LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

by BITTIMES

LINE(ライン)の子会社であるLINE Plus(ラインプラス)は、仮想通貨ICXを開発するICON(アイコン)との合弁会社である「unchain(アンチェーン)」を設立しました。新会社はトークンエコノミープラットフォームの創設を目指し、アイコンのブロックチェーンのエコシステムを拡張してLINE向けに独自の分散型アプリケーション(DApps)を提供します。

LINE(ライン)について

LINE Plus(ラインプラス)は、2013年3月にLINE Corporationの子会社として韓国で設立された、全世界で2億人以上の月間平均ユーザー数を抱える世界規模のソーシャルネットワークです。

世界中のプログラマー、デザイナー、マーケティング担当者、販売担当者、PRマネージャーとともにLINEのグローバルビジネス開発をサポートしています。

今年の1月には、金融事業を手掛ける新会社「LINE Financial」を設立し、メッセージアプリ「LINE」を通じて、仮想通貨取引、ローン、保険などのサービス提供に向けた取り組みを行っています。

またLINEはブロックチェーン技術専門の子会社であるアンブロック(unblock)も設立しており、ブロックチェーン事業を本格化させています。既存のLINEサービスとブロックチェーン技術を融合することにより、新たな価値を付与していく計画です。

LINE内部の様々なサービスにブロックチェーンの技術を融合することにより、技術革新を通じた新たな価値を付与することが期待されています。

ICONについて

icon-logo

ICON(アイコン)はさまざまなブロックチェーンコミュニティを接続し、ブロックチェーン技術が実際に使用される環境づくりに取り組んでおり、独自に開発した高性能のブロックチェーンエンジンである「loopchain」を用いて最先端の技術を普遍的なものに変えることを目的としたグローバルプロジェクトです。

先日は、日本のICOファンドであるB Cryptosとの提携も発表しており、ICONで使用される仮想通貨アイコン(ICON/ICX)は、時価総額20位前後に位置しています。

unchain(アンチェーン)について

unchain(アンチェーン)は、トークン経済のプラットフォームを開発することを目標にしています。

このプラットフォームは「ユーザーが情報の生産者であり消費者である」ということに焦点を当てており、ユーザーが情報の貢献に応じて報酬がもらえるような仕組みとなっています。

unchain(アンチェーン)は先月LINEが立ち上げた別の子会社「unblock(アンブロック)」と共に分散型アプリケーション(DApps)の開発からLINEのブロックチェーンサービスのメインネットをリードしていくとされています。

UnchainのCEOには、ICONでテクニカル・ディレクターを務めた李洪圭(H.K. Lee)氏が就任します。現在LINEとの共同作業を検討しているDAppsチームをまとめている李氏は、キャリアを通じてブロックチェーン技術と人工知能(AI)についての専門知識と経験を持っています。

アイコンはunchainについて、Mediumの公式ページで次のように説明しています。

Unchainが開発するブロックチェーンエコシステムは、ユーザーがネットワークに貢献すると報酬を受け取るトークンエコノミーによって促進される仕組みです。アイコンとUnblock社(ブロックチェーン研究専門のLINE子会社)のdAppsサービスがUnchainで開発されます。この提携によるジョイントベンチャー「Unchain」は、ブロックチェーンと非中央集権を日常生活の一部に近づける新たなステップになります。

仮想通貨アイコン(ICX)

仮想通貨アイコン(ICON/ICX)は、韓国版イーサリアム(ETH)ともいわれる仮想通貨です。

今回の提携はアイコンの『世界をハイパーコネクトする』という計画を推進することに繋がり、ICXブロックチェーンの将来の成長、仮想通貨ICXの価値を押し上げることにつながることが期待されます。

LINE Plusの2億人のユーザーがICONのシステムとICXコインを利用するようになれば、ブロックチェーンエコシステムの活動増加も予想されます。ICXコインを求める新たな投資家ベースの拡大も見込めるでしょう。

アイコン(ICON/ICX)は、Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

遺産相続手続き迅速化へ、ブロックチェーン実証実験を開始|三井住友信託など14社

遺産相続手続き迅速化へ、ブロックチェーン実証実験を開始|三井住友信託など14社

注目度の高い仮想通貨ニュース

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

【XRP価格予想】10円付近まで下落の可能性も|著名トレーダー・アナリストが警告

【XRP価格予想】10円付近まで下落の可能性も|著名トレーダー・アナリストが警告

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で元郵便局長を逮捕|職場の電力を不正利用か

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で元郵便局長を逮捕|職場の電力を不正利用か

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す