大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

by BITTIMES

仮想通貨は不安定な資産クラスですが、その主な理由は、技術開発の実行可能な領域としてのブロックチェーンを取り巻く不確実性にあります。強気相場と弱気相場と呼ばれる規則的なサイクルがあり、投資家は現在、大きな弱気サイクルの真っ只中にいます。

このような弱気相場では投資家のセンチメントも弱気に傾きますが、トークンが過小評価される傾向があるため、長期投資を始める最適な時期でもあります。この記事では、今後数年間で大きな利益を獲得するポートフォリオを準備するための、注目すべき仮想通貨6つを紹介します。

1位:Metacade(MCADE) - 拡張性のあるプレイ・トゥ・アーケード

概要

注目に値する仮想通貨の1つとしてはMetacadeが挙げられます。このプラットフォームは、多種多様な異なるアーケードゲームを1つの場所で提供する、高度なプレイ・トゥ・アーンのゲームプラットフォームとなることを計画しています。GameFiが成長を続け、そのユニークな機能でより多くのプレイヤーを魅了する中、Metacadeは急速にブロックチェーンゲーマーの専用コミュニティの中心拠点となる可能性があります。

Metacadeは、最大のオンチェーンアーケードを構築するだけでなく、業界に関する魅力的な情報でGameFiの熱狂的なファンを魅了します。このプロジェクトでは、Web3の世界で最高のプレイ・トゥ・アーンのプラットフォームに関する最新のヒントやトリックなど、この空間について知っていることを共有することでユーザーが報酬を得られる、高度なインセンティブ・システムを備えています。

また、Metacadeは、2024年以降に分散型自治組織(DAO)になることを目指し、時間とともにコミュニティによって統治されるようになる予定です。ゲーマーがGameFi業界の将来に影響を与える力を取り戻すことで、Metacadeは時間の経過とともに非常に人気が高まり、多くのユーザーを魅了することになりそうです。

トークノミクス

MCADEトークンは全部で2,000,000,000個あります。この量の70%は、すべての仮想通貨投資家が低価格で投資する平等な機会を持つ、公正な発売前イベントの一部としてリリースされました。

MCADEのメリットは?

メタケードのプラットフォームは、膨大な潜在的ユーザー層に高度なプレイ・トゥ・アーンの機能を提供し、すでにWeb3全体で広く関心を集めています。 MCADEトークンのプレセールは好評で、現在も継続中です。

仮想通貨投資家は、非常にリーズナブルな価格で高い可能性を秘めたプロジェクトに参加できるこのような機会をめったに得ることはありません。MCADEは1トークンあたり0.008ドルで発売され、その価値は今後数年間で最大100倍まで上昇する可能性があると期待されています。

>>> MCADEの詳細はこちら <<<

2位:Tezos(XTZ) - 先進のブロックチェーン技術

概要

Tezosは、スマートコントラクトと分散型アプリケーションをサポートする分散型ブロックチェーンです。Tezosはproof-of-stakeコンセンサスアルゴリズムを使用しており、XTZ保有者はネットワークに参加することで報酬を得ることができます。また、Tezosはオンチェーンガバナンスを提供しており、トークン保有者はプロトコルのアップグレードに投票することができます。

このネットワークは形式検証を採用しており、Tezosネットワークの安全性と安定性を保証するのに役立っています。また、形式検証により、ハードフォークを行わずにTezosに新機能を追加することが可能です。Tezosは分散型ブロックチェーンサービスとして広く利用されており、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドやF1のマクラーレンなど、大手スポーツチームとパートナーシップを結んでいます。

トークノミクス

Tezosの総供給量は10億XTZです。Tezosの流通量は全体の91%以上であり、ネットワークにデフレ型トークノミクスをもたらします。

XTZが注目される理由は?

