GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

by BITTIMES

暗号資産取引所「GMOコイン」は2022年11月11日に、同社が提供しているステーキングサービスで2022年11月17日から「ポルカドット(DOT)」と「コスモス(ATOM)」をサポートすることを発表しました。これにより、GMOコインでDOTやATOMを保有している人々は「ステーキング報酬」を得ることができるようになります。

こちらから読む:関東財務局、FTX Japanに業務停止・業務改善を命令「国内ニュース」

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキング」が可能に

GMOコインは2022年11月11日に、同社が提供しているステーキングサービスで2022年11月17日から「ポルカドット(DOT)」と「コスモス(ATOM)」をサポートすることを発表しました。GMOコインは以前から取引所(現物取引)・販売所(現物取引)・貸暗号資産・つみたて暗号資産」のサービスでDOT・ATOMをサポートしていましたが、11月17日以降は「DOT・ATOMのステーキング」も行うことが可能となります。

ステーキングとは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているアルトコインを一定期間保有することによって報酬を得ることができる仕組みであり、ビットコインにおけるマイニングに相当するプロセスとなっています。

個人でステーキングを行う際には、ステーキングに対応したウォレットに暗号資産を移動して自分で"委任"などの作業を行う必要がありますが、GMOコインのステーキングサービスは「ステーキング対象の暗号資産を保有するだけでステーキング報酬を受け取ることができる仕組み」となっています。

新たにDOT・ATOMが追加されることによって、GMOコインでステーキング可能な暗号資産は以下の合計6銘柄となります。
テゾス(Tezos/XTZ)
シンボル(Symbol/XYM)
カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
クアンタム(Quantum/QTUM)
ポルカドット(Polkadot/DOT)NEW!
コスモス(Cosmos/ATOM)NEW!

なお、DOT・STOMのステーキングルールについては以下のように説明されています。

【DOTステーキングルール概要】
提供開始予定日:2022年11月17日(木)
対象者:判定期間中にポルカドット(DOT)を保有している方(※1)
報酬受取日:毎月10日(土日祝の場合は翌平日)(※2)
報酬額:変動制(年率4.4%〜5.3%程度の見込)
手数料:当社に配分されたステーキング報酬の28%

【ATOMステーキングルール概要】
提供開始予定日:2022年11月17日(木)
対象者:判定期間中にコスモス(ATOM)を保有している方(※3)
報酬受取日:毎月10日(土日祝の場合は翌平日)(※2)
報酬額:変動制(年率6.5%〜7.2%程度の見込)
手数料:当社に配分されたステーキング報酬の28%

(※1)判定期間中にポルカドット(DOT)を保有している場合でも、ステーキング報酬の数量が小数点第8位未満となる方は、配布の対象外となります。
(※2)初回のステーキング報酬の配布は2022年12月12日の予定となっています。
(※3)判定期間中にコスモス(ATOM)を保有している場合でも、ステーキング報酬の数量が小数点第6位未満となる方は、配布の対象外となります。

なお、GMOコインは現在、ステーキング対象の暗号資産を預け入れたユーザーを対象に抽選でJTB旅行券10万円分をプレゼントする『対象銘柄の預入でJTB旅行券10万円分が当たる!ステーキングキャンペーン』を開催していますが、DOTとATOMはこのキャンペーンの対象銘柄にも追加されるとのことです。

>>「GMOコイン」の公式発表はこちら

暗号資産取引所GMOコインの新規登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazonの「ビットコイン決済開始日決定・導入開始」噂の真相

Amazonの「ビットコイン決済開始日決定・導入開始」噂の真相

コカ・コーラ自販機でキャッシュレス決済すると「最大800円相当」のポイント還元

コカ・コーラ自販機でキャッシュレス決済すると「最大800円相当」のポイント還元

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

三菱UFJ信託銀行など42組織「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置

三菱UFJ信託銀行など42組織「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

Terra Classicの分散型取引所(DEX)開発進む|USTデペグに関する監査報告書も公開

Terra Classicの分散型取引所(DEX)開発進む|USTデペグに関する監査報告書も公開

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す