フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

by BITTIMES   

著名な経済ジャーナリストでありながら、ビットコイン強気派としても広く知られているMax Keiser(マックス・カイザー)氏は、Facebook(フェイスブック)が開発を進めている独自の仮想通貨が正式に公開されると「エックスアールピー(XRP)を含む多くのアルトコイン」や「Ripple(リップル)社のような送金・決済サービスを扱う企業」は不必要になる可能性があると語っています。

こちらから読む:約10億円相当の"巨額流出事件"発生「XRP」関連ニュース

迅速で低コストな送金手段「FaceCoin」

仮想通貨業界で「FaceCoin(フェイスコイン)」とも呼ばれているFacebook(フェイスブック)の独自仮想通貨に関する情報は 、ここ最近で新しい情報が続々と報じられてきており、プロジェクト名が「Libra(リブラ)」であることや、通貨名が「GlobalCoin(グローバルコイン)」であることなども明らかになっています。

この仮想通貨はトランザクションとマイクロトランザクションを可能にするために使用される予定だと伝えられており、より早く、安く、効率的に送金を行うことができるステーブルコインであるとも言われています。

また、以前は米ドルに連動したステーブルコインだと言われていたものの、最近では複数の国通貨に連動させることによって「より価格の安定した仮想通貨になっている」とも報じられており「経済的に不安定な国など新しい送金手段になる」ということでも注目が集まっています。

XRPを含むアルトコイン「一掃」の可能性

著名な経済ジャーナリストでありながら、ビットコイン強気派としても広く知られているMax Keiser(マックス・カイザー)氏は『Facebookの独自仮想通貨がリリースされることによって、XRPを含む多くの仮想通貨が役に立たなくなるだろう』と語っています。

Fecabookのグローバルステーブルコイン...FaceCoinはXRPを含む何百ものアルトコインの必要性を排除します。アルトコインの黙示録は迫っています。

ビットコインは金と競争しているので、これはビットコインの価値を高めることになるでしょう。(また、仮想通貨の"決済"を扱う企業は一掃される可能性が高いです。)

Facebookの独自仮想通貨が「スピード・効率・手軽な手数料」を実現した場合には、通貨の特徴が類似しているXRPなどの複数の仮想通貨の大きな脅威となる可能性があります。XRPはこの数年間で多くの企業などに採用されてきており、利用者も増加してきていますが、すでに世界中の多くの人々にサービスを提供しているFacebookが独自通貨をリリースした場合には、急速にユーザーが増加する可能性があります。

すでにユーザー基盤が整っているだけでなく、複数のサービスも提供しているFacebookが「気軽に国際送金を行うことができる仮想通貨」を発行した場合には、簡単に利用し始めることができる"FaceCoin"を選択する人も多いと予想されます。

しかし、Ripple社がこれまでに非常に多くの金融機関や銀行と提携を結んできていることを考えると「どちらが選ばれるか」を判断するのは現時点では難しいと言えるでしょう。Facebookの仮想通貨に関する情報は今のところ確証が持てておらず、公式発表なども行われていないため「FaceCoinが本当にその他のアルトコインを一掃するかどうか」は、今後の具体的な発表次第であると考えられます。

ただし、Facebookの仮想通貨開発プロジェクトには非常に多くの専門家が携わっていることも発表されているため、XRPの脅威となりかねないのは事実です。どちらの通貨を支持しているかに関わらず、競合すると考えられる仮想通貨を保有している投資家の人々は、今後の発表にも注目しておくことが重要となるでしょう。

2019年6月8日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)は先日のハッキング事件後も価格を上昇させており、一時的に47円近くまで回復したものの、その後はやや下落し、2019年6月9日時点では「1XRP=44.38円」で取引されています。

2019年5月26日〜2019年6月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月26日〜2019年6月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ubisoft:EOSベースのブロックチェーンゲーム企業「Ultra/UOS」と提携

Ubisoft:EOSベースのブロックチェーンゲーム企業「Ultra/UOS」と提携

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す