暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

by BITTIMES

グローバルに暗号資産取引サービスを展開している「OKCoin」は2021年7月29日に、新しく「オランダ・マルタ・プエルトリコ」でライセンスを取得したことを発表しました。これにより、OKCoinがサービスを提供できる地域は合計185ヶ国以上になったと報告されています。

こちらから読む:Huobi Japan、収益分析機能を追加「暗号資産」関連ニュース

「オランダ・マルタ・プエルトリコ」でライセンス取得

暗号資産取引所「OKCoin」は2021年7月29日に、新しく「オランダマルタ・プエルトリコ」でライセンスを取得したことを発表しました。同社は新たなライセンス取得によって185カ国以上でサービスを提供できるようになったと報告しています。

同社は2018年にオランダ居住者向けに「仮想通貨と仮想通貨の取引サービス」を提供しており、2020年5月には「仮想通貨と法定通貨の取引サービス」を提供するために必要となる"暗号資産サービスプロバイダー"の登録をオランダ中央銀行に申請していましたが、今回の報告ではこの登録申請が正式に承認されたことが報告されています。

マルタ共和国では『In Principle(原則としての)承認を獲得した』と報告されており、『正式な承認が得られると"クラス4の暗号資産ライセンス"に基づいてウォレットサービスや仮想通貨取引サービスを提供することができるようになる』と説明されています。

プエルトリコでは「送金ライセンス」が取得されており、このライセンスによってプエルトリコの顧客にサービスを提供できるようになったと報告されています。

OKCoinは今回のライセンス取得について『これらのライセンスを取得したことによって"規制に基づいた取引所"としてヨーロッパ中の顧客にサービスを提供したり、地元の銀行や決済プロバイダーとのパートナーシップを結んだりすることができるようになる。ユーロと仮想通貨の取引を簡素化してこれらの市場での取引をさらに容易にすることができる』と説明しています。

同社は米国に本社を構えていますが、現在はマルタ・香港・シンガポール・日本・韓国などにもオフィスを構えており、日本では「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」を通じて暗号資産取引サービスを展開しています。

仮想通貨関連の規制が整備される前までは「世界中のユーザーが特定の国に拠点を置く海外取引所で取引する」というのが一般的でしたが、現在は「現地の規制に準拠した取引所を設立する」という動きが強まってきており、先日は大手暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)も「地域ごとの本部設立を計画している」ということが報じられています。

>>「OKCoin」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

TAOTAO:最大5万円もらえる「はじめて取引&カムバック取引応援キャンペーン」開始

TAOTAO:最大5万円もらえる「はじめて取引&カムバック取引応援キャンペーン」開始

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す