ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が"ビットコイン先物のテスト"を開始したことによって、仮想通貨業界では実際のサービス開始に期待が高まっていますが、一部の関係者は「現時点でBakktの計画にはリスクが残されており、実際に開始するためにはニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)の許可を得るという課題がある」と指摘しています。

こちらから読む:マネックスが"Libra協会"に加盟申請「仮想通貨」関連ニュース

Bakkt(バックト)のビットコイン先物は第3四半期(7月〜9月)に正式に立ち上げる予定だと伝えられていますが、仮想通貨メディアである「The Block」は、関係者の話として「この計画はリスクのあるものであり、実際にサービスを開始できるかどうかはニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)の許可が得られるか次第である」ということを報告しています。

報道によると、バックトは「現物受け渡しのビットコイン先物」を提供する予定であるため、ビットコインを安全に保管する必要があり、適格なカストディアン(資産管理者)として運営を行うために"特定目的信託会社"としてNYFDSに登録を行う必要があるとされています。

また、保険会社などは一般的に保険契約者に支払いを行うことができない時のための保護手段として「保証ファンド」を準備することが国の規制要件として求められていますが、Bakktの宣伝用資料を見てきた複数の業界関係者はこれらの点に関しても指摘し「Bakktの立ち上げ計画の一部はリスクが大きすぎる」と語っているとも報じられています。

Bakktの親会社にあたるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、Bakktの保証ファンドに3,500万ドル(約38億円)を拠出し、ビットコイン契約に関連する損失に充てるとされていますが、Bakktのオープンポジションは約4億ドル(約434億円)規模と推測されているため、現在の保証では不十分であるとのことです。

機関投資家向け仮想通貨店頭取引(OTC)サービスを提供する「Altonomy(アルトノミー)」の共同設立者Ricky Li(リッキー・リー)氏はこの点について「これは清算リスク管理システムとして通常のやり方ではない」と指摘しており、Bakkt自身もICEの資料の中で「ローンチ後、長期的に保証ファンドを増資する計画がある」と説明していると語っています。

Bakktは先日23日、予定通りに「ビットコイン先物のテスト」を開始したことを発表しており、米国の市場調査会社「Fundstrat Global Advisors」は、今後2ヶ月以内にはBakktの先物が開始される可能性があると予想していましたが、今後はニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)の判断に注目が集まることになるでしょう。

>>「The Block」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「2018年末550万円」に15億円を賭けた正体不明のトレーダー現る

ビットコイン価格「2018年末550万円」に15億円を賭けた正体不明のトレーダー現る

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

【チリーズ】スポーツ&エンターテイメント仮想通貨取引所「Chiliz.net」公開 

【チリーズ】スポーツ&エンターテイメント仮想通貨取引所「Chiliz.net」公開 

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:販売所サービスで「チェーンリンク(LINK)」取扱い開始

ビットバンク:販売所サービスで「チェーンリンク(LINK)」取扱い開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

PUMA(プーマ)メタバース・NFT・DAOなど「WEB3.0」関連で求人募集

PUMA(プーマ)メタバース・NFT・DAOなど「WEB3.0」関連で求人募集

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す