ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

by BITTIMES   

ウォーキングやランニングなどといった健康的な生活を送るための運動を心がけている人々に対して「仮想通貨報酬」を付与するヘルスケアアプリを展開している「リンポ(Lympo/LYM)」は、2019年9月12日に"高速かつ安全なヘルスデータ共有"を実現するために、ブロックチェーン企業「Harmony」と提携したことを発表しました。

こちらから読む:BTCロゴが"Watford FC"のユニフォームに登場「スポーツ」関連ニュース

「安全かつスケーラブルなデータ共有」を実現

リンポ(Lympo/LYM)が提携を発表した「Harmony」は、仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」のIEOで成功したブロックチェーン企業であり、スケーラビリティの問題を解決することができる「ディープシャーディング」と呼ばれる技術を提供しています。

この技術は「トランザクションに関連するすべてのデータを細かく分割し、セグメントごとに管理しやすくしつつ、ネットワーク上のトランザクションを指数関数的に高速化することができる技術」であるとされており、ブロックチェーンアプリ開発者にとって最適な選択肢であると説明されています。

Lympoのアプリは現在、米国韓国で提供されていますが、アプリのユーザー数はわずか8ヶ月で260,000人以上にまで拡大しており、月間アクティブユーザー数は89,000人以上にのぼると報告されているため、ディープシャーディングの技術を取り入れることによって今後のユーザー増加にも対処することができると期待されます。

LympoのCEOであるAda Jonuse(アダ・ジョンユース)氏は、今回の提携について『数百万人の新規ユーザーを対象としたHarmonyのブロックチェーンインフラストラクチャによって、安全でスケーラブルなヘルスデータ共有が可能になる』と説明しています。

リンポが提供しているアプリは、毎日の運動でミッションをクリアすることによって「LYMトークン」で報酬を獲得することができるようになっており、獲得したトークンはLympoショップでスポーツ用品やガジェットなどをはじめとする様々な商品に交換することができるようになっているため、徐々に人気が高まってきています。

すべての機能を搭載したアプリは日本では利用できないものの、スクワットのミッションをこなすことによって「LYMトークン」を獲得することができる「Lympo Squat」と呼ばれるアプリは日本でも提供されています。

>>「Lympo」の公式発表はこちら

2019年9月14日|リンポ(Lympo/LYM)の価格

リンポ(Lympo/LYM) の価格は今年7月に2円台まで回復したものの、その後は再び下落しており、2019年9月14日時点では「1LYM=0.641円」で取引されています。

2019年3月19日〜2019年9月14日 LYMトークンの価格推移(引用:coingecko.com)2019年3月19日〜2019年9月14日 LYMトークンの価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegram:Web版サービスで「ビットコインの購入・交換」などが可能に

Telegram:Web版サービスで「ビットコインの購入・交換」などが可能に

オーストラリアの郵便局で「ビットコイン購入代金の支払い」が可能に

オーストラリアの郵便局で「ビットコイン購入代金の支払い」が可能に

Robloxが「NFTアイテム」に対応する?CEOが語るオープン化の可能性

Robloxが「NFTアイテム」に対応する?CEOが語るオープン化の可能性

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す