仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「STREAMEX(ストリームEX)」のサービス開始が2019年6月に迫っています。暗号資産業界に初めて参加する「初心者トレーダー」と、すでに豊富な知識と経験を有している「プロトレーダー」が、互いに恩恵を受けることができる注目のソーシャルトレーディングプラットフォームの基本情報や特徴、メリットなどを画像・動画付きでわかりやすく解説します。

STREAMEX(ストリームEX)とは?

STREAMEX(ストリームEX)とは、初心者トレーダーとプロのトレーダーのギャップを埋めるための様々な機能を搭載した仮想通貨取引プラットフォームです。2019年6月にローンチ予定となっているこのプラットフォームは、最近2日間でプラベートセールを完売しています。

現在の仮想通貨市場に焦点を当てた、スマートでユーザーフレンドリーなソーシャルトレーディングプラットフォームとソリューションを提供している「STREAMEX」は、取引情報やポートフォリオを共有できるようにして「実績のあるトレーダー」と「初心者トレーダー」を結びつけることによって、初心者トレーダーとプロトレーダーが共に恩恵を受けることができるサービスを提供しています。

同社のプラットフォームは、仮想通貨取引をもっと楽しいものにするために「学び易く、収益性の高い、トレーダー同士が交流し易い」豊富な機能を提供しているため、ユーザーは自分のスタイルにあった取引方法で仮想通貨市場に参加することができます。

STREAMEX(ストリームEX)の特徴

STREAMEX(ストリームEX)の仮想通貨取引プラットフォームは次のような機能を搭載しています。

高性能・柔軟・直感的な取引プラットフォーム

STREAMEXの取引プラットフォームには、毎秒5,500,000〜6,600,000の注文に対応できる高性能なマッチングエンジンが搭載されています。

ユーザーインターフェースは柔軟かつ直感的なものとなっており、複数の高度なチャートレイアウトと取引警告をユーザーに提供します。

「モバイルアプリ」と「24時間対応サポート」

STREAMEXが提供するモバイルアプリ「the Streamfolio app」は、トレーダーが市場の動きを敏感に察知するための重要なツールとなります。

また同社のプラットフォームでは、証拠金取引とバイナリーオプションも提供されており、取引は「24時間対応のサポート」と「最新のセキュリティフレームワーク」によって支えられています。

コミュニティ取引プール

STREAMEX-1

STREAMEXでは、トレーダーとしての実績を持つ「マスタートレーダー」があなたのトークンを運用する「コミュニティ取引プール」に参加することができます。豊富な知識と経験を有しているプロトレーダーからより多くの知識を学びたい人は「マスタートレーダー」をフォローして、トークンを支払うことによって取引情報や戦略などの洞察を得ることができます。

リアルタイムに変化する市場の状況についてコミュニティの間で意見交換を行うことによって、マスタートレーダーたちの知識を交えながら多くのことを学ぶことができます。

ソーシャルトレーディング

STREAMEX-2

STREAMEXのユーザーは、取引履歴、取引高、損益などといった自分の取引実績に関する情報を表示する「プロフィールページ」を作成することができます。ユーザーは他のトレーダーをフォローしたり、チップを送ったり、ポートフォリオと取引を共有したりすることができます。

また一定の代金を支払うことによって、プラットフォーム上で特に高い収益を上げている「トップトレーダー」から最新のトレード情報などを受け取ることも可能です。

ゲーミフィケーションとリーダーボード

STREAMEX-3

STREAMEXのプラットフォームでは、ゲームを楽しんでいるような感覚で世界的に有名な「マスタートレーダー」を目指して他のトレーダーたちと競い合うこともできます。

トレーダーは「時間枠/取引量/損益計算表」などのデータに基づいて順位付けされているため、ユーザーは簡単に優秀なトレーダーを見つけ出してフォローすることが可能です。

STREAMEXは「最高のトレーダー」と「最もフォロワーの多いトレーダー」に対して、四半期ごとおよび年ごとに独自の報酬を割り当てています。

フィアットゲートウェイ(USD/EUR)

STREAMEX-4

STREAMEXは、運営初日から米ドル(USD)とユーロ(EUR)の入出金を受け入れます。これは、暗号資産への新規資金投入を促進する上で重要な要素の一つとなります。仮想通貨の入出金だけでなく、法定通貨の入出金を受け入れることによって、仮想通貨市場のさらなる成長が期待されます。

法定通貨(フィアット)の入出金希望するすべてのトレーダーは、顧客確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)の審査を通過する必要があります。

暗号資産業界に「驚きの取引体験」を提供

STREAMEX(ストリームEX)は、伝統的な取引プラットフォームは「取引機能」や「ユーザー間の交流」などといった複数の面が不十分であると考えており、これらの欠点を念頭に置いた上で開発を行なってきました。

仮想通貨業界の将来に対する意見は依然として分かれているものの、「STREAMEX」は仮想通貨の将来を楽観的に考えており、同社の創業者兼CEOであるVedran Sisak氏と、同氏が率いるチーム全体は『今日の業界を驚かせるような取引経験をもたらすことを約束する』と語っています。

「STREAMEX」の正式な発表は2019年第2四半期を予定していると伝えられているため、今後の新しい発表には注目が集まります。

「STREAMEX」に関する詳しい情報は以下のリンクから確認することができます。
>>「STREAMEX」の公式サイト(日本語対応)
>>「STREAMEX」の公式Twitter
>>「STREAMEX」の公式Facebook
>>「STREAMEX」の公式Telegram


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

ビットコインの時代は終わり「イーサリアム」の未来が幕をあける|Chris Skinner

ビットコインの時代は終わり「イーサリアム」の未来が幕をあける|Chris Skinner

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」サービス開始は6月から|口座開設の申込受付日も発表

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」サービス開始は6月から|口座開設の申込受付日も発表

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す