ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格はここ数週間で大きく下落しましたが、2018年の動きと比較すると徐々に活発化してきていることがわかります。仮想通貨に関するデータを分析している企業である「Skew」は、最近ビットコインのボラティリティが2017年の強気相場の時と同じ水準にまで近づいてきていることを報告しています。

こちらから読む:100万円前後での停滞続く「ビットコイン」関連ニュース

BTCのボラティリティ「125%」付近に到達

仮想通貨の先物取引やオプション取引に関するデータを分析している企業「Skew」は、2019年7月18日のツイートで以下の画像を掲載し、ビットコインのボラティリティが"2017年の強気相場"と同じ水準に戻ったこと報告しています。

(画像:skew公式Twitter)(画像:skew公式Twitter

この画像上でボラティリティが最も高い水準に達している「2018年1月」は、ビットコイン価格が200万円付近で取引されていた時期であり、過去最高値を記録した数週間後でもあります。このピーク時のボラティリティは「150%」となっていますが、2019年7月現在のボラティリティは「125%」近くまで上昇しています。

ビットコインのボラティリティの高さは「決済通貨」としての機能性を損なう重大な要因の一つとして挙げられていますが、今のところビットコインは支払い手段としてではなく、価格変動を利用してお金を稼ぐための資産として扱われており、多くのビットコイン保有者はより高いボラティリティを求めています。

ビットコインは成長の初期段階?

ボラティリティの高さは必ずしも"問題点"として扱われているわけではなく、米国の仮想通貨投資会社「Morgan Creek Digital Assets」の共同設立者であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏のような人物は、ビットコインのボラティリティはプラスであり、マイナスではないと語っています。

ビットコインのボラティリティはプラスであり、マイナスではありません。

私たちは安定した動きで世界の予備的な存在になるつもりはありません。

また、ブロックチェーン・プロジェクトへの投資を行なっている「Blockchain Capital」のパートナーであるSpencer Bogart(スペンサー・ボガート)氏も同様の意見を語っており、『ビットコインのボラティリティは需要の変動と相まった変わることのない副産物であり、ビットコインが定着して成長していくための初期段階であることを反映したものである』と語っています。

ビットコインのボラティリティは価格上昇が本格的に始まった今年3月頃から徐々に高まってきているため、現在のビットコイン市場は投資家にとって魅力的なものになってきていると考えられます。ボガート氏の述べているようにこのようなボラティリティが今後の成長を示す前触れであるとすれば、もうじきビットコイン市場はより活発な強気相場に向かう可能性があると考えられます。

2019年7月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日19日に115万円まで回復したものの、その後は停滞が続いており、2019年7月20日時点では「1BTC=1,126,661円」で取引されています。

2019年7月6日〜2019年7月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月6日〜2019年7月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す