SBIがxCurrentを実装した送金アプリ「Money Tap」を発表

by BITTIMES

SBIホールディングスは、Ripple社のブロックチェーン技術を活用したスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を発表しました。住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行の3行は、ブロックチェーンを活用したiOS/Android向け送金アプリ「Money Tap」を夏以降に一般公開します。

次世代の送金アプリ「Money Tap」

「Money Tap」は、金融基盤に接続する個人間送金アプリです。対応している銀行間であれば、24時間365日・ローコストでの送金が可能となります。

銀行口座番号による送金だけでなく、携帯電話番号やQRコードを用いた送金もできる仕様となっており、指紋による生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティの両立を図っています。

送金の際に銀行口座番号が分からなくても、登録された「電話番号」や「QRコード」を使うことで、数タップで該当の銀行口座宛にリアルタイムかつ安全に摩擦のない送金をすることができます。

SBI Ripple Asia代表取締役の沖田貴史氏は以下のように語っています。

「さまざまな送金アプリが出てきているが、本コンソーシアムは銀行だからできることを追求した。Fintech企業のサービスは、資金決済法に準拠しているため、プリペイドのバリューに置き換えて送金するやり方が主流であり、出金できなかったり出金時に手数料がかかる。Money Tapは、銀行主導の決済ソリューションのため、トータルのユーザーエクスペリエンス(UX)に関しては使いやすいものを提供できる」

xCurrentを実装した商用版「RCクラウド2.0」

SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaが加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」は、2017年12月にRipple社のソリューションである「xCurrent」を実装した商用版「RCクラウド2.0」を完成させました。

Money Tapは、この「RCクラウド2.0」に接続することで多くの利点を得ています。

現時点では個人間送金に機能を絞っていますが、将来的には外為機能も追加される予定です。さらには「アルバイト代の日払い」などのB2BやP2Bの法人向けソリューションの提供を目指しているとのことです。

現時点では、住信SBIネット銀行/りそな銀行/スルガ銀行の3行が対応を進めており、4月以降に試験運用を開始し、夏以降の一般公開を目指しています。

今後対応する銀行はコンソーシアムに参加している銀行を中心に、順次拡大予定となっています。
コンソーシアムには三菱東京UFJ銀行やセブン銀行、みずほフィナンシャルグループなども参加しています。

(引用元:SBIホールディングス公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービスを開始

【速報】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービスを開始

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」iOSに続き、Androidにも対応!

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」iOSに続き、Androidにも対応!

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

注目度の高い仮想通貨ニュース

米司法省:暗号資産詐欺・資金洗浄などを理由に「John McAfee氏」を起訴

米司法省:暗号資産詐欺・資金洗浄などを理由に「John McAfee氏」を起訴

ディーカレット「デジタル資産・暗号資産の価値交換システム」に関する特許取得

ディーカレット「デジタル資産・暗号資産の価値交換システム」に関する特許取得

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

仙台89ERS × FiNANCiE:国内初の「プロバスケットボールクラブトークン」を発行

仙台89ERS × FiNANCiE:国内初の「プロバスケットボールクラブトークン」を発行

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

タイ最大の映画館「Major Cineplex」仮想通貨決済に対応|利用可能店舗拡大も予定

タイ最大の映画館「Major Cineplex」仮想通貨決済に対応|利用可能店舗拡大も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す