仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

by BITTIMES

LINEは1月31日、金融事業を手掛ける新会社「LINE Financial」を10日に設立したと発表しました。メッセージアプリ「LINE」を通じ、仮想通貨取引、ローン、保険などのサービスを提供する準備を進めています。

資本金は50億円。代表取締役には、LINEの出澤剛代表取締役社長が就きます。

仮想通貨取引所などを運営するには、金融庁から仮想通貨交換業者登録を受ける必要がありますが、LINEによると、既に手続きを始め審査中ということでした。

これまで培ってきたメッセージを取り扱う際のセキュリティ技術に加え、ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進し、安全性の高いサービスの提供を目指すとしています。また、この分野に精通した技術者や関連人材の採用も積極的に行うといいます。

LINEは、決済サービス「LINE Pay」を2014年に開始し、2017年の年間取引高は4500億円を突破しており、登録ユーザー数も4000万人を突破するなど好調です。新会社である「LINE Financial」の設立により、金融事業領域をさらに強化し、キャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在を目指すとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

流出したNEM、海外のICOや取引所で使用される

流出したNEM、海外のICOや取引所で使用される

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す