Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

by BITTIMES   

カルダノプロジェクトの開発を担っている「Input Output Hong Kong(IOHK)」は、Cardano(ADA)のアップデート「Shelly(シェリー)」の詳細を記した公式の仕様書を公開しました。Cardanoプロジェクトは「完全なる地方分権化」を実現するために着々とプロジェクトを進めています。

こちらから読む:取引所への上場や決済導入店舗など「Cardano/ADA」関連ニュース

カルダノの「完全な地方分権化」実現へ

Input Output Hong Kong(IOHK)の公式ブログでは、Shelly(シェリー)の開発段階における目標について「カルダノに完全な地方分権化をもたらし、連邦制の時代を超えて元帳の管理をステークプールを介してコミュニティに引き渡すこと」だと説明されています。

今回の発表では、Shelleyのアップデートに関する完成した仕様として、以下のような項目に分けて「PDFファイル」が掲載されています。

Cardano-Shelleyでの委任およびインセンティブの設計仕様書

「Cardano-Shelleyでの委任およびインセンティブの設計仕様書」では、Shelleyのリリースで使用される「デリゲーション(委任)」や「インセンティブ(報酬)メカニズムの要件」および「設計」に関する説明が記載されています。

デリゲーション(委任)とは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているプロジェクトで用いられている、投票システムのようなものです。

カルダノ元帳の公式仕様書

「カルダノ元帳の公式仕様書」では、デリゲーションやインセンティブを含む「Shelley Ledger(シェリー元帳)のルール」が指定されています。

元帳の不定積分計算の仕様書

「元帳の不定積分計算の仕様書」では、基本的な数学関数を使用する「Shelley Ledger」の不定積分を正確に計算する方法が定義されています。

主な目的は「計算結果のわずかな違いによるブロックチェーンの分岐(フォーク)を防ぐために、アーキテクチャやプログラミング言語に関係なく、同じ結果が得られる明確な仕様を提供すること」だと説明されています。

「Byron」から「Shelley」へと円滑に移行するために

IOHKは今回のドキュメント公開に合わせて「Shelley」の前の開発段階である「Byron(バイロン)」の仕様に関するファイルも公開しています。これは「Byron」から「Shelley」への円滑な移行を実現するためだと説明されています。

ByronリリースのためのCardano Ledgerの公式仕様書

「ByronリリースのためのCardano Ledgerの公式仕様書」では、Cardano LedgerのByronリリースで実装されているように、取引で元帳を拡張するための規則が定義されています。

ブロックチェーンレイヤー(Byron)の仕様書

「ブロックチェーンレイヤー(Byron)の仕様書」では、ByronリリースおよびShelleyリリースへの移行における「Cardanoブロックチェーンレイヤーの仕様」として、ブロックチェーンに対する操作の推論規則が定義されています。

IOHKチームは、CARDANOの開発は「Cardanoプラットフォーム」で継続されることになるため、これらは「Shelleyアップデート」に関する最後の変更にはならないと説明しています。記事の最後では「これらの仕様を実装するプロセスは順調に進んでおり、仕様は数学・研究・開発コミュニティからのフィードバックを受けて改善され続けるでしょう」と記されています。

IOHKが公開した「ブログ記事」や「PDFファイル」は以下のリンク先で確認することができます。
>>「IOHK」が公開したブログ記事はこちら

2019年4月18日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は今月4日に11円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、2019年4月18日時点では「1ADA=9.26円」で取引されています。

2019年3月19日〜2019年4月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月19日〜2019年4月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

Bloktopia「REBLOK NFT販売」の詳細・購入方法を発表|本日20時からアクセス可能

Bloktopia「REBLOK NFT販売」の詳細・購入方法を発表|本日20時からアクセス可能

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

SQUARE ENIX:ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に参加|新ゲーム開発も模索

SQUARE ENIX:ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に参加|新ゲーム開発も模索

Bybit:取引ボットで「30種類の現物取引ペア」をサポート|LUNC・CHZ・ENJなど

Bybit:取引ボットで「30種類の現物取引ペア」をサポート|LUNC・CHZ・ENJなど

BINANCE:LUNC取引手数料バーン「第1回目の焼却枚数」を発表

BINANCE:LUNC取引手数料バーン「第1回目の焼却枚数」を発表

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Bitget「200XRPの新規ユーザー限定特典」を開始

Bitget「200XRPの新規ユーザー限定特典」を開始

高級盆栽のオーナーになれる支援型NFTプロジェクト「THE BONSAI」開始

高級盆栽のオーナーになれる支援型NFTプロジェクト「THE BONSAI」開始

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す