サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の発明者である「サトシ・ナカモト」とは一体誰なのか?という疑問の答えは未だに出ていません。複数の人物は「自分がサトシだ」と語っていますが、今のところそのような人々はその他の専門家などによって否定されています。そんな謎多き人物の正体を知っているとされる仮想通貨の伝道師「John McAfee(ジョン・マカフィー)氏」は、最近のツイートで「Satoshi Nakamoto」の正体を知るための15のヒントを語っています。

こちらから読む:将来のビットコイン価格について言及「John McAfee」関連ニュース

「クレイグ・ライトはサトシではない」ジョン・マカフィー

サイバーセキュリティの専門家であり、アンチウィルス会社「McCafee(マカフィー)」の創業者としても知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、Twitter上で『サトシ・ナカモトの正体を知っている』と語り、これまで謎とされてきた「ビットコインの発明者」を知るための複数のヒントを提示しました。

「サトシ・ナカモトは誰なのか?」という話題で特に多くの名前が上がるのは、ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)を率いていることでも知られるCraig Wright(クレイグ・ライト)氏ですが、現在ライト氏は複数のことで多方面から批判を浴びており、多くの専門家たちは『クレイグ・ライトはサトシじゃない』と批判しています。

マカフィー氏も今回投稿された一連のツイートの中で『クレイグ・ライト氏はナカモト・サトシじゃないと100%確信している』と語っており、ライト氏の過去の発言に対しても「馬鹿げている」と批判しています。

サトシ・ナカモトの正体を知るためのヒント

マカフィー氏はその後のツイートで、サトシ・ナカモトの正体を知るための手がかりとなる情報を徐々に提示しています。これらの情報によると、サトシ・ナカモトは実際には1人ではなく「何人かの人々がそれぞれで異なる責任を持つ一種の組織」であると語られており、このグループの人々は「匿名であり続けること」を願っていると説明されています。

一部では「サトシ・ナカモトの正体はアメリカの中央情報局(CIA)である」とも言われていますが、マカフィー氏はその正体は「CIA」でも「世界の政府機関」でもないと断言しており、ビットコインのホワイトペーパーを執筆したのはアメリカ人(または少なくともアメリカに住んでいる人)だと述べています。

マカフィー氏が今回明らかにした複数の手がかりをまとめると、以下の15個のヒントがみえてきます。

  1. サトシは1人じゃない
  2. ホワイトペーパーを書いたのはアメリカ在住の人
  3. ホワイトペーパーを書いたのは男性
  4. サトシはジョン・マカフィー氏ではない
  5. サトシはニック・サボ氏ではない
  6. サトシはクレイグ・ライト氏ではない
  7. サトシはイーロン・マスク氏ではない
  8. サトシは中央情報局(CIA)ではない
  9. サトシは政府機関ではない
  10. サトシはフランス人ではない
  11. サトシはTwitterでマカフィー氏をフォローしていない
  12. サトシはまだオリジナルのBTCウォレットにアクセスできる
  13. サトシは注目を集めたくない
  14. サトシは生きていて、今のところビットコインに影響を与えていない
  15. サトシの髪の色は茶色ではない

様々な質問に回答したマカフィー氏は、最後に次のようなツイートを投稿して一連の話題を締めくくりました。

私はどうやってサトシを知ったか?

私は酒を飲み、ドラッグを使い、女性を追いかけて来ました。19歳の頃からです。しかし、だからといって「私がハッカーを止めるための素晴らしい会社を立ち上げた」という事実が変わるわけではありません。私はハッキングについて知る必要がありました。私はまだ「John Fucking McAfee」です。

マカフィー氏の今回の発言が正しければ、仮想通貨業界における最大の謎の一つである「サトシ・ナカモトが誰なのか?」という疑問に対する明確な答えは、今後も明かされることはないと予想されます。複数人存在するとされる「サトシ」たちは匿名のままでいることを願っていますが、本当に知りたいという方はマカフィー氏のように「ハッキング」について学んでみると良いのかも知れません。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

John McAfee:仮想通貨の重要性「今後は海から配信」税務当局の召喚受け国外逃亡

John McAfee:仮想通貨の重要性「今後は海から配信」税務当局の召喚受け国外逃亡

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月18日〜11月24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月18日〜11月24日

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

仮想通貨取引所Zaif「スマホ向けアプリ」近日中に公開へ

仮想通貨取引所Zaif「スマホ向けアプリ」近日中に公開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す