RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社が提供している仮想通貨XRPを用いた送金サービス「xRapid」が、米国のオンラインビジネス誌「Fast Company」の"2019年世界を変革するアイデア賞"を受賞したことが明らかになりました。国際送金の送金手数料や送金時間を大幅に短縮することができる技術として高い評価を受けている「xRapid」は続々と採用されはじめています。

こちらから読む:リップルの技術で仮想通貨の即時交換を実現「Ripple/XRP」関連ニュース

「2019年世界を変革するアイデア賞」を受賞

Ripple社が提供しているxRapid(エックスラピッド)は、テクノロジー・ビジネス・デザインなどに焦点を当てた米国のオンラインビジネス誌「Fast Company」の「2019 World Changing Ideas Award(2019年世界を変えるアイデア賞)」で表彰されました。

RippleのxRapidは、発展途上国における信頼性の向上と送金費用の削減を支援したことで「FastCompany」の「2019 World Changing Ideas Awards」を受賞しました!

今回が3年目の開催とされる「2019 World Changing Ideas Award」は、社会と地球の利益のために革新を続けている「製品/概念/会社/方針/デザイン」を表彰するものであり、今年は合計17のカテゴリーで2,000以上の応募の中から受賞者が選ばれています。

「xRapid」はRipple社がTwitter上で発表しているように「発展途上国における国際送金でのコスト削減や、信頼性の向上」の面で高評価を獲得しており、新興国において最も貢献した技術を評価する「Developing World Technology」部門で、15の優れた技術の中の1つとして賞を受賞しています。

国際送金のコスト削減に役立つ「xRapid」

xRapidは、流動性コストを削減し、迅速に送金を行うためのソリューションであり、仮想通貨XRPをブリッジ通貨として使用していることでも知られています。2018年にリリースされたこのソリューションはすでに複数の企業や銀行によって活用されており、実際に「送金手数料」や「送金時間」を大幅に削減できていることが報告されています。

現在「xRapid」は12の送金サービスや金融機関で使用されていると伝えられており、この技術を採用する企業や金融機関は増え続けています。最近の報告では、英国に拠点を置く送金サービスプロバイダーである「Mercury FX」が、xRapidを使用することによって数千ドル(数十万円)もの費用を節約できると説明しています。

Ripple社の送金技術は以前から様々な機関から高い評価を獲得しており、現在も注目を集め続けていますが、最近では仮想通貨XRPを用いた新しいサービスなどの開発も進んでいるため、さらに多くの方面から期待が高まっています。今回賞を受賞した「xRapid」と共にRipple社や仮想通貨XRPは今後も「世界を変える新しい技術」として注目され続けていくと予想されます。

2019年4月9日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、今月5日に37円近くまで下落したのちに再び41円まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2019年4月9日時点では「1XRP=39.14円」で取引されています。

2019年3月26日〜2019年4月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月26日〜2019年4月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

XRPなどの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

UAEの航空会社が仮想通貨決済専門サービス「Crypto Emporium」と提携

UAEの航空会社が仮想通貨決済専門サービス「Crypto Emporium」と提携

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す