AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

by BITTIMES

GIFT Community Limitedは2023年1月17日に、ARとWeb3を用いた新しい可能性を創造するメタバース「IZUMO ARメタバース」の公式サイト・公式コミュニティを公開したことを発表しました。

こちらから読む:STRAYM、Astar Japan Labに入会「暗号資産」関連ニュース

画像・NFTを「ARアート」として現実世界に設置

GIFT Community Limitedは2023年1月17日に、ARとWeb3を用いた新しい可能性を創造するメタバース「IZUMO ARメタバース」の公式サイト・公式コミュニティを公開したことを発表しました。

「IZUMO ARメタバース」はAR(拡張現実)を活用したメタバースであり、IZUMO ARメタバースを利用するユーザーはスマートフォンに保存されている画像やウォレット内のNFTを現実の世界にARアートとして設置する事ができるようになっています。

ユーザーが設置したARアートは他のユーザーからも閲覧可能(双方向性)で、それらのARアートはNFTを通じて売買できるようになるとも説明されています。

従来のARアプリでは、作品ごとに専用アプリをダウンロード・インストールする必要があったものの、「IZUMO ARメタバース」は現実空間をすべてのユーザーが共有する仕組みとなっており、新しいアプリを都度インストールする必要がないとも説明されています。

(画像:GIFT Community Limited)(画像:GIFT Community Limited)

ストリートアートの問題をARメタバースで解決

ここ最近では「バンクシー」の作品などストリートアートの人気が高まってきていますが、それらのストリートアートは壁に直接描かれるため売買することはできず、ストリートアーティストはストリートでの創作活動から活動資金を稼ぐことが難しい状況となっています。

また、アメリカ政府は毎年120億から180億ドルもの税金を投入して落書きを消しており、パリではゴミの清掃人が毎日テニスコート一面分と同じ650平方メートルの落書きを消しているとのことで、「ストリートアーティストは本来の創作活動で収益を上げることができないだけでなく、世界中の政府は多額の税金と人的資源を使ってそれらを消している状況にあり、ストリートアート出身のアーティスト作品は現代アート市場の取引高の24%を占めるほど価値/人気が高いという非常に非合理的な状態にある」と指摘されています。

このように指摘するGIFT Community Limitedは、IZUMOの取り組みについて『誰もがIZUMO ARメタバースでストリートにアートを飾ることができるソリューションを開発し、街の景観の美化を保ちながらストリートアートの保護と資産化に挑む』と述べており、『ARメタバースの登場によって、三次元の現実世界の中で自由に作品を創作/展示/販売できるようになるため、全てのユーザーは著名なARアーティストになれるチャンスを得ることができる。アーティストは既存のストリートアートの様に都市の町並みに沿ったアートを創作し、今までにない領域で創作活動を拡張することが可能になる』とも説明しています。

今後「IZUMO ARメタバース」は、最初にアートという領域でマネタイズビジネスを行い、次に領域を拡大するため積極的に著名なNFTを支援するコミュニティや地方創生を掲げる地域・自治体・団体とのパートナーシップを推進、AR×Web3という新しい時代の変化の中で非中央集権型のプラットフォームを作り上げることを目指すとのことです。

>>「IZUMO ARメタバース」の公式サイトはこちら
>>「IZUMO ARメタバース」の公式Twitterはこちら
>>「IZUMO ARメタバース」の公式Discordチャンネルはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

JPYC Bot「JPYC→giftee Boxポイントの交換機能」をリリース

JPYC Bot「JPYC→giftee Boxポイントの交換機能」をリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月1日〜7日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月1日〜7日

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

ポルシェ:NFTコレクション「PORSCHΞ 911」の発行停止を発表

ポルシェ:NFTコレクション「PORSCHΞ 911」の発行停止を発表

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

Play and Earnのサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『トレサカ Jリーグ』正式版公開

Play and Earnのサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『トレサカ Jリーグ』正式版公開

MetaMask:Portfolio Dappで「イーサリアムのステーキング」が可能に

MetaMask:Portfolio Dappで「イーサリアムのステーキング」が可能に

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す