RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が提供している仮想通貨XRPを用いた送金サービス「xRapid」が、米国のオンラインビジネス誌「Fast Company」の"2019年世界を変革するアイデア賞"を受賞したことが明らかになりました。国際送金の送金手数料や送金時間を大幅に短縮することができる技術として高い評価を受けている「xRapid」は続々と採用されはじめています。

こちらから読む:リップルの技術で仮想通貨の即時交換を実現「Ripple/XRP」関連ニュース

「2019年世界を変革するアイデア賞」を受賞

Ripple社が提供しているxRapid(エックスラピッド)は、テクノロジー・ビジネス・デザインなどに焦点を当てた米国のオンラインビジネス誌「Fast Company」の「2019 World Changing Ideas Award(2019年世界を変えるアイデア賞)」で表彰されました。

RippleのxRapidは、発展途上国における信頼性の向上と送金費用の削減を支援したことで「FastCompany」の「2019 World Changing Ideas Awards」を受賞しました!

今回が3年目の開催とされる「2019 World Changing Ideas Award」は、社会と地球の利益のために革新を続けている「製品/概念/会社/方針/デザイン」を表彰するものであり、今年は合計17のカテゴリーで2,000以上の応募の中から受賞者が選ばれています。

「xRapid」はRipple社がTwitter上で発表しているように「発展途上国における国際送金でのコスト削減や、信頼性の向上」の面で高評価を獲得しており、新興国において最も貢献した技術を評価する「Developing World Technology」部門で、15の優れた技術の中の1つとして賞を受賞しています。

国際送金のコスト削減に役立つ「xRapid」

xRapidは、流動性コストを削減し、迅速に送金を行うためのソリューションであり、仮想通貨XRPをブリッジ通貨として使用していることでも知られています。2018年にリリースされたこのソリューションはすでに複数の企業や銀行によって活用されており、実際に「送金手数料」や「送金時間」を大幅に削減できていることが報告されています。

現在「xRapid」は12の送金サービスや金融機関で使用されていると伝えられており、この技術を採用する企業や金融機関は増え続けています。最近の報告では、英国に拠点を置く送金サービスプロバイダーである「Mercury FX」が、xRapidを使用することによって数千ドル(数十万円)もの費用を節約できると説明しています。

Ripple社の送金技術は以前から様々な機関から高い評価を獲得しており、現在も注目を集め続けていますが、最近では仮想通貨XRPを用いた新しいサービスなどの開発も進んでいるため、さらに多くの方面から期待が高まっています。今回賞を受賞した「xRapid」と共にRipple社や仮想通貨XRPは今後も「世界を変える新しい技術」として注目され続けていくと予想されます。

2019年4月9日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、今月5日に37円近くまで下落したのちに再び41円まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2019年4月9日時点では「1XRP=39.14円」で取引されています。

2019年3月26日〜2019年4月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月26日〜2019年4月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

BINANCE:バイナンスコイン(BNB)の「先物取引」提供へ

BINANCE:バイナンスコイン(BNB)の「先物取引」提供へ

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

盗まれたイーサリアムが「複数ウォレット」に移動|分散型取引所で資金洗浄の可能性も

盗まれたイーサリアムが「複数ウォレット」に移動|分散型取引所で資金洗浄の可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:ヴェチェーン(VeChain/VET)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ヴェチェーン(VeChain/VET)の「先物取引」提供へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

Twitter:ビットコイン(#BTC)ハッシュタグ投稿で「ロゴマーク」を自動表示

Twitter:ビットコイン(#BTC)ハッシュタグ投稿で「ロゴマーク」を自動表示

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す