暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

by BITTIMES

グローバルに暗号資産取引サービスを展開している「OKCoin」は2021年7月29日に、新しく「オランダ・マルタ・プエルトリコ」でライセンスを取得したことを発表しました。これにより、OKCoinがサービスを提供できる地域は合計185ヶ国以上になったと報告されています。

こちらから読む:Huobi Japan、収益分析機能を追加「暗号資産」関連ニュース

「オランダ・マルタ・プエルトリコ」でライセンス取得

暗号資産取引所「OKCoin」は2021年7月29日に、新しく「オランダマルタ・プエルトリコ」でライセンスを取得したことを発表しました。同社は新たなライセンス取得によって185カ国以上でサービスを提供できるようになったと報告しています。

同社は2018年にオランダ居住者向けに「仮想通貨と仮想通貨の取引サービス」を提供しており、2020年5月には「仮想通貨と法定通貨の取引サービス」を提供するために必要となる"暗号資産サービスプロバイダー"の登録をオランダ中央銀行に申請していましたが、今回の報告ではこの登録申請が正式に承認されたことが報告されています。

マルタ共和国では『In Principle(原則としての)承認を獲得した』と報告されており、『正式な承認が得られると"クラス4の暗号資産ライセンス"に基づいてウォレットサービスや仮想通貨取引サービスを提供することができるようになる』と説明されています。

プエルトリコでは「送金ライセンス」が取得されており、このライセンスによってプエルトリコの顧客にサービスを提供できるようになったと報告されています。

OKCoinは今回のライセンス取得について『これらのライセンスを取得したことによって"規制に基づいた取引所"としてヨーロッパ中の顧客にサービスを提供したり、地元の銀行や決済プロバイダーとのパートナーシップを結んだりすることができるようになる。ユーロと仮想通貨の取引を簡素化してこれらの市場での取引をさらに容易にすることができる』と説明しています。

同社は米国に本社を構えていますが、現在はマルタ・香港・シンガポール・日本・韓国などにもオフィスを構えており、日本では「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」を通じて暗号資産取引サービスを展開しています。

仮想通貨関連の規制が整備される前までは「世界中のユーザーが特定の国に拠点を置く海外取引所で取引する」というのが一般的でしたが、現在は「現地の規制に準拠した取引所を設立する」という動きが強まってきており、先日は大手暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)も「地域ごとの本部設立を計画している」ということが報じられています。

>>「OKCoin」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン「100万FCRコイン山分けキャンペーン」開始|Amazonギフト券が当たるチャンスも

GMOコイン「100万FCRコイン山分けキャンペーン」開始|Amazonギフト券が当たるチャンスも

未来の「ブロックチェーンプロジェクト」が業界に大きな変化を起こす:マイケル・ノボグラッツ

未来の「ブロックチェーンプロジェクト」が業界に大きな変化を起こす:マイケル・ノボグラッツ

Coinbase:イーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表

Coinbase:イーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

注目度の高い仮想通貨ニュース

写真撮影で稼ぐ「SNPIT」ストラテジックアドバイザーに秋元康氏が就任

写真撮影で稼ぐ「SNPIT」ストラテジックアドバイザーに秋元康氏が就任

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」2024年まで遅れる可能性

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」2024年まで遅れる可能性

Venmo:PayPalの米ドルステーブルコイン「PYUSD」をサポート

Venmo:PayPalの米ドルステーブルコイン「PYUSD」をサポート

Web3求人サービス「LaborX」SHIBに加えてBONEもサポート

Web3求人サービス「LaborX」SHIBに加えてBONEもサポート

マイクロストラテジー「約219億円相当のビットコイン」を買い増し

マイクロストラテジー「約219億円相当のビットコイン」を買い増し

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

コナミ「PROJECT ZIRCON」と「Resella」の詳細を発表|共創型のWeb3ゲーム体験を提供

コナミ「PROJECT ZIRCON」と「Resella」の詳細を発表|共創型のWeb3ゲーム体験を提供

バイナンスジャパン「Binance Angel」の参加者募集開始|仕事内容やメリットは?

バイナンスジャパン「Binance Angel」の参加者募集開始|仕事内容やメリットは?

αU marketとαU walletが「パレットチェーン」に対応|先着順のNFTプレゼント企画も

αU marketとαU walletが「パレットチェーン」に対応|先着順のNFTプレゼント企画も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年9月24日〜30日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年9月24日〜30日

暗号資産取引所「CoinEx」ハッキングで複数の仮想通貨が流出|入出金も一時停止

暗号資産取引所「CoinEx」ハッキングで複数の仮想通貨が流出|入出金も一時停止

SHIBUYA109:Web3メタバース「The Sandbox」で期間限定イベント|ミニゲーム等の体験コンテンツ展開

SHIBUYA109:Web3メタバース「The Sandbox」で期間限定イベント|ミニゲーム等の体験コンテンツ展開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す