ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

by BITTIMES   

ウォーキングやランニングなどといった健康的な生活を送るための運動を心がけている人々に対して「仮想通貨報酬」を付与するヘルスケアアプリを展開している「リンポ(Lympo/LYM)」は、2019年9月12日に"高速かつ安全なヘルスデータ共有"を実現するために、ブロックチェーン企業「Harmony」と提携したことを発表しました。

こちらから読む:BTCロゴが"Watford FC"のユニフォームに登場「スポーツ」関連ニュース

「安全かつスケーラブルなデータ共有」を実現

リンポ(Lympo/LYM)が提携を発表した「Harmony」は、仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」のIEOで成功したブロックチェーン企業であり、スケーラビリティの問題を解決することができる「ディープシャーディング」と呼ばれる技術を提供しています。

この技術は「トランザクションに関連するすべてのデータを細かく分割し、セグメントごとに管理しやすくしつつ、ネットワーク上のトランザクションを指数関数的に高速化することができる技術」であるとされており、ブロックチェーンアプリ開発者にとって最適な選択肢であると説明されています。

Lympoのアプリは現在、米国韓国で提供されていますが、アプリのユーザー数はわずか8ヶ月で260,000人以上にまで拡大しており、月間アクティブユーザー数は89,000人以上にのぼると報告されているため、ディープシャーディングの技術を取り入れることによって今後のユーザー増加にも対処することができると期待されます。

LympoのCEOであるAda Jonuse(アダ・ジョンユース)氏は、今回の提携について『数百万人の新規ユーザーを対象としたHarmonyのブロックチェーンインフラストラクチャによって、安全でスケーラブルなヘルスデータ共有が可能になる』と説明しています。

リンポが提供しているアプリは、毎日の運動でミッションをクリアすることによって「LYMトークン」で報酬を獲得することができるようになっており、獲得したトークンはLympoショップでスポーツ用品やガジェットなどをはじめとする様々な商品に交換することができるようになっているため、徐々に人気が高まってきています。

すべての機能を搭載したアプリは日本では利用できないものの、スクワットのミッションをこなすことによって「LYMトークン」を獲得することができる「Lympo Squat」と呼ばれるアプリは日本でも提供されています。

>>「Lympo」の公式発表はこちら

2019年9月14日|リンポ(Lympo/LYM)の価格

リンポ(Lympo/LYM) の価格は今年7月に2円台まで回復したものの、その後は再び下落しており、2019年9月14日時点では「1LYM=0.641円」で取引されています。

2019年3月19日〜2019年9月14日 LYMトークンの価格推移(引用:coingecko.com)2019年3月19日〜2019年9月14日 LYMトークンの価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

DMMビットコイン「最大2万円プレゼント!アプリ90万DL突破!キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「最大2万円プレゼント!アプリ90万DL突破!キャンペーン」開催へ

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

コスプレ画像投稿サイト「WorldCosplay」暗号資産ウォレットを実装

コスプレ画像投稿サイト「WorldCosplay」暗号資産ウォレットを実装

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す