Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

by BITTIMES

大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の米国版サービス「Huobi.com」を運営している「HBUS」は、2019年4月25日からカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始しました。同取引所ではビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)など3銘柄とADAを交換することができます。

こちらから読む:EMURGOが新たなツールを近日公開「Cardano/ADA」関連ニュース

BTC・ETH・USDTと交換可能

Huobi.comは、大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の「米国独占的戦略的パートナー」である「HBUS」を経由して昨年立ち上げられた仮想通貨取引所です。

立ち上げ当時「Huobi.com」のドメイン名は「www.hbus.com」であったものの、現在は「www.huobi.com」へと変更されています。サイト内のロゴマークも「Huobi」のものとなっていますが、サービス自体は依然としてHuobiではなく「HBUS」によって提供されているとのことです。

同取引所でカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)と交換可能な通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)
の3銘柄となっています。

グローバルにサービスを展開し、世界中で多くの人々に利用されているHuobiの米国向け取引所で取り扱いが開始されたことによって、ADAはより多くの人々に利用されていくことになるでしょう。

2019年4月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、今月4日に約11円ほどにまで回復しましたが、その後は徐々に下落しており、2019年4月26日時点では「1ADA=7.62円」で取引されています。

2019年2月25日〜2019年4月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月25日〜2019年4月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットトレード:イーサリアム(ETH)の貸暗号資産「特別募集」開始

ビットトレード:イーサリアム(ETH)の貸暗号資産「特別募集」開始

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic」を公開:ジョン・マカフィー

仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic」を公開:ジョン・マカフィー

AI投資自動売買のQUOREA「Amazon Pay」で利用料の支払いが可能に

AI投資自動売買のQUOREA「Amazon Pay」で利用料の支払いが可能に

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

PUMA(プーマ)メタバース・NFT・DAOなど「WEB3.0」関連で求人募集

PUMA(プーマ)メタバース・NFT・DAOなど「WEB3.0」関連で求人募集

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説