米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

by BITTIMES

米国のオプション取引所である「LedgerX(レジャーX)」は、2019年7月31日に"米国初"となる現物受け渡しのビットコイン先物を立ち上げたことを発表しました。同社のCEOであるPaul Chou(ポール・チョウ)氏は、LedgerXはBTCを担保とする世界初の規制されたオプション取引所だと語っています。

こちらから読む:SBIVCが"板取引サービス"を開始「仮想通貨」関連ニュース

ビットコイン担保型の規制されたオプション取引所

LedgerX(レジャーX)は、先月25日に米国商品先物取引委員会(CFTC)から「現物受け渡しのビットコイン先物」を提供するための許可を受けていました。ビットコイン先物に関しては、仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」への注目が集まっていましたが、レジャーXが許可を受けたことによって「Bakktよりもサービス開始が早まるのではないか」と期待が高まっていました。

レジャーXのビットコイン先物は、同社のオプション取引プラットフォームである「OMNI(オムニ)」上で利用可能となっており、米国に居住していて米国政府から発行されている身分証明書で本人確認を行うことができれば、機関投資家・個人投資家共に利用できるようになっています。

またレジャーXは"ビットコインを担保にして先物契約を行うことができる"という特徴も持っており、同社のCEOであるPaul Chou(ポール・チョウ)氏は仮想通貨メディア「Coindesk」に対して『LedgerXは、顧客が先物契約の担保としてビットコインをデポジットすることができる世界初の規制されたオプション取引所だ』と語っています。

現金を担保にして取引を行う場合には、銀行などを仲介する必要があるため取引するまでに時間がかかる場合がありますが、ビットコインを担保とすることによって、銀行などの制限を受けることなく即座に取引を行うことができると説明されています。

また「Bakkt」と「LedgerX」の先物の違いとしては、「LedgerXではマージン取引ができないものの、Bakktではマージン取引を行うことができる」ということなども報じられています。LedgerXのサービスが立ち上げられたことによって、仮想通貨市場が活気付くことに期待されていますが、Bakktのビットコイン先物も7〜9月頃には正式に開始されるとも言われているため、Bakktの発表にも注目です。

2019年8月1日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月17日に99万円台まで下落して以降は横ばいとなっていましたが、30日頃からは徐々に回復し始めており、2019年8月1日時点では「1BTC=1,095,922円」で取引されています。

2019年7月2日〜2019年8月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月2日〜2019年8月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

注目度の高い仮想通貨ニュース

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

ビットコインで投げ銭できるコンテンツ投稿サイト「Baskadia」公開

ビットコインで投げ銭できるコンテンツ投稿サイト「Baskadia」公開

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

Bitfury:企業・政府向けブロックチェーンサービス「Exonum Enterprise」を発表

Bitfury:企業・政府向けブロックチェーンサービス「Exonum Enterprise」を発表

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す