Tezosは、ビットコインやイーサリアムなどの古いブロックチェーンネットワークを改善し、時間の経過とともに進化・拡張できる簡単にアップグレード可能なネットワークを提供することを目指しています。Tezosは高度なスマートコントラクトのサポートに加えて、安全でスケーラブルなブロックチェーンソリューションを提供します。これが2022年12月に注目すべき仮想通貨の1つとしてTezosが挙げられる理由です。

XTZの価格は現在1ドル未満ですが、時価総額でトップ50の仮想通貨であり、広い仮想通貨市場が弱気相場から回復するにつれ、今後数年間で10~50倍に上昇する可能性を持っていると期待されています。

3位:カルダノ(ADA) - 1,000,000TPSを達成

概要

Cardanoは、注目すべき仮想通貨リストの3位にランクインします。カルダノは、完全にオープンソースで分散型のパブリックブロックチェーンおよび暗号通貨プロジェクトです。このネットワークは、これまで開発されたどのプロトコルよりも高度な機能を提供することを目的としているため、スマートコントラクトと分散型アプリケーションの開発をサポートしています。

カルダノは、プルーフ・オブ・ステークという合意形成メカニズムを導入した最初のブロックチェーンの1つであり、これによりブロックチェーンは、これまでの技術の反復に対して大幅にスケーラブルなソリューションを提供することができるようになったのです。

このプロジェクトでは、Hydraと呼ばれるアップグレードを開発中で、1秒あたりのトランザクションを250から潜在的には1,000,000TPSまで増加させることができます。

トークノミクス

カルダノの総供給量は35,157,347,936 ADAで、流通量はこの約98%に相当します。

ADAが注目される理由は?

Hydraアップグレードの導入によって、Cardanoは仮想通貨の世界で最も高速で安価なブロックチェーンの1つになるでしょう。ADAトークンはすでに時価総額で9位であり、ブロックチェーンが100万TPSまで処理できるようになれば、さらに高い価格水準に爆発的に上昇する可能性があります。

楽観的な価格予測では、ADAの将来価値は10ドル以上と予測されています。これは現在の水準から30倍以上にまで価格が上昇することを意味します。

4位:ライトコイン(LTC) - デジタルシルバー

概要

ライトコインはブロックチェーン技術を利用した分散型仮想通貨で、ピアツーピアの即時決済を可能にします。この通貨は弱気相場での購入に適した仮想通貨の1つと評価されています。ライトコインは2011年にビットコインの代替通貨として誕生し、以来、世界で最も広く使用されている暗号通貨の1つとなっています。ライトコインは多くの点でビットコインと似ていますが、いくつかの重要な違いもあります。

ライトコインは、ビットコインよりも取引速度が速く、最大供給量も多いのが特徴です。各ブロックでより多くのLTCトークンが採掘され、ランニングコストが低いため、採掘者にとっても利用しやすい。ビットコインがデジタルゴールドであるのに対して、ライトコインはデジタルシルバーと呼ばれています。

トークノミクス

LTCトークンは全部で84,000,000個あり、そのうち85%以上がすでに採掘されています。

LTCが注目される理由は?

ライトコインは、ビットコインのコアであるレイヤー1に対して、より多くの取引を安価に処理できるため、より拡張性の高い代替通貨と言えます。人々は、BTCの代替として、インターネット上で国境を越えて高速かつ低コストで価値を送るためにLTCを使用しています。

2021年にLTCトークンあたり413ドルの高値をつけた後、仮想通貨投資家はLTCが現在の価格から最大で10倍の価値になると予想しています。

5位:Polygon(MATIC) - Ethereumのスケーリング

概要

Polygonは、ブロックチェーン分野において、Ethereumをスケールアップさせることにフォーカスしたユニークなプロジェクトです。Polygonは非常に低い取引速度とコストを実現し、最大のWeb3エコシステムが他の業界と同程度にスケールするのを助けることができます。これは重要な機能であり、今後数年間におけるPolygonの高い予測値の主な理由と見なすことができます。

ポリゴンのネイティブトークンであるMATICは、ネットワークの燃料となります。MATICは、トランザクションの処理、ガス料金の支払い、バリデータへのトークン報酬の配信に使用されます。また、MATICをステークしているユーザーは、すべての取引手数料の一部を得ることができるため、パッシブ収入を得るためにステークすることも可能です。また、ステークホルダーは、ネットワークの将来の発展を形成するためのガバナンスの提案に投票することができます。

トークノミクス

MATICトークンは全部で10,000,000,000個あり、現在その87%以上が流通しています。MATICは様々なユースケースを持ち、分散型アプリケーションのエコシステムにおいて、多くのユーザーをサポートできるネットワークの基盤となります。

MATICが注目される理由は?

