ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

by BITTIMES

東アフリカの内陸に位置するブルンジ共和国は、仮想通貨のトレードや送金などといった利用を全面的に禁止したことを発表しました。これは「十分な規制がなされていない現状から投資家や消費者を保護するための措置である」と説明されています。

こちらから読む:みずほ"Jコイン"で不正アクセス被害「仮想通貨」関連ニュース

ブルンジ共和国は、現在の仮想通貨市場は規制が不十分であり、取引における危険性やボラティリティなどの懸念があることを考慮して、仮想通貨取引の全面禁止を決定したと伝えられています。

同国の中央銀行のマイクロファイナンス部門でディレクターを務めているAlfred Nyobewumusi(アルフレッド・ニョベウムシ)氏によると、ブルンジ共和国に住む一部の市民は仮想通貨取引によってお金を失い、政府の介入を求めたとされています。

今回の決定は、これらの投資家や消費者の人々を保護するためのものであり、取引を禁止することによって被害を防止できると期待されています。またアルフレッド氏は「この決定を尊重しない全ての人々に対して、強力な措置を講じることもできる」と述べているとも報告されています。

中国インドなどをはじめとする複数の国では、仮想通貨に対して厳しい規制が定められており、仮想通貨取引自体を禁止する国も出てきていますが、仮想通貨業界では「このような規制は表面的に仮想通貨取引を禁止するだけであるため、インターネットが現在も普及しているように"仮想通貨取引を完全に禁止することは不可能である"」との指摘も出ています。

最近では「仮想通貨を積極的に受け入れていこうとする国」も増えてきていますが、その一方では「仮想通貨を完全に禁止しようとする国」も出てきているため、そのような国がどのような発展を遂げていくかにも注目です。

>>「ブルンジ共和国銀行」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

コインチェック:The Sandboxの仮想空間の土地「LAND」を購入|NFT事業で販売へ

コインチェック:The Sandboxの仮想空間の土地「LAND」を購入|NFT事業で販売へ

IDOL3.0 PROJECT「NIDTポータル」公開|投票・推し活ポイントなど様々な機能を提供

IDOL3.0 PROJECT「NIDTポータル」公開|投票・推し活ポイントなど様々な機能を提供

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

ジャスミー:Secure PC搭載ノートPCを貸出「Device as a Service(DaaS)」提供開始

ジャスミー:Secure PC搭載ノートPCを貸出「Device as a Service(DaaS)」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説