国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

by BITTIMES

金融庁が設置した「仮想通貨交換業等に関する研究会」は、4月10日に初めてとなる会合を開きました。今回の調査で明らかになった様々なデータや問題点などが金融庁の公式サイトで公開されていたので、その中でも特に興味深かった情報をいくつか紹介します。

「仮想通貨交換業等に関する研究会」とは?

「仮想通貨交換業等に関する研究会」は、仮想通貨取引所への不正アクセスや内部管理態勢の不備といった、仮想通貨交換業などに関連する問題について制度的な対応を検討するために金融庁が設置した研究機関です

会議の構成員は、学識経験者や金融実務家などをメンバー、仮想通貨交換業者などの業界団体や関係省庁をオブザーバーとし、金融庁が事務局を務めています。

公開されている情報の内容

今回の会合では、国内の登録業者14社とみなし業者3社が共同で情報を提供し、研究会にオブザーバー参加している日本仮想通貨交換業協会が日本国内の取引状況について説明を行いました。

議論された内容や関連する様々な情報は、金融庁の公式サイトにて公開されています。
公開されている情報は、日本国内の仮想通貨取引全体の正式なデータとなっているため、非常に興味深い内容となっています。

ビットコイン取引の6割が日本人|グローバルでの取引状況

取引に使用される法定通貨・仮想通貨のシェア

このデータは国際的な取引において、主要な仮想通貨の取引に利用される通貨の割合を表しています。

このデータによると、ビットコイン(BTC)の取引においては圧倒的に日本円が使用されていることがわかります。

しかしその他の仮想通貨に関しては、日本円が占める割合はごくわずかです。
日本では取り扱う仮想通貨に関しても厳しいルールが定められているため、多くの人が最初にビットコインを購入していると考えられます。

しかしビットコインを経由してその他のアルトコインを購入している人も多いため、ビットコインの大半を日本人が保有しているということにはならないかと思われます。

証拠金取引が急激に増加|仮想通貨取引量

日本の仮想通貨取引量

主要な仮想通貨取引所での取引状況が明らかになったことにより、仮想通貨取引量が昨年だけで急激に増加していることが明らかになりました。

また平成28年度からは、証拠金・信用・先物での取引量が圧倒的に増加していることも明らかになっており、平成29年度では現物取引が12兆7140億円であるのに対し、証拠金・信用・先物取引は56兆4325億円であり8割以上を占めていることがわかります。

証拠金取引では最大で20~25倍のレバレッジをかけている業者もあるため、研究会のメンバーからは「20~25倍のレバレッジは投機的状況であり、ギャンブルに近い」との理由から規制を求める声もあがっています。

現物取引の9割は20〜40代|年代層別顧客層分布 現物取引

年代層別顧客層分布

日本国内における現物取引の9割が20〜40代であるようです。
最も多いのは30代ですが、20代の投資家も非常に多いことがわかります。

証拠金取引は30〜40代|年代層別顧客層分布 証拠金取引

年代層別顧客層分布 証拠金取引

一方、証拠金・信用・先物取引では30〜40代が多いため、20代投資家のほうが現物で仮想通貨を保有している可能性が高いことがわかります。

若い世代の方々は、普段から新しい技術や文化を寛容に受け入れていることも事実であるため、仮想通貨に関しても純粋にその技術に魅了されて保有しているという人も多いのかもしれません。

若い世代の投資家は、安易な気持ちで投機的に仮想通貨を購入しているとの意見を度々耳にしますが、この結果を見る限りでは少なくともギャンブルに近いような危険な投資を行なっている人はそれほど多くはないようです。

20代の人々の間では、今後ビットコイン決済が流行るのかもしれません。

高値掴みに苦しむ人も多い?|入出金状況

入出金状況

ビットコイン(BTC)の価格は昨年12月に過去最高値を記録しました。
入出金状況のデータによると、ちょうど同じ時期に取引所への入金が急増していることがわかります。

12月だけで1兆1714億円もの入金が行われており、11月と比較すると13倍近く増加しています。

しかしその後も入出金はほぼ均衡しており、出金にも大幅な増加はみられないことなどから、多くの人が高値で購入した仮想通貨を手放すことができない状態にあることが予想されます。

相場の回復を長期的に待っている人も多いようです。

仮想通貨が使えるお店|仮想通貨を支払いに使用できる店舗数

仮想通貨を支払いに使用できる店舗数

仮想通貨が使えるお店はかなり増えてきているようです。

ビットコイン(BTC)が使えるお店は、国内に52,190店舗もあるとされています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを使ったビットコイン決済に対応した店舗もかなり増えてきているため、年内にはかなり多くの店舗で仮想通貨での支払いができるようになっているかもしれません。

BITTIMESでも国内の「仮想通貨が使えるお店」を紹介していますので、こちらもご覧にになってみてください。
>>ビットコインが使えるお店

また「仮想通貨が使えるお店」を経営している方は、次のリンク先から掲載依頼を申請することもできるので、検討されてみてください。
>>「仮想通貨が使えるお店」掲載お申し込みページ

(引用:金融庁

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

税金:仮想通貨所得の納税申告方法の簡略化を検討|国税庁NEW

税金:仮想通貨所得の納税申告方法の簡略化を検討|国税庁

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

Blockchain Smartphone「FINNEY」のデザイン公開!SIRIN LABS

Blockchain Smartphone「FINNEY」のデザイン公開!SIRIN LABS

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

年金を仮想通貨投資へ!変化する高齢者の資産運用 〜お年玉がビットコインになる日〜

年金を仮想通貨投資へ!変化する高齢者の資産運用 〜お年玉がビットコインになる日〜

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

イーサリアム「ガス価格」問題は解決できる|Vitalik Buterin

イーサリアム「ガス価格」問題は解決できる|Vitalik Buterin

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す