Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

by BITTIMES   

カルダノプロジェクトの開発を担っている「Input Output Hong Kong(IOHK)」は、Cardano(ADA)のアップデート「Shelly(シェリー)」の詳細を記した公式の仕様書を公開しました。Cardanoプロジェクトは「完全なる地方分権化」を実現するために着々とプロジェクトを進めています。

こちらから読む:取引所への上場や決済導入店舗など「Cardano/ADA」関連ニュース

カルダノの「完全な地方分権化」実現へ

Input Output Hong Kong(IOHK)の公式ブログでは、Shelly(シェリー)の開発段階における目標について「カルダノに完全な地方分権化をもたらし、連邦制の時代を超えて元帳の管理をステークプールを介してコミュニティに引き渡すこと」だと説明されています。

今回の発表では、Shelleyのアップデートに関する完成した仕様として、以下のような項目に分けて「PDFファイル」が掲載されています。

Cardano-Shelleyでの委任およびインセンティブの設計仕様書

「Cardano-Shelleyでの委任およびインセンティブの設計仕様書」では、Shelleyのリリースで使用される「デリゲーション(委任)」や「インセンティブ(報酬)メカニズムの要件」および「設計」に関する説明が記載されています。

デリゲーション(委任)とは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているプロジェクトで用いられている、投票システムのようなものです。

カルダノ元帳の公式仕様書

「カルダノ元帳の公式仕様書」では、デリゲーションやインセンティブを含む「Shelley Ledger(シェリー元帳)のルール」が指定されています。

元帳の不定積分計算の仕様書

「元帳の不定積分計算の仕様書」では、基本的な数学関数を使用する「Shelley Ledger」の不定積分を正確に計算する方法が定義されています。

主な目的は「計算結果のわずかな違いによるブロックチェーンの分岐(フォーク)を防ぐために、アーキテクチャやプログラミング言語に関係なく、同じ結果が得られる明確な仕様を提供すること」だと説明されています。

「Byron」から「Shelley」へと円滑に移行するために

IOHKは今回のドキュメント公開に合わせて「Shelley」の前の開発段階である「Byron(バイロン)」の仕様に関するファイルも公開しています。これは「Byron」から「Shelley」への円滑な移行を実現するためだと説明されています。

ByronリリースのためのCardano Ledgerの公式仕様書

「ByronリリースのためのCardano Ledgerの公式仕様書」では、Cardano LedgerのByronリリースで実装されているように、取引で元帳を拡張するための規則が定義されています。

ブロックチェーンレイヤー(Byron)の仕様書

「ブロックチェーンレイヤー(Byron)の仕様書」では、ByronリリースおよびShelleyリリースへの移行における「Cardanoブロックチェーンレイヤーの仕様」として、ブロックチェーンに対する操作の推論規則が定義されています。

IOHKチームは、CARDANOの開発は「Cardanoプラットフォーム」で継続されることになるため、これらは「Shelleyアップデート」に関する最後の変更にはならないと説明しています。記事の最後では「これらの仕様を実装するプロセスは順調に進んでおり、仕様は数学・研究・開発コミュニティからのフィードバックを受けて改善され続けるでしょう」と記されています。

IOHKが公開した「ブログ記事」や「PDFファイル」は以下のリンク先で確認することができます。
>>「IOHK」が公開したブログ記事はこちら

2019年4月18日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は今月4日に11円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、2019年4月18日時点では「1ADA=9.26円」で取引されています。

2019年3月19日〜2019年4月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月19日〜2019年4月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi:抽選100名に「500円相当のリップル(XRP)」プレゼント!キャンペーン開催中

Huobi:抽選100名に「500円相当のリップル(XRP)」プレゼント!キャンペーン開催中

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

世界4大会計事務所が「最も重要な暗号資産」を選出|企業は技術革新にどう対応していくべきか?

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

ブロックチェーンで「金の価値」さらに高まる|デジタル市場、最良の資産は貴金属

ブロックチェーンで「金の価値」さらに高まる|デジタル市場、最良の資産は貴金属

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す