NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)の「カタパルト移行委員会」は2019年11月15日、Catapult(カタパルト)のメインネット公開に向けた今後の予定について報告を行いました。今回の発表では「テストネットの稼働時期」や「メインネット稼働時期」などが明らかにされています。

こちらから読む:テックビューロ、岐阜大学と共同研究を開始「NEM/XEM」関連ニュース

テストネットは27日、メインネットは来年2月に稼働予定

カタパルト移行委員会は、2019年11月15日に「2020年第1四半期のカタパルト公開」に向けた具体的なスケージュールを公開し、テストネットの稼働日を2019年11月27日、メインネットの公開日を2020年2月〜3月に予定していることを明らかにしました。

カタパルト公開に向けた主なスケジュールは以下のように設定されています。
2019年11月27日:テストネットが利用可能に
2019年12月22日:カタパルト対応ウォレットの準備完了
2020年1月3日:ブランディングガイドライン/ツールセットを配信
2020年2月〜3月:メインネット公開
2020年3月:メインネット公開後に今後の計画を再評価・再確認

(画像:forum.nem.io)(画像:forum.nem.io)

  

開発プロセスは今後もコミュニティと共有

カタパルト移行委員会は、これらのスケジュールを様々なコミュニティから寄せられたフィードバックに基づいて決定しており、今後も「技術的なオプション、NEMのトークン経済、ブランディング」などについての発案を行いながらコミュニティに共有して「カタパルトローンチ」に取り組んでいくと説明しています。

なお「技術オプション」に関してはすでに完了しており、「NEMのトークン経済、ブランディング」に関しては現在進行中で、NEMのトークン経済については11月末までに、ブランディングについては2020年1月中旬までには共有される予定だと説明されています。

最終的にはこれら3つの要素をまとめた1つの提案が作成され、コミュニティに提出された後に決定することになるとのことです。もしも提案が拒否された場合には再度検討が行われることになりますが、その場合には「2020年第1四半期のカタパルト公開」という目標に影響が出てしまう可能性があるため、バランスを取りながら慎重に検討する必要があるとされています。

今回の発表では「フロントエンドの開発の進展」などについても説明が行われており、「デスクトップ/モバイルウォレットの開発が進められていること」や「ブロックエクスプローラーの最新版がデモとして利用できること」に加え、Trezor(トレザー)やLedger(レジャー)などのハードウェアウォレットとの統合に向けた取り組みが進められていることなども報告されています。

カタパルト公開に向けた具体的な取り組みの内容は以下の公式発表をご覧ください。
>>「カタパルト移行委員会」の公式発表はこちら

2019年11月15日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は9月末頃から4円台での推移を続けており、2019年11月15日時点では「1NEM=4.37円」で取引されています。

2019年8月17日〜2019年11月15日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月17日〜2019年11月15日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

ビットポイント「JMYがもらえる!口座開設&入金キャンペーン」開始

ビットポイント「JMYがもらえる!口座開設&入金キャンペーン」開始

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す