ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

by BITTIMES

仮想通貨とブロックチェーン業界にとって、スケーラビリティは長年の問題でした。多くの開発者が、多くのソリューションを提案しましたが、この問題は未だに解決されていません。しかし、仮想通貨とブロックチェーン分野の新星、ILCoin・ブロックチェーン・プロジェクトが、この問題を過去のものにします。

数週間にわたる広範な開発とテストの後、ILCoinは1.5Gbブロックサイズという目標を達成し、5Gbの安定したブロック(ステーブルブロック)を作成しました。これは、現在開発中のRIFTプロトコルにより可能になりました。

このプロジェクトは、スケーラビリティの問題を完全に解決し、業界の大革命となる可能性を持っています。また、ブロックチェーンだけでなく、テクノロジーをさらに発展させ、仮想通貨や他の業界でも積極的に実装できる、真のブレークスルーです。

ILCoinについて

ILCoinは、2015年にILCoin 開発チームが立ち上げたプロジェクトです。ILCoinは、仮想通貨とアルトコイン最盛期の前に生まれた80番目の仮想通貨です。その後、ILCoinは、ICOのトレンドに追随することなく、誠実さを保ち、嘘の約束や利益ではなく、テクノロジーと安定性に焦点を当て続けました。

技術に力を注ぐことで、同チームはRIFTプロトコルの開発を成し遂げました。現在、このプロジェクトは、仮想通貨のスケーラビリティ問題を解決する、最初のソリューションになろうとしています。今のところ、アジア地域で活発に活動していますが、このプロジェクトは世界中にソリューションを提供することができます。

スケーラビリティの問題

ビットコインのローンチ以来、スケーラビリティは仮想通貨業界において、常に最大課題のひとつでした。規模が拡大すると需要を満たせなくなることは、初期から問題視されていましたが、時間が経つにつれ、より問題が大きく膨れ上がりました。そのため、BTCにとってかわるべく、ブロックサイズ制限と速度を改善する多くのプロジェクトが発足しました。

もちろん、別の様々な欠点があったせいで、成功したプロジェクトはひとつもなく、未だにBTCが業界のリーダーにとどまっています。しかし、ILCoinとRIFTプロトコルは、ビットコインを打倒するためではなく、業界を改善するために仮想通貨業界に良い変化をもたらそうとしています。

RIFTがこの問題を解決する方法

RIFTプロトコルは、ILCoinの革新的な新技術ですが、執筆時点ではまだ進行中のものです。しかし、すでに複数のテストで期待できる結果を残しており、プロトコルはすぐに実装可能となるでしょう。

RIFTは、2レベルのブロックシステムを利用して、スケーラビリティの問題を解決するように設計されました。あらゆるブロックチェーンにある「通常の」ブロックはここ にもあります。ただし、ミニブロックの追加チェーンも存在します。両方のチェーンは独自のブロック番号を使用しますが、通常のブロックはミニブロックを参照し、ミニブロックはトランザクションを参照します。

ミニブロックもマイニングされないため、スピードアップに役立ちます。 5Gbのブロックサイズをもって、RIFTは、ブロック生成時間に応じて、トランザクションの速度を1,000万tx / s以上に向上しました。もちろん、この値はミニブロックの数とトランザクションの全体的な重みとともに増加します。

RIFTのリリース時期

ILCoinの画像

今のところ、ILCoinは11月にフォークを行う予定です。これは、チームがシステムの一部としてRIFTをリリースする機会です。フォーク後、5GBブロックはBlock Explorerを介して誰にでも見えるようになり、ブロックチェーン業界はついに歴史上最も厄介な問題の1つを解決できるようになります。

プロジェクトの詳細については、ウェブサイトまたは、Telegramグループをご確認ください。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

ブロックチェーンで家や土地をトークン化「不動産売買サービス」事前登録の受付開始

ブロックチェーンで家や土地をトークン化「不動産売買サービス」事前登録の受付開始

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

Ripple投資部門:スマートコントラクト機能統合に向け「Flare Networks」に出資

Ripple投資部門:スマートコントラクト機能統合に向け「Flare Networks」に出資

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す