仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、インドの新しい仮想通貨規制法案がジーキャッシュ(Zcash/ZEC)やモネロ(Monero/XMR)などといった「匿名性の高い仮想通貨」の需要を押し上げることになるだろうと予想しています。

こちらから読む:現金の使用禁止で"仮想通貨需要"増加の可能性「インド」関連ニュース

インドの厳しい仮想通貨規制法案

インドの国会議員たちは、仮想通貨取引やマイニングなどを行なった国民に対して「1年〜10年の懲役刑」に加え、「利益・損失の最高3倍の罰金刑」を執行する法案を提出したと伝えられています。

この法案が成立した場合には、インド国内で仮想通貨の「マイニング・購入・保有・売却・取引」などを直接または間接的に行うことが"違法"となる可能性があります。実際に成立した場合には、仮想通貨保有者は90日以内に自分が保有している仮想通貨を申告して、中央政府の規定に従って仮想通貨を処分しなければならないと言われています。

さらにこの法案には"罰金刑"も規定されており、「システムに起因する損失の最高3倍」または「仮想通貨から得た利益の最高3倍」の金額のうち、高額となる方が科せられると報告されています。また「有罪かつ保釈不可能」との判断を受けた場合には、最高10年の懲役刑が科せられるとも報告されています。

プライバシーコイン「需要増加」の可能性

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2019年6月7日のツイートでインドの新しい法案は匿名性の高い仮想通貨の需要を高めることにつながるだろうとの考えを語っています。同氏はこのツイート共に、インドの人口が世界人口の5分の1にあたることを強調しています。

インドの法案はプライバシーコインの採用を推進することになるでしょう。

CZ氏の語るように、ビットコインなどの仮想通貨が禁止されれば、
モネロ(Monero/XMR)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ダッシュ(Dash/DASH)
などといった"匿名性の高い仮想通貨"の需要が増加する可能性があります。これらの仮想通貨を使用すれば、政府からの監視にさらされることなく取引を行うことができるかもしれません。

しかし、実際にプライバシーコインが普及した場合には"より厳しい規制"が定められる可能性もあるため、需要増加は一時的なものになるとも考えられます。以前は日本の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)でもモネロなどの仮想通貨を購入することができましたが、同社は昨年5月時点でマネーロンダリングなどの懸念があることを考慮して取り扱い中止を発表しています。

実際にインドでこの法案が採用されるかどうかや、それによって匿名通貨の需要が増加するかどうかは不明であるものの、これらのプライバシーコインの需要は今後も複数の要因で高まっていく可能性があると考えられます。

2019年6月9日|XMR・ZEC・DASHの価格

2019年6月9日時点では、XMR・ZEC・DASHの価格は下落傾向にあり、それぞれの通貨の価格は、
1XMR=9,361円
1ZEC=8,569円
1DASH=15,567円
となっています。

2019年6月9日 XMR・ZEC・DASHの価格(画像:CoinMarketCap)2019年6月9日 XMR・ZEC・DASHの価格(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す