仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、インドの新しい仮想通貨規制法案がジーキャッシュ(Zcash/ZEC)やモネロ(Monero/XMR)などといった「匿名性の高い仮想通貨」の需要を押し上げることになるだろうと予想しています。

こちらから読む:現金の使用禁止で"仮想通貨需要"増加の可能性「インド」関連ニュース

インドの厳しい仮想通貨規制法案

インドの国会議員たちは、仮想通貨取引やマイニングなどを行なった国民に対して「1年〜10年の懲役刑」に加え、「利益・損失の最高3倍の罰金刑」を執行する法案を提出したと伝えられています。

この法案が成立した場合には、インド国内で仮想通貨の「マイニング・購入・保有・売却・取引」などを直接または間接的に行うことが"違法"となる可能性があります。実際に成立した場合には、仮想通貨保有者は90日以内に自分が保有している仮想通貨を申告して、中央政府の規定に従って仮想通貨を処分しなければならないと言われています。

さらにこの法案には"罰金刑"も規定されており、「システムに起因する損失の最高3倍」または「仮想通貨から得た利益の最高3倍」の金額のうち、高額となる方が科せられると報告されています。また「有罪かつ保釈不可能」との判断を受けた場合には、最高10年の懲役刑が科せられるとも報告されています。

プライバシーコイン「需要増加」の可能性

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2019年6月7日のツイートでインドの新しい法案は匿名性の高い仮想通貨の需要を高めることにつながるだろうとの考えを語っています。同氏はこのツイート共に、インドの人口が世界人口の5分の1にあたることを強調しています。

インドの法案はプライバシーコインの採用を推進することになるでしょう。

CZ氏の語るように、ビットコインなどの仮想通貨が禁止されれば、
モネロ(Monero/XMR)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ダッシュ(Dash/DASH)
などといった"匿名性の高い仮想通貨"の需要が増加する可能性があります。これらの仮想通貨を使用すれば、政府からの監視にさらされることなく取引を行うことができるかもしれません。

しかし、実際にプライバシーコインが普及した場合には"より厳しい規制"が定められる可能性もあるため、需要増加は一時的なものになるとも考えられます。以前は日本の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)でもモネロなどの仮想通貨を購入することができましたが、同社は昨年5月時点でマネーロンダリングなどの懸念があることを考慮して取り扱い中止を発表しています。

実際にインドでこの法案が採用されるかどうかや、それによって匿名通貨の需要が増加するかどうかは不明であるものの、これらのプライバシーコインの需要は今後も複数の要因で高まっていく可能性があると考えられます。

2019年6月9日|XMR・ZEC・DASHの価格

2019年6月9日時点では、XMR・ZEC・DASHの価格は下落傾向にあり、それぞれの通貨の価格は、
1XMR=9,361円
1ZEC=8,569円
1DASH=15,567円
となっています。

2019年6月9日 XMR・ZEC・DASHの価格(画像:CoinMarketCap)2019年6月9日 XMR・ZEC・DASHの価格(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

パラグアイの大学:授業料支払いで「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

パラグアイの大学:授業料支払いで「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

BINANCE「ロシアからの完全撤退」を発表|事業全体をCommEXに売却

BINANCE「ロシアからの完全撤退」を発表|事業全体をCommEXに売却

IOTA財団:モビリティの未来を変える多機能コンセプトカー「EDAG CityBot」を紹介

IOTA財団:モビリティの未来を変える多機能コンセプトカー「EDAG CityBot」を紹介

Bybit「ネム(NEM/XEM)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「ネム(NEM/XEM)の現物取引サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す