CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者であり、ブロックチェーン研究機関「IOHK」のCEOでもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、FORTUNEとのインタビューの中で「IOHKが取り組んでいること」や「Cardanoプロジェクトの今後の計画」などについて語り、『カルダノは金融システムを持っていない国のためのもの』だと説明しました。

こちらから読む:アカウント不要の取引所に上場「Cardano/ADA」関連ニュース

「調査・研究」と「エンジニアリング」に取り組むIOHK

カルダノエイダコイン(ADA)の開発を担当している「IOHK」は、基本的に「調査会社」と「エンジニアリング会社」の2つに分けられるとホスキンソン氏は説明しています。

IOHKの調査・研究分野は、大学との連携を通じて査読付きの研究論文を執筆しており、そのために卒業生や博士号を取得したフリーの人々、および教授などがいるとされています。これらの人々はこれまでに40以上の論文を書いているとのことで、ホスキンソン氏はこれらの研究論文が「ゼロ知識証明/マルチパーティ計算」といったプライバシー関連のものから、法律や政策、合意プロトコルなどまでのあらゆる分野を網羅していると説明しています

エンジニアリングの面ではこれまでに発表されている様々な技術の開発が進められています。エチオピアでは、農業ブロックチェーン技術などを活用する「アグリテック(Agritech)」の分野でカルダノの技術が活用されており、コーヒーのサプライチェーン管理などにカルダノのブロックチェーン技術が活用されている他、詐欺を減らすために土地登録などに活用する方法なども模索していることが昨年の時点で報告されています。

またアフリカではこれらの取り組みに合わせて、カルダノ開発者を育成するための取り組みなども進められています。

銀行口座を持たない「30億人」のための金融システム

ホスキンソン氏はIOHKの研究は非常に幅広い、グローバルな分野で活用されていることを説明しています。同氏はこれまでにもアフリカ大陸でカルダノの技術を発展させていくための取り組みを続けており、エチオピア、ウガンダ、南アフリカなどで長期的な活動に取り組んでいます。

これらのプロジェクトは3〜7年の期間をかけて進められるとのことで、最初はすべての管轄権に入って6ヶ月〜2年ほどかかるテストを進めるための開発者を集めるところから始まり、テストの段階からは公共のパートナーシップを通じて、商業化のプロセスに入ることになるとのことです。

ホスキンソン氏は、銀行口座を有していない30億人の人々に「世界的な金融システムに参加するためのきっかけ」を提供したいと考えており、カルダノのエコシステムは「スケーラビリティ/持続可能性/相互運用性」といった難しい問題の研究に取り組んでいると説明しています。

このような研究は他の大企業でも進められていますが、カルダノプロジェクトは「これらの研究をアフリカの人々のために役立てようとしている」という点で特徴的です。具体的には「送金」や「マイクロファイナンス(*1)」の問題を解決したいとホスキンソン氏は説明しています。
(*1)マイクロファイナンス:貧困者向けの「小口金融」の総称

インターネット環境が構築されていない場合などには「暗号通貨関連のソリューションにアクセスできない」という問題がありますが、ホスキンソン氏はこれらの問題にも取り組み、このような条件下でも正常に機能するレベルにまで暗号プロトコルを拡張する方法を見つけることを目指しています。

カルダノプロジェクトは現在も順調に開発が進められており、本格的に稼働すれば分散型アプリケーション(DApps)の王者になるともいわれています。最近ではカルダノのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に関する詳細が説明されたページなども公開されているため、プロジェクトの今後の進展にはさらに期待が高まります。

2019年4月10日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は過去30日間に渡って回復を続けており、2019年4月10日時点では「1ADA=9.68円」で取引されています。最近の最高値は今月4日に記録した約11円となっています。

2019年3月11日〜2019年4月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月11日〜2019年4月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

ブロックチェーンで「証明書発行業務」デジタル化へ:オリックス銀行×LasTrust

ブロックチェーンで「証明書発行業務」デジタル化へ:オリックス銀行×LasTrust

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す