BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏が『地域ごとに本部を設立して、現地の規制当局と協力していくことを望んでいる』と語ったことが「ロイター」の報道で明らかになりました。ジャオ・チャンポン氏は28日のツイートで「規制に準拠するために行っている5つの取り組み」についても語っています。

こちらから読む:OKCoinJapan、利用者間振込機能を追加「暗号資産」関連ニュース

「地域ごとの本部設立・ライセンス取得」を望む

BINANCE(バイナンス)はここ最近で世界各国の規制当局から警告を受けており、今月は『EUの主要決済ネットワーク"SEPA"からのユーロ入金一時停止』『株式トークン取引サービスの終了』などが発表されていましたが、ロイターの報道ではBINANCEののCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は『地域ごとに本部を設立して、現地の規制当局と協力していくことを望んでいる』と語ったと報じられています。

報道によると、ジャオ・チャンポン氏は『私たちはどの地域でもライセンスを取得したい。今後は金融機関としての役割を果たしていく』と語ったとのことで、以前まで強調されていた"分散型運営モデル"から移行する姿勢を示したと報告されています。

ジャオ・チャンポン氏は2019年に『オフィスや本社などはSMSやMMSのように古い概念だ』と語っており、これまでにも"特定の地域に本部を構えているわけではない"ということを強調していましたが、今後は米国向け取引所である「Binance US」のように、各国の規制に準拠した取引所が設立されていく可能性があると予想されます。

>>「ロイター」の報道はこちら

「規制準拠のための5つの取り組み」について

ジャオ・チャンポン氏は2021年7月28日のツイートで「BINANCEが規制準拠のために行う取り組みについて説明するために1時間ほどの記者会見を行ったこと」も報告しており、具体的な取り組みとして以下の5点をあげています。

取引所ライセンスの取得

暗号資産取引所に関する既存のルールがある国や地域では、規制に準拠して取引所ライセンスを取得するためのプロセスを既に開始。具体的には「アジア太平洋地域、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、ラテンアメリカ」などが含まれており、今後導入される規制フレームワークにも対応して、各国の規制当局と積極的に協力していく。

本人確認手続き(KYC)の強化

本人確認手続き(KYC)を完了していないユーザーの"1日の出金限度額"を2BTCから「0.06BTC」に引き下げる対応を実施。これから登録する新規ユーザーには直ちにこの出金限度額が適用され、既存ユーザーには2021年8月4日〜23日までの期間で段階的に適用される。

先物取引の最大レバレッジ引き下げ

BINANCEが提供している先物取引サービス「Binance Futures」の最大レバレッジを20倍に引き下げ。既に20倍以上のポジションを持つユーザーはそのポジションのレバレッジを維持することができるが、レバレッジを増やすことはできない。

納税ツールの提供

BINANCEで行った仮想通貨取引の履歴などを確認して、サードパーティ製の税金対策ツールと接続したりできるようにするための納税用APIツール「Tax Reporting Tool」を2021年7月28日にリリース。BINANCEのWEBサイトまたはアプリから「アカウント」→「API管理」に移動することによってこのツールにアクセスすることが可能。

規制関連の職歴を持つ人物を積極的に採用

規制・コンプライアンスに関する経験を持つ人物を積極的に募集中。なお、一部報道では『規制関連の知識を有する適した人材が見つかれば、ジャオ・チャンポン氏がCEOを退く可能性もある』といった報道がなされているが、『当面の間はCEOが変わる予定はない』とも説明。

>>「出金限度額」に関する公式発表はこちら
>>「レバレッジ倍率」に関する公式発表はこちら
>>「納税ツール」に関する公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

熊本県が「Astar・NFT・メタバース」を活用|球磨焼酎のブランド力向上へ

熊本県が「Astar・NFT・メタバース」を活用|球磨焼酎のブランド力向上へ

暗号資産取引所「BitTrade(ビットトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BitTrade(ビットトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す