ブロックチェーン「フィットネスアプリ」の提供を開始|Lympo×Dallas Mavericks

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の技術を活用して、人々の健康的な体づくりのサポートを行なっているリンポ(Lympo/LYM)は、NBAバスケットチームであるDallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)と協力して開発を進めていた「フィットネスアプリ」の提供を正式に開始したことを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨関連企業との提携が続く「バスケットボール業界」

NBAバスケットボールチーム|Dallas Mavericks

Dallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)は、アメリカ・テキサス州ダラスを拠点とするプロバスケットボール協会(NBA)チームです。ダラス・マーベリックスは、今年の6月の時点で既にLympoとの提携を発表しており、3年間の契約の一環としてチームの練習用ジャージにはLympoのロゴマークがつけられています。

また練習用コートやトレーニングセンターもLympo仕様のものへと置き換えられており、Lympoとの提携を通じて長期的に様々なプロジェクトを実施していくことを発表しています。

前回の発表は提携を結んだことの報告であったため、実際にダラス・マーベリックスが関わるサービスを利用することはできませんでしたが、今回の発表によって正式にLympoのアプリ内でチームとの繋がりを持つことができるようになりました。

仮想通貨報酬で「健康な体作り」を支援|Lympo

リンポ(Lympo/LYM)は、健康な体作りのために日々努力している人々のモチベーションを上げるために仮想通貨やブロックチェーン技術を使ったアプリケーションを開発している企業です。

同社が提供しているアプリはトレーニングの記録をつけることができるだけでなく、アプリ内で提供されるフィットネス課題を達成することによって仮想通貨で報酬を得ることができるようになっています。この報酬はLympoが発行する独自の仮想通貨である「LYMトークン」で支払われるようになっており、獲得したLYMトークンは「Dallas Mavericks」などの有名チームのグッズやスポーツ関連のアイテムを購入したり、他のユーザーとのやりとりに使用することができるようになっています。

またLympoの利用者は500人を超えるフィトネストレーナーとも交流することができるようにもなっているため、専門家からのアドバイスなども受けることができるようになっています。Lympoのエコシステム内には様々な役割が存在しており、その生態系内での取引は専用の仮想通貨であるLYMトークンでおこなえる仕組みとなっています。

Lympoの生態系(画像:lympo.io)Lympoの生態系(画像:lympo.io)

ダラス・マーベリックスとのサービスが正式に開始されたことによって、ユーザーはLMYトークンでダラス・マーベリックスの試合チケットやグッズなどを購入することができるようになります。また、両者の提携による特別なフィットネス課題も用意されることが以前から発表されていたため、これらのサービスも利用できるようになると考えられます。

ブロックチェーン先進国「元首相」も参加

現時点で「Lympo」のアプリケーションは日本では提供されていないため、日本ではあまり報じられていませんが、Lympoのアプリはアメリカ・イギリス・フランス・ロシア・韓国など、非常に多くの国に対応しているため、海外メディアでは広く取り上げられています。

また、Lympo監査役会の会長にはブロックチェーン先進国として急成長を遂げているエストニアの元首相であるTaavi Rõivas(ターヴィ・ロイヴァス)氏が今年9月に就任しているため、プロジェクトのさらなる発展にも注目が集まっています。規制などの問題が解決すれば日本でも利用できるようになるとも考えられるため、利用可能になった場合には注目が集まるプロジェクトの一つであることは間違いないと言えるでしょう。

Lympoのグローバル大使に任命されているテニス界スターCaroline Wozniacki(キャロライン・ウォズニアッキ)選手は、日本でも利用することができるスポーツ関連のブロックチェーンプロジェクトジーコーエックス(GCOX)と契約を結び、独自の仮想通貨を発行することも発表しているため、実際に参加できるプロジェクトを探している方はこちらのプロジェクトも確認してみてください。

リンポ(Lympo/LYM) の価格|2018年11月18日

リンポ(Lympo/LYM) の価格は、今年の6月に14円近くまで上昇したものの、その後は下落しており2018年11月18日時点では「1LYM=1.42円」となっています。

LYMトークンは、以前まで仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)などを通じて購入することができましたが、現在KuCoinは日本向けのサービスを停止しているため、購入することができなくなっています。魅力的な仮想通貨プロジェクトが世界中で拡大するにつれて、日本の仮想通貨関連の規制には新しい変化が求められていくことになるでしょう。

2018年3月28日〜11月18日 LYMトークンの価格推移(引用:coingecko.com)2018年3月28日〜11月18日 LYMトークンの価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン急落の原因は「米政府BTC売却」の噂?誤報ツイートに要注意

ビットコイン急落の原因は「米政府BTC売却」の噂?誤報ツイートに要注意

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す