Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、FORTUNEが主催したカンファレンスに登壇した際にFacebook(フェイスブック)が仮想通貨「Libra(リブラ)」の発表を行ったことによってRipple社製品の契約数が史上最多に達したことを明らかにしました。同氏はこの会話の中でエックスアールピー(XRP)やビットコイン(Bitcoin/BTC)がLibraと競争しない理由なども説明しています。

こちらから読む:大手送金会社が"xRapid"を採用「Ripple/XRP」関連ニュース

Facebook発表が「リップル社」に与えた影響

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、FORTUNEが主催したカンファレンスに登壇した際に、Facebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の発表が行われたことによってRipple社が提供する製品の今週の契約数が史上最多になる見込みであることを明らかにしました。

ガーリングハウス氏は、仮想通貨「Libra」の発表は国際送金大手であるWestern Union(ウエスタン・ユニオン)のような機関が必要ないと言っているようなものだと語り、「銀行側はFacebookが送金分野に参入したらSWIFTような送金技術では対抗できないことに気付いたはずだ」と説明しています。

今回「Libra」の発表が行われたことによって、これまでRipple社の国際送金ソリューションの使用を検討していた銀行や金融機関が実際に利用することを決定し始めているようです。

Ripple(XRP)とLibraの「大きな違い」

一部の専門家やアナリストは「Libraが発行されることによって、Ripple社のような国際送金サービス会社や送金目的の仮想通貨は不要になる」と語っていましたが、ガーリングハウス氏はRipple(XRP)とLibraには大きな違いがあるということを以前から説明しています。

同氏は具体的な違いとして「Libraは"一般の消費者向け"に提供されるサービス」であり「Ripple社は"エンタープライズ向けのインフラ基盤"を提供する企業」であるということを説明しています。

今回の発表でRipple社の契約数が増加したことは、このことを裏付けるものであると言えるでしょう。ガーリングハウス氏は今回のカンファレンスの中で「Libra」の共同制作者であるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏に「シャンパン1ケースを送りたい」と語っています。

「ビットコイン」と「エックスアールピー」の違い

ガーリングハウス氏はこの他に「エックスアールピー(XRP)とビットコイン(BTC)の違い」についても説明しており、ビットコインとXRPにはそれぞれに特有の利点があるため、これら2つの通貨も共存することができるとしています。

XRPの利点としては「ブリッジ通貨として機能する効率性の高い通貨である」ということをあげており、1回のトランザクション(取引)を「0.0006セント(約0.00064円)」で処理することができるため「支払いに適している」と説明しています。

一方ビットコインは、1回のトランザクションに現時点で2.3ドル(約250円)が必要となりますが、ビットコインは供給量があらかじめ決定されていることによって長期的には価値が順調に増加し続けているため「価値の保存手段」として優れていると説明されています。

ガーリングハウス氏は「XRPはブリッジ通貨」「BTCはデジタルゴールド」として機能するだろうとの考えを語っており『私もビットコインを保有している』と語っています。

仮想通貨業界で重要となるのは「実際の採用事例」

優れた仮想通貨には、それぞれに明確な目的の違いがあるということを説明しているガーリングハウス氏は、仮想通貨市場では今後、実際の採用事例が重要になってくるとの考えも語っています。

ビットコインのような仮想通貨は、最初の頃は「シルクロードなどといった違法サイトでの取引」に使用されていましたが、その後世の中で広く知られるようになった後は「投機的な資産」として認識されるようになりました。

ガーリングハウス氏はこのような経歴によって、仮想通貨は悪いイメージで一括りにされがちであるため、今後はそれぞれの仮想通貨が具体的にどのような場面でどういった問題を解決できるかを明確に示していくことが重要になるとの考えを語っています。

Facebookのような大手企業が参入してくることによって、一部の仮想通貨は実際に立場を奪われることになってしまう可能性があるものの、特定の分野に特化した機能を持つ既存の仮想通貨は今後もお互いを補完し合いながら、共に成長していくことになると予想されます。

2019年6月21日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は、約46円で取引されていた本日21日の午前中から上昇し始めており、2019年6月21日19時時点では「1XRP=47.90円」で取引されています。

2019年6月14日〜2019年6月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月14日〜2019年6月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習で貰える「PoLトークン」提供開始:ポル

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習で貰える「PoLトークン」提供開始:ポル

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す