仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年9月6日、同社が米国で新たにサービスを開始する仮想通貨取引所「Binance US」が"今後数週間以内"に立ち上げられることを発表しました。

こちらから読む:BTC"1,000億円相当"の移動を確認「仮想通貨」関連ニュース

Binance US「ウェブサイト版」からサービス提供へ

BINANCE(バイナンス)が新たに立ち上げる仮想通貨取引所「Binance US」は、米国の規制に準拠した新しい仮想通貨取引所です。バイナンスはこれまでにも米国ユーザー向けにサービスを提供してましたが、米国の規制に基づいてサービスを提供し続けていくために新しい仮想通貨取引所が設立されることになっています。

今年8月の発表では「Binance USは、今後2ヶ月以内に立ち上げられる」と発表されていましたが、今回の発表では「今後数週間以内に」とされているため、サービス開始は予想されていたよりも早く開始される可能性があります。

取引開始時点では「ウェブサイトのみ」で取引が行えることになっており、モバイルアプリを通じた取引はその後に提供されると報告されています。しかし「Binance US」は米国の規制を重要視しているため、実際に利用するためには政府が発行するID(運転免許証やパスポート)と社会保障番号(Social Security number/SSN)を登録し、本人確認手続き(KYC)を完了させる必要があります。

ニューヨーク州の住民は「現時点では利用不可」

Binance USは、アメリカ・サンフランシスコを拠点とする「BAM Trading Services(BAM)」とのパートナーシップによって立ち上げられますが、米国全土でサービスを提供するというわけではありません。

BAMは、米国財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)にいくつかの州でマネーサービス事業(MSB)として登録されていますが、ニューヨーク州が発行する「BitLicense(ビットライセンス)」は取得していないため、ニューヨーク州の住民は「Binance US」を利用できないことになっています。

また「Binance US」の立ち上げに伴い、本家である「Binance.com」は2019年9月12日から米国ユーザーをブロックする予定となっています。Binance USでは仮想通貨30銘柄の取り扱いが検討されていますが、米国ユーザーブロックの時期が迫るにつれて、Binance.comで米国ユーザーによって保有されていたアルトコインが売却される可能性もあるため、今後数日間は注意が必要です。

2019年9月7日|Biance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Biance Coin/BNB)の価格は今年6月に4,000円台まで上昇して以降は下落傾向が続いており、2019年9月7日時点では「1BNB=2,374.58円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年3月12日〜2019年9月7日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年3月12日〜2019年9月7日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

トランプ大統領:ブロックチェーン推進派Mick Mulvaney氏を「首席補佐官代行」に任命

トランプ大統領:ブロックチェーン推進派Mick Mulvaney氏を「首席補佐官代行」に任命

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す