仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年9月6日、同社が米国で新たにサービスを開始する仮想通貨取引所「Binance US」が"今後数週間以内"に立ち上げられることを発表しました。

こちらから読む:BTC"1,000億円相当"の移動を確認「仮想通貨」関連ニュース

Binance US「ウェブサイト版」からサービス提供へ

BINANCE(バイナンス)が新たに立ち上げる仮想通貨取引所「Binance US」は、米国の規制に準拠した新しい仮想通貨取引所です。バイナンスはこれまでにも米国ユーザー向けにサービスを提供してましたが、米国の規制に基づいてサービスを提供し続けていくために新しい仮想通貨取引所が設立されることになっています。

今年8月の発表では「Binance USは、今後2ヶ月以内に立ち上げられる」と発表されていましたが、今回の発表では「今後数週間以内に」とされているため、サービス開始は予想されていたよりも早く開始される可能性があります。

取引開始時点では「ウェブサイトのみ」で取引が行えることになっており、モバイルアプリを通じた取引はその後に提供されると報告されています。しかし「Binance US」は米国の規制を重要視しているため、実際に利用するためには政府が発行するID(運転免許証やパスポート)と社会保障番号(Social Security number/SSN)を登録し、本人確認手続き(KYC)を完了させる必要があります。

ニューヨーク州の住民は「現時点では利用不可」

Binance USは、アメリカ・サンフランシスコを拠点とする「BAM Trading Services(BAM)」とのパートナーシップによって立ち上げられますが、米国全土でサービスを提供するというわけではありません。

BAMは、米国財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)にいくつかの州でマネーサービス事業(MSB)として登録されていますが、ニューヨーク州が発行する「BitLicense(ビットライセンス)」は取得していないため、ニューヨーク州の住民は「Binance US」を利用できないことになっています。

また「Binance US」の立ち上げに伴い、本家である「Binance.com」は2019年9月12日から米国ユーザーをブロックする予定となっています。Binance USでは仮想通貨30銘柄の取り扱いが検討されていますが、米国ユーザーブロックの時期が迫るにつれて、Binance.comで米国ユーザーによって保有されていたアルトコインが売却される可能性もあるため、今後数日間は注意が必要です。

2019年9月7日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は今年6月に4,000円台まで上昇して以降は下落傾向が続いており、2019年9月7日時点では「1BNB=2,374.58円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年3月12日〜2019年9月7日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年3月12日〜2019年9月7日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

bitFlyerでも仮想通貨のクレジットカード購入停止へ

bitFlyerでも仮想通貨のクレジットカード購入停止へ

Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す