ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は昨年末の底値と比較すると現時点でも約3倍ほどにまで回復していますが、その他多くのアルトコインでは下落傾向が続いています。仮想通貨業界ではここ数ヶ月間でそのようなアルトコインが"消滅する"との意見が多数出ており、先日は著名投資家であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏も『ほぼ全てのアルトコインは最終的に無価値になる』との考えを語っています。

こちらから読む:bitFlyer Europe、販売所にETHを追加「仮想通貨」関連ニュース

流動性低下で「上場廃止相次ぐ」と予想

米国の暗号資産マネジメント会社「Morgan Creek Digital」の共同創業者であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏は、2019年8月24日にツイートでイングランド銀行総裁であるMark Carney(マーク・カーニー)氏が「Libra(リブラ)のようなデジタル通貨が世界の準備通貨としての代わるべき」と発言したことに対して『中央銀行がデジタル通貨を知らない状態から、グローバル通貨を"世界の準備通貨"として要求するまでには10年しかかからなかった』と語り、デジタル通貨の採用が急速に進んでいると説明しました。

しかし同氏は、このツイートに対して「アルトコインはいつ上昇するか?」とコメントしたユーザーに「ほぼすべてのアルトコインは最終的に無価値になる」との考えを語っています。

流動性がなくなり、取引所でも上場廃止になるため、アルトコインのほぼすべては最終的に無価値になります。

実際にここ最近では、複数の大手取引所が"流動性の低下"を理由に「アルトコインの上場廃止」を発表しているため、今後もこのような動きは続くことになると予想されます。

「アルトコインが無価値になる」と語るポンプリアーノ氏は、以前に「自分自身が純資産の半分以上をビットコインで保有している」ということも明かしています。

XRPなどの主要なアルトコインも?

アルトコインのプロジェクトは現在も順調に開発が進められていますが、現時点では最も有名な仮想通貨である"ビットコイン"に対する関心が高まっており、価格面でみても多くのアルトコインは下落傾向が続いています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)エックスアールピー(XRP)のような主要なアルトコインは世界中から高い評価を獲得しており、実際に利用されているため今後も生き残っていくと考えられますが、ポンプリアーノ氏はこのような考え方にも反対意見を語っています。

ポンプリアーノ氏は「XRPは実質的にRipple社によって操作されているため、XRPを嫌っている人は存在する」と述べており、ユーザーは銀行と同様にXRPを信頼していないと語っています。

仮想通貨業界で囁かれる「アルトコイン消滅論」

「アルトコインが将来、ほぼ無価値になる」という意見は、これまでにも複数の専門家によって語られており、著名な経済ジャーナリストであるMax Keiser(マックス・カイザー)氏も今年6月に『XRPを含む多くの仮想通貨が一掃される可能性がある』と語っています。

また中国のビットコイン億万長者であるZhao Dong(ジャオ・ドン)氏も、今年2月時点で「2019年は弱気市場が続くだけでなく、多くの企業やプロジェクトが消滅することになる」との考えを語っています。

現時点で仮想通貨業界に数千種類のコインが存在していることを考えると、大半のアルトコインが消滅する可能性はあると予想されますが「その中にETHやXRPなどが含まれるか」に関しては意見が分かれます。

確かに記事執筆時点ではビットコインのみが順調に価格を上昇させているものの、ETHやXRPも既に多くの企業に活用されているため、今後も生き残っていく可能性は十分あると考えられます。

Facebook(フェイスブック)のような大手企業が本格的にサービスを開始した場合にはそれらのサービスがどれほど普及していくかを注視する必要がありますが、現時点ではリブラも多くの問題を抱えているため、それらのサービスによってXRPなどの立場が揺らぐかどうかを今判断するのは困難であると言えるでしょう。

しかしながら「アルトコインの消滅」を主張する意見は多数語られているため、このような主張も影響して"アルトコイン売り"が加速する可能性もあります。市場に影響力のある人物の発言には今後も注目しておく必要があると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「BitcoinCash Node」と「BitcoinCash ABC」両通貨の取引サービス開始

BINANCE「BitcoinCash Node」と「BitcoinCash ABC」両通貨の取引サービス開始

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

米国会での「ブロックチェーン活用」を提案|共和党指導者ケビン・マッカーシー

米国会での「ブロックチェーン活用」を提案|共和党指導者ケビン・マッカーシー

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す