Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

by BITTIMES   

スイス/カザフスタン/アルメニアの仮想通貨・ブロックチェーン団体が、仮想通貨広告を禁止を決定したGoogle(グーグル)などの大手企業に対する集団訴訟の原告に加わることが明らかになりました。この3ヶ国の団体は、先月明らかになったロシア/中国/韓国の3つの団体からなる「ユーラシアン・ブロックチェーン協会(EBA)」に参加します。

ユーラシアン・ブロックチェーン協会(EBA)とは?

Facebook(フェイスブック)/Google(グーグル)/Twitter(ツイッター)/Yandex(ヤンデックス)に対して集団訴訟を予定している「ユーラシアン・ブロックチェーン協会(EBA)」の計画は、先月の27日に明らかになっています。

ユーラシアン・ブロックチェーン協会に、はじめから参加していた団体は、
・ロシア仮想通貨ブロックチェーン協会(RACIB)
・韓国ベンチャービジネス協会
・中国の仮想通貨投資家協会であるLBCT
の3団体です。

このユーラシアン・ブロックチェーン協会は5月に最大規模のインターネット企業に対して訴訟を提起する予定です。
訴訟費用は、特別に創設される仮想通貨資金で賄われ、主として寄付金に依存します。

また同協会は、訴訟対象の企業の株主が仮想通貨のウォレットを保有している場合は、株主に対しても苦情を申し立てる予定であることも明かしています。

ユーラシアン・ブロックチェーン協会に関する過去の記事はこちら

新たに参加する3団体は?

RACIBのYuri Pripachkin(ユーリー・プリパチキン)会長によると、スイスの新興団体であるInnMind(インマインド)とアルメニアおよびカザフスタンのブロックチェーン・仮想通貨協会の3団体が新たに原告として加わるとのことです。また、この集団訴訟はニューヨークで提起されます。

ロシアでは7月には仮想通貨などが合法化?

国内のICOやマイニングに積極的であるRACIBはこれに先立って、一部ロシア人が国外でICOを行いロシア経済に15億ドルの損害を与えていると警告しています。
プーチン大統領に報告されたレポートによると、ロシアは世界のICO市場の10%を占めており、2017年にはロシアのICOプロジェクトで3億1000万ドルを調達したとされています。

現在ロシアでは、仮想通貨/ICO/ブロックチェーン技術/マイニング(採掘)などを合法化する2つの法案が下院で審議中です。法案は6月か7月には採択されることが予想されています。
下院金融市場委員会のアナトリー・アクサコフ委員長は「BlockchainRF-2018」の会場で、この法案の意義や影響などについて次のように語っています。

「仮想通貨のマイナー(採掘者)は新法の基で、「個人起業家」もしくは「法的組織体(法人組織)」として登録する義務を課せられる。マイニング事業は、このデジタル経済法制の採択後、2年の期間は優遇減税措置を享受することができるようになる。」

そもそもロシア仮想通貨ブロックチェーン協会(RACIB)とは?

集団訴訟に向けて積極的に行動を起こしているRACIBは、ロシア政府に提言できる有力圧力団体もしくは利益集団の1つです。

RACIBは仮想通貨のマイニングやICOを進める利益集団として、2018年2月には国有ロシア開発対外経済銀行(Vnesheconombank)傘下の「Globex Ban」と提携して、ICO投資を初めて保証するシステムとなる「CrowdHub(クラウドハブ)」プラットフォームを開設します。

Googleなどの今後の対応に注目

ユーラシアン・ブロックチェーン協会(EBA)は、短い期間で拡大しています。今後も参加する団体が増えることとなれば、Googleなどの企業にも新たな動きがあると予想されます。

Googleは、独自のブロックチェーン技術を開発しているともいわれており、またTwitterの最高経営責任者であるJack Dorsey氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の持つ可能性を強く信じており、10年以内にはインターネット上の単一の通貨となる可能性があると考えている事を明かしています。

どの企業も仮想通貨やブロックチェーン技術自体を否定しているわけではないため、今後の動き次第では現在の規制にも変更が加えられ、仮想通貨市場の活性化にもつながるかもしれません。

TwitterのCEOが魅了されるビットコインを購入するならZaifがおすすめです。
仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコインの積み立てもできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

Zaifの仮想通貨積み立てもおすすめです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン投資「長期保有」が成功の鍵?利確ポイントは「98.66%」著名アナリスト

ビットコイン投資「長期保有」が成功の鍵?利確ポイントは「98.66%」著名アナリスト

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

仮想通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」加盟店拡大へ|GINKANがオリコと提携

仮想通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」加盟店拡大へ|GINKANがオリコと提携

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す