Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

by BITTIMES   

イングランド・プレミアリーグに所属するプロサッカークラブ「Watford F.C.(ワトフォードFC)」が、スポーツブック/ブックメーカー(*1)サイト「Sportsbet.io」との提携を通じてユニフォームに仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のロゴを入れることが明らかになりました。
(*1)スポーツブック/ブックメーカー:欧米で合法的に行われている賭け事。スポーツブックではスポーツの試合の勝敗を予想してお金を賭ける。

こちらから読む:Fanduelが"ビットコイン決済"に対応「スポーツ」関連ニュース

ロゴマークプリントで「ビットコインの認知度向上」へ

イングランド・プレミアリーグに所属するプロサッカークラブ「Watford F.C.(ワトフォードFC)」は、今シーズンのユニフォームの袖に「仮想通貨ビットコイン(BTC)」のロゴマーク「₿」をプリントします。これはスポーツブックメーカーである「Sportsbet.io」との提携によって実施されるものであり、ビットコインの認知度を高める啓発活動の一環として行われています。

スポンサーシップはクラウドファンディングで公募されており「ビットコインを保有している人であれば誰でも出資することができる」とされています。出資した人には「ワトフォードFC」のスポンサーに与えられる特典と同様の特典が与えられる予定となっています。

具体的には、
・試合中にライブで実況される公共のLEDスペース
・8人用のビットコイナー用ボックス
・ワトフォードFC専用グッズ
に入札する権利を得ることができるとされています。

「Sportsbet.io」のマーケティング責任者であるJustin Le Brocque(ジャスティン・レ・バロック)氏は、今回の提携及びロゴマークのプリントについて次のように述べています。

私たちの業界が直面している最大の課題は、人々の理解を高め、仮想通貨に関する数々の間違った"神話"を払拭することにあります。仮想通貨がもたらすメリットとチャンスについて、多くの人々を教育しなければなりません。

私たちとワトフォードFCの提携は、従来のスポーツ界のスポンサーに大きな衝撃を与えたでしょう。ビットコインのロゴを貼ることで、この世界初の提携が仮想通貨の話題をさらに盛り上げてくれることを期待しています。

「Sportsbet.io」は、ビットコインをはじめとする様々な仮想通貨や法定通貨に対応しており、公平かつ手軽に楽しく賭けることができる環境を提供しています。

2016年に設立されて以降、複数の仮想通貨に対応したスポーツブックメーカー最大手として成長した同社は、主要なスポーツだけでなくeスポーツなどにも対応したベットアクションを提供しています。

>>「Sportsbet.io」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す