韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

by BITTIMES

韓国政府機関である国土交通部は、カナダのテック企業「Graph Blockchain社」と提携し、ブロックチェーン技術を活用してデータを管理する実験に取り組んでいます。これは以前からソウル市が進めている「スマートシティ化」に向けた取り組みの一環として行われるものであり、トラフィックデータをリアルタイムで処理し、視覚化することができるソリューションの開発を目指しています。

こちらから読む:政府機関や大手企業が続々と活用「ブロックチェーン」関連ニュース

スマートシティ実現に向け「ブロックチェーン企業」と提携

カナダに本社を構えるGraph Blockchain社は「ブロックチェーン技術を用いたデータ管理ソリューション」などを開発しているスタートアップ企業です。

Graph Blockchain社は、韓国の国家行政機関の一つである国土交通部と提携し、韓国の首都ソウル市を「スマートシティ化」するための「ブロックチェーンでトラフィックデータを管理する実験」を開始することを発表しています。この提携では、このプロジェクトを進めるために約55,000カナダドル(約455万円)の契約が結ばれたとも報じられています。

このプロジェクトは「データの保護と合理化」を目的としたものであり、データ管理の基盤には「Graph Blockchain」が提供するブロックチェーンソリューションが使用されています。同社が開発しているブロックチェーンソリューションには、オープンソースのブロックチェーンプラットフォームである「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」が活用されています。

「Graph Blockchain」のブロックチェーンソリューションは、ほぼリアルタイムでトランザクションデータを処理し、データを可視化することができる、透明性が高い改ざん不可能な元帳を作成すると説明されているため、同社の技術を活用することによって、透明性の高い状態で、安全かつスムーズにデータのやり取りを行うことができると期待されます。

ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は、2018年10月にもブロックチェーン産業と教育を促進させるための施策を盛り込んだ「5ヵ年計画」を発表しており、2022年までにブロックチェーンなどの最先端技術を扱うスタートアップ企業に対して約1兆2,000億ウォン(約1,184億円)を投資していく計画なども発表しています。

将来、ソウル市のスマートシティ化が実現すればブロックチェーン技術も開発が進む事になると予想されます。また我々の普段の生活にも利便性をもたらす事が立証されれば、採用もさらに増加していく事でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す