ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が"ビットコイン先物のテスト"を開始したことによって、仮想通貨業界では実際のサービス開始に期待が高まっていますが、一部の関係者は「現時点でBakktの計画にはリスクが残されており、実際に開始するためにはニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)の許可を得るという課題がある」と指摘しています。

こちらから読む:マネックスが"Libra協会"に加盟申請「仮想通貨」関連ニュース

Bakkt(バックト)のビットコイン先物は第3四半期(7月〜9月)に正式に立ち上げる予定だと伝えられていますが、仮想通貨メディアである「The Block」は、関係者の話として「この計画はリスクのあるものであり、実際にサービスを開始できるかどうかはニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)の許可が得られるか次第である」ということを報告しています。

報道によると、バックトは「現物受け渡しのビットコイン先物」を提供する予定であるため、ビットコインを安全に保管する必要があり、適格なカストディアン(資産管理者)として運営を行うために"特定目的信託会社"としてNYFDSに登録を行う必要があるとされています。

また、保険会社などは一般的に保険契約者に支払いを行うことができない時のための保護手段として「保証ファンド」を準備することが国の規制要件として求められていますが、Bakktの宣伝用資料を見てきた複数の業界関係者はこれらの点に関しても指摘し「Bakktの立ち上げ計画の一部はリスクが大きすぎる」と語っているとも報じられています。

Bakktの親会社にあたるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、Bakktの保証ファンドに3,500万ドル(約38億円)を拠出し、ビットコイン契約に関連する損失に充てるとされていますが、Bakktのオープンポジションは約4億ドル(約434億円)規模と推測されているため、現在の保証では不十分であるとのことです。

機関投資家向け仮想通貨店頭取引(OTC)サービスを提供する「Altonomy(アルトノミー)」の共同設立者Ricky Li(リッキー・リー)氏はこの点について「これは清算リスク管理システムとして通常のやり方ではない」と指摘しており、Bakkt自身もICEの資料の中で「ローンチ後、長期的に保証ファンドを増資する計画がある」と説明していると語っています。

Bakktは先日23日、予定通りに「ビットコイン先物のテスト」を開始したことを発表しており、米国の市場調査会社「Fundstrat Global Advisors」は、今後2ヶ月以内にはBakktの先物が開始される可能性があると予想していましたが、今後はニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)の判断に注目が集まることになるでしょう。

>>「The Block」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月3日〜9日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月3日〜9日

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

世界をリードする「仮想通貨大国」へ|分散型社会の未来を切り開く注目の4カ国

世界をリードする「仮想通貨大国」へ|分散型社会の未来を切り開く注目の4カ国

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

日本STO協会「公式ウェブサイト」を公開

日本STO協会「公式ウェブサイト」を公開

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す