仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、インドの新しい仮想通貨規制法案がジーキャッシュ(Zcash/ZEC)やモネロ(Monero/XMR)などといった「匿名性の高い仮想通貨」の需要を押し上げることになるだろうと予想しています。

こちらから読む:現金の使用禁止で"仮想通貨需要"増加の可能性「インド」関連ニュース

インドの厳しい仮想通貨規制法案

インドの国会議員たちは、仮想通貨取引やマイニングなどを行なった国民に対して「1年〜10年の懲役刑」に加え、「利益・損失の最高3倍の罰金刑」を執行する法案を提出したと伝えられています。

この法案が成立した場合には、インド国内で仮想通貨の「マイニング・購入・保有・売却・取引」などを直接または間接的に行うことが"違法"となる可能性があります。実際に成立した場合には、仮想通貨保有者は90日以内に自分が保有している仮想通貨を申告して、中央政府の規定に従って仮想通貨を処分しなければならないと言われています。

さらにこの法案には"罰金刑"も規定されており、「システムに起因する損失の最高3倍」または「仮想通貨から得た利益の最高3倍」の金額のうち、高額となる方が科せられると報告されています。また「有罪かつ保釈不可能」との判断を受けた場合には、最高10年の懲役刑が科せられるとも報告されています。

プライバシーコイン「需要増加」の可能性

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2019年6月7日のツイートでインドの新しい法案は匿名性の高い仮想通貨の需要を高めることにつながるだろうとの考えを語っています。同氏はこのツイート共に、インドの人口が世界人口の5分の1にあたることを強調しています。

インドの法案はプライバシーコインの採用を推進することになるでしょう。

CZ氏の語るように、ビットコインなどの仮想通貨が禁止されれば、
モネロ(Monero/XMR)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ダッシュ(Dash/DASH)
などといった"匿名性の高い仮想通貨"の需要が増加する可能性があります。これらの仮想通貨を使用すれば、政府からの監視にさらされることなく取引を行うことができるかもしれません。

しかし、実際にプライバシーコインが普及した場合には"より厳しい規制"が定められる可能性もあるため、需要増加は一時的なものになるとも考えられます。以前は日本の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)でもモネロなどの仮想通貨を購入することができましたが、同社は昨年5月時点でマネーロンダリングなどの懸念があることを考慮して取り扱い中止を発表しています。

実際にインドでこの法案が採用されるかどうかや、それによって匿名通貨の需要が増加するかどうかは不明であるものの、これらのプライバシーコインの需要は今後も複数の要因で高まっていく可能性があると考えられます。

2019年6月9日|XMR・ZEC・DASHの価格

2019年6月9日時点では、XMR・ZEC・DASHの価格は下落傾向にあり、それぞれの通貨の価格は、
1XMR=9,361円
1ZEC=8,569円
1DASH=15,567円
となっています。

2019年6月9日 XMR・ZEC・DASHの価格(画像:CoinMarketCap)2019年6月9日 XMR・ZEC・DASHの価格(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

NEM(ネム)ブロックチェーンを活用して「学位証明」を合理化|学歴詐称防止へ

NEM(ネム)ブロックチェーンを活用して「学位証明」を合理化|学歴詐称防止へ

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

注目度の高い仮想通貨ニュース

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す