XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の製品部門責任者であるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏は、XRP Ledger(XRPL)を用いた音楽コンテンツ配信プラットフォーム「Xsongs」のベータ版を間も無く公開する予定だと伝えられています。このプラットフォームを使用すれば消費者がミュージシャンやアーティストに直接料金を支払うことができるため、クリエイターは"収益の100%"を受け取ることができるとされています。

こちらから読む:XRP TipBot、手数料請求・KYC導入を検討「Ripple/XRP」関連ニュース

アーティスト・ミュージシャンが抱える問題

音楽業界では実際に音源を販売するまでに複数の仲介業者が入るのが一般的であるため、業界では以前から「楽曲を作成したアーティストやミュージシャンが正当な報酬を得られない」という点が問題視されていました。

また、インターネットが普及したことによって"海賊版"などの「違法なコピーコンテンツ」も流通しており、米国の市場調査会社「NPD」の報告によると、2019年に米国内で音楽コンテンツを利用しているユーザーの中で実際に支払いを行なったユーザーの数は全体の37%に留まっていると報告されています。

イギリスのミクロ経済学コンサルタント会社である「Frontier Economics」の推定では『米国のインターネットユーザーは年間70億〜200億ドル(約7,660億〜2兆1,900億円)相当の海賊版音楽コンテンツを消費している』とされており、「Institute for Policy Innovation」の分析では『世界の音楽著作権侵害は毎年125億ドル(約1兆3,680億円)の経済的損失を引き起こしている』と報告されているため、音楽業界におけるデータ管理がいかに重要かがわかります。

さらにアーティストの人々はそのような状況の中で機材代や録音・制作費などの関連費用も支払わなければならず、「Artist Revenue Streams」のデータでは『アーティストは総収入の53%を関連費用として失うことになる』と報告されています。

コンテンツ販売者に「収益の100%」を還元

Ripple(リップル)社の製品部門責任者であるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏は『大物アーティストであっても実際に受け取ることができる報酬は売り上げ全体の10%未満であり、それ以外のアーティストは何も受け取れない』と指摘しており、『ミュージシャンが楽曲を収益化するためにより良い方法を構築したいと考えていた』と説明しています。

DeWitt氏が開発した「Xsongs」は、誰でも無料で使用できるコンテンツ配信プラットフォームとなっており、コンテンツ販売者は"収益の100%"を受け取ることができると説明されています。

また今後は音楽データだけでなく「ポッドキャスト・デジタルアート・動画・著作物」などといった様々なコンテンツを売買できるようにする予定だと説明されているため、音楽業界以外のクリエイターも活用することができるようになると期待されます。

「Xsongs」は先月末にアルファ版が公開されており、今週末にはベータ版が公開される予定だと伝えられています。現在公開されているWEBサイトは非常にシンプルですが、ベータ版では音楽ファイルのアップロードと販売もできるようになると伝えられているため、今後の更新にも注目です。

>>「Xsongs」のアルファ版はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

英暗号資産取引所EXMOで「DDoS攻撃」の被害発生|2ヶ月間で2度標的に

英暗号資産取引所EXMOで「DDoS攻撃」の被害発生|2ヶ月間で2度標的に

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

注目度の高い仮想通貨ニュース

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

ビットバンク「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」取扱いへ

ビットバンク「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す