米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

by BITTIMES

米国のオプション取引所である「LedgerX(レジャーX)」は、2019年7月31日に"米国初"となる現物受け渡しのビットコイン先物を立ち上げたことを発表しました。同社のCEOであるPaul Chou(ポール・チョウ)氏は、LedgerXはBTCを担保とする世界初の規制されたオプション取引所だと語っています。

こちらから読む:SBIVCが"板取引サービス"を開始「仮想通貨」関連ニュース

ビットコイン担保型の規制されたオプション取引所

LedgerX(レジャーX)は、先月25日に米国商品先物取引委員会(CFTC)から「現物受け渡しのビットコイン先物」を提供するための許可を受けていました。ビットコイン先物に関しては、仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」への注目が集まっていましたが、レジャーXが許可を受けたことによって「Bakktよりもサービス開始が早まるのではないか」と期待が高まっていました。

レジャーXのビットコイン先物は、同社のオプション取引プラットフォームである「OMNI(オムニ)」上で利用可能となっており、米国に居住していて米国政府から発行されている身分証明書で本人確認を行うことができれば、機関投資家・個人投資家共に利用できるようになっています。

またレジャーXは"ビットコインを担保にして先物契約を行うことができる"という特徴も持っており、同社のCEOであるPaul Chou(ポール・チョウ)氏は仮想通貨メディア「Coindesk」に対して『LedgerXは、顧客が先物契約の担保としてビットコインをデポジットすることができる世界初の規制されたオプション取引所だ』と語っています。

現金を担保にして取引を行う場合には、銀行などを仲介する必要があるため取引するまでに時間がかかる場合がありますが、ビットコインを担保とすることによって、銀行などの制限を受けることなく即座に取引を行うことができると説明されています。

また「Bakkt」と「LedgerX」の先物の違いとしては、「LedgerXではマージン取引ができないものの、Bakktではマージン取引を行うことができる」ということなども報じられています。LedgerXのサービスが立ち上げられたことによって、仮想通貨市場が活気付くことに期待されていますが、Bakktのビットコイン先物も7〜9月頃には正式に開始されるとも言われているため、Bakktの発表にも注目です。

2019年8月1日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月17日に99万円台まで下落して以降は横ばいとなっていましたが、30日頃からは徐々に回復し始めており、2019年8月1日時点では「1BTC=1,095,922円」で取引されています。

2019年7月2日〜2019年8月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月2日〜2019年8月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

注目度の高い仮想通貨ニュース

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す