SBIバーチャル・カレンシーズの取引開始はいつ?|スプレッドは業界最小?

by BITTIMES

SBIホールディングスは26日に開催した2018年3月期決算説明会のなかで、SBIバーチャル・カーレンシーズの取引所開始時期について早ければ夏になることを明らかにしました。

匿名通貨は一切やらない

取り扱う通貨は、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)を予定しているとのことで、匿名通貨については「一切やらない」と明言しました。

スプレッドを業界最小に設定し業界トップに

またSBIバーチャル・カレンシーズを開始した時には業界最小のスプレッドに設定すること何度も強調しており、スプレッドを高く設定して儲けている取引所のビジネスモデルを批判した北尾社長は、スプレッドで儲けている取引所は今後、儲からなくなると述べています。

「顧客は口座を一度開設したからという理由で、高スプレッドの取引所を使い続けることは良くない」

「スプレッドを業界最小に設定し、グループ企業とのシナジーにより、直ちに業界トップになる」

子会社のモーニングスターが今月リリースした仮想通貨情報アプリ「マイ仮想通貨」では、仮想通貨取引所間の通貨の価格差が分かるような情報が提供されています。

SBIグループは、SBI証券やSBIリクイディティ・マーケットなどでも、手数料を抑えることで顧客を増やしてきた実績をもっています。
また、金融関連グループ企業(計850万口座)からの顧客流入が見込めるため、直ちに業界ナンバーワンになるとの自信も示しています。

SBIバーチャル・カレンシーズの取引開始はいつ?

事業開始が遅れている理由については、Coincheck(コインチェック)事件を受けてのセキュリティ強化、登録済み業者を含む金融庁による行政処分の増加、市場の取引ボリュームの減少などを理由に挙げ、当局の動きを見極めつつ今年夏までに開始日の結論を出すとのことです。

早ければ夏にも開始できるとのことです。

他社との提携についてソフトバンクと仮想通貨事業において、もう一度タッグを組むことはあるかという問いに対しては「ヤフーのことも含め過去に検討したことはあるが、魅力的とは思わない。自社でやる」と回答し、コインチェック買収の話をもちかけられた際には「自社でできるから買う気には全くならなかった」と語り、自社で仮想通貨事業に取り組んでいく姿勢を明確にしました。

Money Tapのリリース時期は?

「内外為替一元化コンソーシアム」では、スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を開発しています。

住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行が先行して試験運用を開始し、こちらも夏以降の一般公開を目指しているとのことです。

口座番号指定の他に、携帯電話番号等を用いた決済も可能となっており、指紋による生体認証と組み合わせることでユーザーエクスペリエンス(UX) とセキュリティを両立し、利用者による個人間の送金を 安全・リアルタイムかつ快適に行える環境を提供するとのことです。

「Sコインプラットフォーム」を活用した実例

「Sコインプラットフォーム」を活用した実例に関しても新しい発表がされています。

2018年4月より、新たな決済インフラ活用の研究の一環として、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた地域通貨「UC台場コイン(仮称)」の実証実験を開始しているとのことです。

UCカードがコインの発行かつ決済業務を、SBIHがコインの発行・管理するシステムの運営を、そしてOrbがシステムのベースとなる分散型台帳技術Orb DLTの提供および周辺機能の開発をそれぞれ担うとのことです。

スマートフォン上で決済・送金・チャージができるプリペイド型の地域通貨を発行するほか、UCカード社員を対象として、お台場のUCカードオフィス内や近隣施設の飲食店等において「顔認証」または「スタンプ認証」にてキャッシュレスで決済できる仕組みを提供するとされています。

Sコインプラットフォームに関する記事はこちら

デジタルアセットを活用した資金調達も検討

SBIデジタルアセットホールディングスによるデジタルアセットを活用した資金調達を関係当局などとも協議しつつ検討しているとのことです。

検討中の各トークンは次のように説明されています。

Service-backed token

トークンの保有者はその保有量に応じて、SBIデジタルアセットホールディングス傘下の各企業が提供するサービスを、無料または好条件で一定期間利用できる設計とする

Asset-backed token

発行体の知的財産資産(IP)を含むすべてのアセットに裏付けられたトークンとする

傘下企業の持分売却(上場時の売り出しを含む)によりキャピタルゲインを得た場 合など、トークンの保有量に応じてキャピタルゲインの一部を分配することも検討

発行体の価値とトークンの価値は連動

(引用:sbigroup.co.jp(pdfファイル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIホールディングスがHuobiグループとの業務提携を解消

SBIホールディングスがHuobiグループとの業務提携を解消

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月15日〜21日

仮想通貨取引所が新たに18社も増える可能性も

仮想通貨取引所が新たに18社も増える可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

ビットコインに大規模な価格変動の前触れか|冬眠状態の「クジラ」に資産移動の動き

ビットコインに大規模な価格変動の前触れか|冬眠状態の「クジラ」に資産移動の動き

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

ブロックチェーンの需要増加を受け「技術者育成コース」を開設|Singapore Polytechnic

ブロックチェーンの需要増加を受け「技術者育成コース」を開設|Singapore Polytechnic

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す