BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の作成者「サトシ・ナカモト」を自称しているCraig Wright(クレイグ・ライト)氏が、これまでは"アクセスできない"とされていた110万BTCに「アクセスできるようになった」と主張していることが明らかになりました。ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)の価格は100%以上高騰しています。

こちらから読む:2020年代はETH価格上昇が続く?「仮想通貨」関連ニュース

ビットコイン所有権の裁判で「新たな文章」を提出

Craig Wright(クレイグ・ライト)氏は、以前のパートナーである故Dave Kleiman(デイブ・クレイマン)氏と共にビットコイン誕生初期にマイニングした「110万BTC」の取り分を巡ってクレイマン氏の家族と裁判を行なっていましたが、クレイグ・ライト氏は『この110万BTCは"Tulip Trust"という信託資金として保管され、暗号化されており、暗号化の鍵を別の者が所有しているため、BTCにアクセスができない』と述べていました。

クレイグ・ライト氏は「110万BTCの半分」をクレイマン氏の家族に支払うことを認めていましたが、これまでは"BTCの暗号鍵が入手できないこと"を理由に支払いは行われておらず、裁判所側は『2020年2月3日までにBTCにアクセスできるかどうかを通知するように』と命じていました。

しかし、今回クレイグ・ライト氏の弁護士が裁判所に提出した文章には『ライト博士は、第三者が暗号化されたファイルを解読するために必要な情報と鍵を提供したことを裁判所に通知し、裁判官の命令通りにビットコイン保有のリストを原告側に送った』と記されているため、"Tulip Trust"の管理人がBTCにアクセスするための情報を提供したのだと考えられています。

今回の文章には、アクセスできるようになった具体的な金額は記されていないものの、仮想通貨業界では「クレイグ・ライト氏が110万BTCの存在を証明することができれば、同氏がサトシ・ナカモトである可能性が高まる」として注目が集まっています。

クレイグ・ライト氏が率いている仮想通貨「ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)」は、過去24時間で110%以上急騰しており、時価総額ランキングで4位にまで上昇しているため、今後の動きにも注目です。

(参照元:Scribd.com

2020年1月15日|ビットコインSV(BSV)の価格

ビットコインSV(BSV)の価格は今月10日頃までは12,000円前後で推移していたものの、その後は急速に上昇しており、2020年1月15日時点では「1BSV=43,057円」で取引されています。

2020年1月1日〜2020年1月15日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月1日〜2020年1月15日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

UPS:ブロックチェーンを活用した特許を出願|仮想通貨決済にも対応か

UPS:ブロックチェーンを活用した特許を出願|仮想通貨決済にも対応か

Telegram:TONブロックチェーン・仮想通貨Gramの「計画中止」を正式発表

Telegram:TONブロックチェーン・仮想通貨Gramの「計画中止」を正式発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月6日〜12日

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

「2018年にビットコイン価格は440万円へ急上昇する」とアナリストが予測する理由

「2018年にビットコイン価格は440万円へ急上昇する」とアナリストが予測する理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

SBI VCトレード「LINK・DOT」取扱い開始|販売所にはBCH・LTCを追加

SBI VCトレード「LINK・DOT」取扱い開始|販売所にはBCH・LTCを追加

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す