XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の製品部門責任者であるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏は、XRP Ledger(XRPL)を用いた音楽コンテンツ配信プラットフォーム「Xsongs」のベータ版を間も無く公開する予定だと伝えられています。このプラットフォームを使用すれば消費者がミュージシャンやアーティストに直接料金を支払うことができるため、クリエイターは"収益の100%"を受け取ることができるとされています。

こちらから読む:XRP TipBot、手数料請求・KYC導入を検討「Ripple/XRP」関連ニュース

アーティスト・ミュージシャンが抱える問題

音楽業界では実際に音源を販売するまでに複数の仲介業者が入るのが一般的であるため、業界では以前から「楽曲を作成したアーティストやミュージシャンが正当な報酬を得られない」という点が問題視されていました。

また、インターネットが普及したことによって"海賊版"などの「違法なコピーコンテンツ」も流通しており、米国の市場調査会社「NPD」の報告によると、2019年に米国内で音楽コンテンツを利用しているユーザーの中で実際に支払いを行なったユーザーの数は全体の37%に留まっていると報告されています。

イギリスのミクロ経済学コンサルタント会社である「Frontier Economics」の推定では『米国のインターネットユーザーは年間70億〜200億ドル(約7,660億〜2兆1,900億円)相当の海賊版音楽コンテンツを消費している』とされており、「Institute for Policy Innovation」の分析では『世界の音楽著作権侵害は毎年125億ドル(約1兆3,680億円)の経済的損失を引き起こしている』と報告されているため、音楽業界におけるデータ管理がいかに重要かがわかります。

さらにアーティストの人々はそのような状況の中で機材代や録音・制作費などの関連費用も支払わなければならず、「Artist Revenue Streams」のデータでは『アーティストは総収入の53%を関連費用として失うことになる』と報告されています。

コンテンツ販売者に「収益の100%」を還元

Ripple(リップル)社の製品部門責任者であるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏は『大物アーティストであっても実際に受け取ることができる報酬は売り上げ全体の10%未満であり、それ以外のアーティストは何も受け取れない』と指摘しており、『ミュージシャンが楽曲を収益化するためにより良い方法を構築したいと考えていた』と説明しています。

DeWitt氏が開発した「Xsongs」は、誰でも無料で使用できるコンテンツ配信プラットフォームとなっており、コンテンツ販売者は"収益の100%"を受け取ることができると説明されています。

また今後は音楽データだけでなく「ポッドキャスト・デジタルアート・動画・著作物」などといった様々なコンテンツを売買できるようにする予定だと説明されているため、音楽業界以外のクリエイターも活用することができるようになると期待されます。

「Xsongs」は先月末にアルファ版が公開されており、今週末にはベータ版が公開される予定だと伝えられています。現在公開されているWEBサイトは非常にシンプルですが、ベータ版では音楽ファイルのアップロードと販売もできるようになると伝えられているため、今後の更新にも注目です。

>>「Xsongs」のアルファ版はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:パリ・サンジェルマンFCの公式ファントークン「PSG」本日取引開始

Chiliz Exchange:パリ・サンジェルマンFCの公式ファントークン「PSG」本日取引開始

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

メタマスク:プライバシー保護機能などを備えた「MetaMaskバージョン8」リリース

メタマスク:プライバシー保護機能などを備えた「MetaMaskバージョン8」リリース

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

金融庁:分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開

金融庁:分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

GMOコイン「貸暗号資産」のサービス内容変更へ|年率5%コースの新規申込は廃止

GMOコイン「貸暗号資産」のサービス内容変更へ|年率5%コースの新規申込は廃止

Jubilee Ace:独自の暗号通貨「アクアナイト(AQUAnite/AQN)」を初ローンチ

Jubilee Ace:独自の暗号通貨「アクアナイト(AQUAnite/AQN)」を初ローンチ

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

積水ハウス:ブロックチェーンで「賃貸入居手続き」を簡素化|内覧も立ち合い無しで

積水ハウス:ブロックチェーンで「賃貸入居手続き」を簡素化|内覧も立ち合い無しで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す