Polygonネットワークは、Web3の世界で最も先進的なGameFiプロジェクトの本拠地です。 仮想経済はほとんどのプレイ・トゥ・アーンのゲームで基礎的な機能であるため、このネットワークはGameFiに完璧に適合しています。その延長線上にある重要な要件は、プレイヤーがプレイ中に大量のブロックチェーン取引を行う必要があることです。Polygonは、この機能を高速かつ低コストのエコシステムで提供し、ブロックチェーンゲーマーのプレイ体験を向上させます。

ポリゴンは、仮想通貨が拡大し続ける中で重要な役割を果たすと期待されています。このネットワークはEthereumをスケールアップさせるため、独自の価値提案があり、このトークンは現在割安であることを示唆しています。時間の経過とともに、MATICトークンは20~50倍の価値に上昇する可能性があります。これこそが、購入すべき最高の仮想通貨のリストで5位である理由です。

6位:秘密結社ルミエース(LUMIII)~ブロックチェーンを身近な存在に

概要

The Secret Order of Lumiiisは、Web3の世界でも非常にユニークなプロジェクトで、The Secret Order of Lumiiisという楽しくてインタラクティブなテレビ番組を作ることで、若い世代へのブロックチェーン教育のレベルを高めることを目的としています。

この番組は、アニメのキャラクターがファンタジーの世界を冒険する魅力的なストーリーで、子どもたちを教育することを目的としています。The Secret Order of Lumiiisは、視聴者が番組のアニメーションの中に隠されたQRコードを見つけることができるインタラクティブな内容になっています。このQRコードを読み取ると、NFTの無料配布など、デジタルアセットの特典を受けることができます。

トークノミクス

LUMIIIはネイティブトークンです。流通量は約505,000,000LUMIIIで、現在の価格は0.02ドル、つまり時価総額は現在1000万ドルと低水準にとどまっています。

LUMIIIが注目される理由は?

このプロジェクトは、2022年9月22日にトークンが公開され、まだ始まったばかりです。現在は非常に低価格で、簡単にアクセスできる教育を通じて次世代のブロックチェーンユーザーを取り込もうとしているため、将来への有力な投資と見なすことができます。専門家は今後数年間でこのトークンが大きな利益を出すと予測しているため、今回の注目すべき暗号資産リストで第6位にランクインしています。

まとめ:Metacadeは長期的な利益を得るのに最も適しているようだ

Metacadeがこのリストの1位であるのには理由があります。MCADEトークンはプリセールイベントを開始したばかりで、より広い暗号資産空間内で多くの注目を集めています。このプロジェクト自体は、ブロックチェーン技術で構築された唯一最大のアーケードとなり、時間の経過とともに拡張され、非常に多くのプレイヤーにサービスを提供することができます。

また、MCADEトークンは、プロジェクト全体において素晴らしい実用性を備えており、プレイヤーはMetacadeプラットフォーム上で簡単に理解できる幅広い機能を通じて、仮想通貨を獲得する機会を得ることができます。

1トークンあたりわずか0.008ドルのプリセール価格から始まるMetacadeは、今後数年間で膨大な利益をもたらす可能性のある大きな買い場であるように見えます。仮想通貨ではいつもそうですが、早く買えば買うほど大きなリターンがあり、このプロジェクトは遅かれ早かれ確実に入るべきものです。

MCADEの詳細はこちら


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sweet:テゾス(Tezos/XTZ)を統合「McLaren Racing Collective」のNFTも公開

Sweet:テゾス(Tezos/XTZ)を統合「McLaren Racing Collective」のNFTも公開

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

長期的視野で「貯蓄」を|ビットコイン「1,000万円」超えを予想:元GoldmanSachsアナリスト

長期的視野で「貯蓄」を|ビットコイン「1,000万円」超えを予想:元GoldmanSachsアナリスト

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

ロバート・キヨサキ氏「2023年の金銀価格予想」を提示|BTCの今後にも期待

ロバート・キヨサキ氏「2023年の金銀価格予想」を提示|BTCの今後にも期待

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

FTX創業者サム・バンクマンフリード被告「無罪」を主張

FTX創業者サム・バンクマンフリード被告「無罪」を主張

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

ポルシェ:NFTコレクション「PORSCHΞ 911」の発行停止を発表

ポルシェ:NFTコレクション「PORSCHΞ 911」の発行停止を発表

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す