金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)強気派としても知られるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏は、2019年9月3日のツイートで金融庁の遠藤長官らと面会したことを報告し、「金融庁はビットコインやLightning Network(ライトニングネットワーク)の強力な支持者であり、これらの技術が成功することを望んでいる」と説明しました。

こちらから読む:マクロミルポイントが仮想通貨と交換可能に「ビットコイン」関連ニュース

BTC・Lightning Network採用で「世界的リーダー」へ

ビットコイン強気派として知られる仮想通貨マネジメント会社「Morgan Creek Digital(モルガン・クリーク・デジタル)」の創業者であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏は、"フィンテック活用"をテーマとした国際イベント「FIN/SUMフィンサム2019」で東京を訪れた際に、金融庁の遠藤 俊英(えんどう としひで)長官らと面会したことをTwitterで報告し、『金融庁はビットコインとライトニングネットワークの強力な支持者だ』と語りました。

日本の金融庁は、ビットコインとライトニングネットワークの強力な支持者です。

左側にいらっしゃる方は金融庁の長官、右側にいらっしゃるのはイノベーションディレクターです。

ビットコインを採用した最初の国には大きなアドバンテージがあります🙏🏽

ポンプリアーノ氏は、一連のツイートの中で「金融庁はかなり明確な規制枠組みを持っており、ビットコインやライトニングネットワークが成功することを望んでいる」と述べており、「彼らはこれら両方技術を採用する世界リーダーになりたいと考えている」と説明しています。

金融庁はかなり明確な規制枠組みを持っており、ビットコインとライトニングネットワークが成功することを望んでいます。彼らは「オープンネットワークが勝つ」と考えていることを私に語ってくれました。そして彼らは技術の両方を採用することによって世界的リーダーになることを望んでいます。

金融庁が"成功を望んでいる"という「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」は、ビットコインの送金速度を向上させ、取引手数料を削減し、少額決済を可能にする技術であり、技術が普及することによって"日常生活でのBTC利用"を促進させることができると期待されています。

仮想通貨業界の「健全な発展」を望む日本政府

金融庁は以前から仮想通貨に関する明確な規制を定めており、仮想通貨取引所に対しても「コールドウォレット管理の徹底、弁済原資保持の義務化、広告・勧誘行為の規制整備」など様々な対策を行なっています。

税金面に関しては、日本国内の投資家などから"税制変更"を求める意見が出ていますが、日本政府は基本的にビットコインなどの仮想通貨がもたらすイノベーションを阻害せず、仮想通貨業界が健全に発展していけるようにするための政策を行なっているため、海外からは高く評価する意見が多数出ています。

先日3日には、金融庁から「"金融サービス利用者相談室"に寄せられる仮想通貨関連の問い合わせ件数が、前期に比べて574件→494件と80件減少している」ことも報告されています。過去の相談件数は、
・2018年4月〜6月期:1602
・2018年7月〜9月期:1231
・2018年10月〜12月期:788
・2019年1月〜3月期:574
・2019年4月〜6月期:494
といったように着実に減少していることが報告されているため、再び本格的な強気相場に突入した後も現在の減少傾向を維持できるかにも注目です。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

BITMAX:仮想通貨の「価格通知機能」提供開始|LINEメッセージで情報配信

BITMAX:仮想通貨の「価格通知機能」提供開始|LINEメッセージで情報配信

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

ロシア政府「公務員の暗号資産保有」を禁止|2021年4月1日までの処分求める

ロシア政府「公務員の暗号資産保有」を禁止|2021年4月1日までの処分求める

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す