BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の作成者「サトシ・ナカモト」を自称しているCraig Wright(クレイグ・ライト)氏が、これまでは"アクセスできない"とされていた110万BTCに「アクセスできるようになった」と主張していることが明らかになりました。ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)の価格は100%以上高騰しています。

こちらから読む:2020年代はETH価格上昇が続く?「仮想通貨」関連ニュース

ビットコイン所有権の裁判で「新たな文章」を提出

Craig Wright(クレイグ・ライト)氏は、以前のパートナーである故Dave Kleiman(デイブ・クレイマン)氏と共にビットコイン誕生初期にマイニングした「110万BTC」の取り分を巡ってクレイマン氏の家族と裁判を行なっていましたが、クレイグ・ライト氏は『この110万BTCは"Tulip Trust"という信託資金として保管され、暗号化されており、暗号化の鍵を別の者が所有しているため、BTCにアクセスができない』と述べていました。

クレイグ・ライト氏は「110万BTCの半分」をクレイマン氏の家族に支払うことを認めていましたが、これまでは"BTCの暗号鍵が入手できないこと"を理由に支払いは行われておらず、裁判所側は『2020年2月3日までにBTCにアクセスできるかどうかを通知するように』と命じていました。

しかし、今回クレイグ・ライト氏の弁護士が裁判所に提出した文章には『ライト博士は、第三者が暗号化されたファイルを解読するために必要な情報と鍵を提供したことを裁判所に通知し、裁判官の命令通りにビットコイン保有のリストを原告側に送った』と記されているため、"Tulip Trust"の管理人がBTCにアクセスするための情報を提供したのだと考えられています。

今回の文章には、アクセスできるようになった具体的な金額は記されていないものの、仮想通貨業界では「クレイグ・ライト氏が110万BTCの存在を証明することができれば、同氏がサトシ・ナカモトである可能性が高まる」として注目が集まっています。

クレイグ・ライト氏が率いている仮想通貨「ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)」は、過去24時間で110%以上急騰しており、時価総額ランキングで4位にまで上昇しているため、今後の動きにも注目です。

(参照元:Scribd.com

2020年1月15日|ビットコインSV(BSV)の価格

ビットコインSV(BSV)の価格は今月10日頃までは12,000円前後で推移していたものの、その後は急速に上昇しており、2020年1月15日時点では「1BSV=43,057円」で取引されています。

2020年1月1日〜2020年1月15日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月1日〜2020年1月15日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

FXcoin:最大2,000XRPがもらえる「第二弾XRPトリプルプレゼントキャンペーン」開始

FXcoin:最大2,000XRPがもらえる「第二弾XRPトリプルプレゼントキャンペーン」開始

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

GMOコイン:ビットコイン(BTC)の取引所取引で「国内No.1」を獲得

GMOコイン:ビットコイン(BTC)の取引所取引で「国内No.1」を獲得

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す