を支援したことで「FastCompany」の「2019 World Changing Ideas Awards」を受賞しました!

今回が3年目の開催とされる「2019 World Changing Ideas Award」は、社会と地球の利益のために革新を続けている「製品/概念/会社/方針/デザイン」を表彰するものであり、今年は合計17のカテゴリーで2,000以上の応募の中から受賞者が選ばれています。

「xRapid」はRipple社がTwitter上で発表しているように「発展途上国における国際送金でのコスト削減や、信頼性の向上」の面で高評価を獲得しており、新興国において最も貢献した技術を評価する「Developing World Technology」部門で、15の優れた技術の中の1つとして賞を受賞しています。

国際送金のコスト削減に役立つ「xRapid」

xRapidは、流動性コストを削減し、迅速に送金を行うためのソリューションであり、仮想通貨XRPをブリッジ通貨として使用していることでも知られています。2018年にリリースされたこのソリューションはすでに複数の企業や銀行によって活用されており、実際に「送金手数料」や「送金時間」を大幅に削減できていることが報告されています。

現在「xRapid」は12の送金サービスや金融機関で使用されていると伝えられており、この技術を採用する企業や金融機関は増え続けています。最近の報告では、英国に拠点を置く送金サービスプロバイダーである「Mercury FX」が、xRapidを使用することによって数千ドル(数十万円)もの費用を節約できると説明しています。

Ripple社の送金技術は以前から様々な機関から高い評価を獲得しており、現在も注目を集め続けていますが、最近では仮想通貨XRPを用いた新しいサービスなどの開発も進んでいるため、さらに多くの方面から期待が高まっています。今回賞を受賞した「xRapid」と共にRipple社や仮想通貨XRPは今後も「世界を変える新しい技術」として注目され続けていくと予想されます。

2019年4月9日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、今月5日に37円近くまで下落したのちに再び41円まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2019年4月9日時点では「1XRP=39.14円」で取引されています。

2019年3月26日〜2019年4月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月26日〜2019年4月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

伝説の投資家バフェット氏「仮想通貨は保有していない」と強調|批判的意見変わらず

伝説の投資家バフェット氏「仮想通貨は保有していない」と強調|批判的意見変わらず

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

食品配達サービス大手「Just Eat」複数地域でビットコイン決済に対応

食品配達サービス大手「Just Eat」複数地域でビットコイン決済に対応

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジット機能を追加

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジット機能を追加

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す