アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

by BITTIMES

スペインのサッカーチームである「Club Atletico de Madrid(アトレティコ・マドリード)」は、ブロックチェーンと仮想通貨を活用してファンの人々とクラブチームの交流を深めているプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」に参加しました。

こちらから読む:ボクシング王者が独自仮想通貨を発表「スポーツ」関連ニュース

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発売へ

スペインのマドリードを本拠地とする「Club Atletico de Madrid(アトレティコ・マドリード)」は、2010年・2012年・2018年にUEFAヨーロッパリーグ優勝、2010年・2012年・2018年にUEFAスーパーカップ優勝を果たしている有名なサッカークラブチームであり、スペインで2番目、世界では8番目にサポーターが多いクラブとしても知られています。

アトレティコ・マドリードは最近、ブロックチェーンと仮想通貨でチームとファンの交流を深めるサービスを提供している「Socios.com(ソシオスドットコム)」のプラットフォームに参加しました。

Socios.comに参加することによって、アトレティコ・マドリードは2019年秋にファン・トークン・オファリング(FTO)と呼ばれる方法でクラブ公式のファントークンを発売します。

このトークンは「1トークン=2ユーロ(約238円)」となっており、このトークンを保有しているファンの人々はアトレティコ・マドリードが重要な決定を下す際の"投票"に参加することができるようになります。またこのトークンは、クラブのグッズ購入などにも使用することができるようになっている他、拡張現実を通じて街中に表示されるトークンを無料で収集することも可能です。

さらにこのファントークンは、「Socios.com」のネイティブトークンであるチリーズ(ChiliZ/CHZ)とも交換することができます。チリーズは「Socios.com」を支えている重要な仮想通貨であり、同プラットフォームに参加している、
Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)
Juventus FC(ユヴェントスFC)
West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)
AS Roma(ASローマ)
OG
などのファントークンと交換することも可能です。

サッカー界では、仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースが続々と発表されていますが、その中でも「Socios.com」は特に急速にパートナーを拡大しているため、今後の発展にはさらに注目が集まります。

>>「Socios.com」のアトレティコ・マドリードページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

JCBA×JVCEA「2022年の暗号資産税制改正要望書」作成|分離課税・繰越控除の導入求める

JCBA×JVCEA「2022年の暗号資産税制改正要望書」作成|分離課税・繰越控除の導入求める

トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す