NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)の「カタパルト移行委員会」は2019年11月15日、Catapult(カタパルト)のメインネット公開に向けた今後の予定について報告を行いました。今回の発表では「テストネットの稼働時期」や「メインネット稼働時期」などが明らかにされています。

こちらから読む:テックビューロ、岐阜大学と共同研究を開始「NEM/XEM」関連ニュース

テストネットは27日、メインネットは来年2月に稼働予定

カタパルト移行委員会は、2019年11月15日に「2020年第1四半期のカタパルト公開」に向けた具体的なスケージュールを公開し、テストネットの稼働日を2019年11月27日、メインネットの公開日を2020年2月〜3月に予定していることを明らかにしました。

カタパルト公開に向けた主なスケジュールは以下のように設定されています。
2019年11月27日:テストネットが利用可能に
2019年12月22日:カタパルト対応ウォレットの準備完了
2020年1月3日:ブランディングガイドライン/ツールセットを配信
2020年2月〜3月:メインネット公開
2020年3月:メインネット公開後に今後の計画を再評価・再確認

(画像:forum.nem.io)(画像:forum.nem.io)

  

開発プロセスは今後もコミュニティと共有

カタパルト移行委員会は、これらのスケジュールを様々なコミュニティから寄せられたフィードバックに基づいて決定しており、今後も「技術的なオプション、NEMのトークン経済、ブランディング」などについての発案を行いながらコミュニティに共有して「カタパルトローンチ」に取り組んでいくと説明しています。

なお「技術オプション」に関してはすでに完了しており、「NEMのトークン経済、ブランディング」に関しては現在進行中で、NEMのトークン経済については11月末までに、ブランディングについては2020年1月中旬までには共有される予定だと説明されています。

最終的にはこれら3つの要素をまとめた1つの提案が作成され、コミュニティに提出された後に決定することになるとのことです。もしも提案が拒否された場合には再度検討が行われることになりますが、その場合には「2020年第1四半期のカタパルト公開」という目標に影響が出てしまう可能性があるため、バランスを取りながら慎重に検討する必要があるとされています。

今回の発表では「フロントエンドの開発の進展」などについても説明が行われており、「デスクトップ/モバイルウォレットの開発が進められていること」や「ブロックエクスプローラーの最新版がデモとして利用できること」に加え、Trezor(トレザー)やLedger(レジャー)などのハードウェアウォレットとの統合に向けた取り組みが進められていることなども報告されています。

カタパルト公開に向けた具体的な取り組みの内容は以下の公式発表をご覧ください。
>>「カタパルト移行委員会」の公式発表はこちら

2019年11月15日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は9月末頃から4円台での推移を続けており、2019年11月15日時点では「1NEM=4.37円」で取引されています。

2019年8月17日〜2019年11月15日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月17日〜2019年11月15日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

BITMAX「推し暗号資産」に関するTwitterアンケートの集計結果を公開

BITMAX「推し暗号資産」に関するTwitterアンケートの集計結果を公開

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す