下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

by BITTIMES

ビットコイン価格が再び80万円付近のサポートラインを下回ったことによって、仮想通貨業界ではBTCの今後を不安視する意見が増え始めています。現時点でのBTCは長期的な上昇傾向を維持しているものの、今の価格帯は長期的に見ても重要なサポートラインであるため、ベテラントレーダーからは「さらなる下落・低迷」を警告する意見も出ています。

こちらから読む:カルダノ創設者は強気姿勢を維持「ビットコイン」関連ニュース

2015年からの上昇傾向は「まだ無傷」

ビットコイン(BTC)の価格は今年6月に150万円近くまで回復しましたが、依然として長期的な下落傾向は続いており、先日22日には重要視されていた80万円のサポートラインを下回りました。

主要なサポートラインが破られたことによって、一部では「BTC価格は1,000ドル(約10.8万円)まで下がる」といった意見も出ていますが、仮想通貨ファンド「Adamant Capital」の投資アナリストであるTuur Demeester氏は『2015年1月に始まったビットコインの放射線状の上昇傾向は今のところ無傷であり、今が重要なサポートラインにある』ということを語っています。

2015年1月に始まったビットコインの放物線状の上昇傾向はまだ無傷です。 2019年3月以来、初めてサポートラインに触れるようになりました。

Demeester氏のツイートは「ビットコインがまだ回復の可能性を残していること」を示していますが、別のベテラントレーダーはビットコイン価格がさらに深刻な下落に直面する可能性があることを警告しています。

BTC底値は60万円?2020年7月まで低迷か

2018年のBTC暴落を予想したことでも知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、Demeester氏のツイートに対して『ビットコインが50,000ドル(約543万円)に向けた上昇を開始するためには、現在のサポートライン以下で長期的に準備する必要がある』と返信しています。

Brandt氏は具体的な底値の目標価格として5,500ドル(約60万円)をあげており、「2020年7月に底値に達する可能性がある」と述べています。

この予想が現実になった場合、ビットコインの長期保有者はこれからさらに8ヶ月間BTCを保有し続けていなければならないため、多くの投資家にとって辛い時期になると予想されます。実際にブラント氏も、最初に強気派が一掃される可能性があるということも語っています。

ビットコイン価格は半減期前後で大きく価格が上昇すると予想されていましたが、ここ最近ではビットコイン価格の下落・低迷を予想する意見も増えてきているため、ビットコインが現在の価格からどちらに動くかには注目が集まっています。

2019年11月24日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日22日に76万円まで急落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年11月24日時点では「1BTC=786,667円」で取引されています。

2019年11月10日〜2019年11月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月10日〜2019年11月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

イスラエルの億万長者Teddy Sagi氏がブロックチェーン企業に投資

イスラエルの億万長者Teddy Sagi氏がブロックチェーン企業に投資

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

注目度の高い仮想通貨ニュース

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

c0ban取引所:1万円以上の入金で「2,000円相当のRYO」がもらえるキャンペーン開始

c0ban取引所:1万円以上の入金で「2,000円相当のRYO」がもらえるキャンペーン開始

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す