指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

by BITTIMES

東京都に本社を構え指紋認証システムを開発・販売している「株式会社MoriX(モリックス)」は、仮想通貨を安全に管理できる指紋認証機能付きのICカード型ハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card(MWC)」を2020年6月販売することを明らかにしました。

こちらから読む:コインチェックの貸仮想通貨サービスに"新プラン"登場「国内ニュース」

MoriX Wallet Card(MWC)とは

MoriX(モリックス)が2020年6月に販売開始を予定している「MoriX Wallet Card(MWC)」は、指紋認証機能付きのICカード型ハードウェアウォレットであり、仮想通貨交換業者や一般ユーザー向けに1枚あたり2万円で販売することが予定されています。

MoriX Wallet Card(MWC)には指紋センサーと認証アルゴリズムが実装されているため、利用者は指をICカード上の指紋センサーに置くだけで本人確認を完了し、仮想通貨の送金などを行うことができるとのことです。

なお、指紋情報はカード利用時に登録した後は改ざんできない仕組みが採用されており、それらの指紋データは暗号化された上でカード内に記録されているため、サーバー上で指紋情報がやり取りされることはないと説明されています。

仮想通貨7銘柄に対応

現時点で利用可能な仮想通貨は以下の7銘柄となっており、今後はエックスアールピー(XRP)ERC20トークンなどにも対応していく予定だとされています。

【MoriX Wallet Cardの対応仮想通貨】
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム (Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
ダッシュ(Dash/DASH)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)

ディスプレイ内蔵で受金・残高確認も簡単

(画像:MoriX)(画像:MoriX)

仮想通貨の送受信は「パソコン・スマホ・タブレット」に導入したアプリを使用することによって行うことができます。具体的には、アプリで送金先アドレスなどの情報を入力して、カードを指紋認証することによって送金などの機能を利用することができるとされています。

また「MoriX Wallet Card」には電子ペーパーを用いたディスプレイも搭載されており、QRコードを生成する機能も備えているため、ディスプレイに表示させたQRコードを相手に見せることによって「MoriX Wallet Card」だけで仮想通貨を受け取ることもできるとされています。

なお、このカードには薄型の充電池が内蔵されているため、USBによる充電で2週間程度利用することができ、ディスプレイには資産の保有状況などの情報を表示させることもできるとのことです。

MoriXは、独自特許を持つ指紋センサーと認証アルゴリズムを活用し、金融分野向けの指紋認証センサー付きの決済カードを開発している他、エンターテインメント分野向けの指紋認証センサー付きの会員証、自動車分野向けのスマートキー、公的機関向けのカードなどの開発も行っているため、専門知識を持つ同社が発行する「MoriX Wallet Card」には期待が高まります。

>>「MoriX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

Chiliz&Socios「欧州サッカー連盟」と提携|UEFAクラブ大会の公式ファントークンパートナーに

Chiliz&Socios「欧州サッカー連盟」と提携|UEFAクラブ大会の公式ファントークンパートナーに

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

買い物でビットコインが貯まる「Visaクレジットカード」発行へ:BlockFi

買い物でビットコインが貯まる「Visaクレジットカード」発行へ:BlockFi

注目度の高い仮想通貨ニュース

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

フィデリティ:個人投資家向け暗号資産取引サービス「Fidelity Crypto」提供へ

フィデリティ:個人投資家向け暗号資産取引サービス「Fidelity Crypto」提供へ

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

西野亮廣氏監修のNFTコレクション『Halloween Poupelle』OpenSeaで取引量世界一を記録

西野亮廣氏監修のNFTコレクション『Halloween Poupelle』OpenSeaで取引量世界一を記録

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

MetaMask「NFTコレクションの価格情報」提供へ|NFTBankと提携

MetaMask「NFTコレクションの価格情報」提供へ|NFTBankと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す