c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

by BITTIMES   

仮想通貨交換業の"みなし業者"として「c0ban取引所」などのサービスを展開していた「LastRoots(ラストルーツ)」は、2019年11月27日に金融庁から正式に仮想通貨交換業者としてのライセンスを受けたことを発表しました。

こちらから読む:日本政府、仮想通貨による"国税納付"について閣議決定「国内ニュース」

仮想通貨コバン(c0ban/RYO)は「70%」急騰

LastRoots(ラストルーツ)は2017年3月に「c0ban取引所」を開設し、仮想通貨交換業の"みなし業者"として営業を行なっていましたが、今回の発表では金融庁への登録を完了し、正式に「仮想通貨交換業者」となったことが発表されています。

2016年7月に行われたICOで6億円超の資金を調達した同社は、動画を視聴することによって独自仮想通貨「c0ban」を付与する「c0ban.tv Web」や「c0ban ウェブウォレット」といったサービスを提供していましたが、先日25日には「c0ban取引所」の事業に注力するためにそれらのサービスを来年1月〜3月にかけての期間で終了すると発表していました。

金融庁が公開している資料では、同社が取り扱う仮想通貨は「コバン(c0ban/RYO)」のみだとされています。RYOの価格は元々100円前後となっていたものの、今回の発表を受けて70%ほど急騰しており、本日27日の18時頃には一時的に170円にまで達しています。

(画像:coinutil.net)(画像:coinutil.net

>>「LastRoots」の公式発表はこちら
>>「c0ban取引所」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

Wormhole「複数ブロックチェーン間のネイティブUSDT転送」を発表

Wormhole「複数ブロックチェーン間のネイティブUSDT転送」を発表

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説