渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

by BITTIMES

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Labは2022年11月19日に、渋谷スクランブル交差点の上にARを重ねたSTYLYデジタルレイヤーに、NFTブランド「NEO TOKYO PUNKS」とコラボレーションしたARゲーム『NEO TOKYO CLASH』を追加しました。「NEO TOKYO CLASH」は、同社が提供するリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」アプリを使用して体験することが可能となっています。

こちらから読む:XANA、CryptoNinjaとのコラボNFTを発表「メタバース」関連ニュース

STYLYデジタルレイヤー第2弾『NEO TOKYO CLASH』

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Labは2022年11月19日に、渋谷スクランブル交差点の上にARを重ねたSTYLYデジタルレイヤーに、NFTブランド「NEO TOKYO PUNKS」とコラボレーションしたARゲーム『NEO TOKYO CLASH』を追加しました。

Psychic VR Labは現実空間をXRで拡張することによってSTYLYアプリでアクセス可能なリアルメタバースを展開している企業であり、2022年10月には渋谷スクランブル交差点の上にARを重ねた「STYLYデジタルレイヤー」の提供を開始、第1弾ではNFTブランド「BŌSŌ TOKYO」やWeb3企業「MADWORLD HONG KONG LIMITED」とコラボしたARスロット『BŌSŌ SLOT』が提供されていました。

『NEO TOKYO CLASH』は「BŌSŌ SLOT」に続く第2弾目のプロジェクトであり、渋谷スクランブル交差点が「NEO TOKYO PUNKS」の世界観に変化し、新しいキャラクターの登場なども楽しめるARミニゲームになっていると説明されています。

制作はファウンダーの「NIKO24」監修の元、NEO TOKYO PUNKSのNFTホルダーであるアーティストの「天現寺」が担当しており、コンテンツ内には他のNFTホルダーが制作した二次創作物が登場します。

また、キービジュアルは「クリエイティブ集団・Konel」が担当、「新世界テクノロジーズ」や「VVQ」など複数のコミュニティ、会社の協力のもとNEO TOKYO PUNKSコミュニティが一丸となって制作、『非中央集権的でコミュニティの方針をメンバーを含め議論する』というWeb3の流れに沿ったコンテンツ内容・制作方法を取ったとも説明されています。

『NEO TOKYO CLASH』は2022年11月19日9:00〜2022年12月16日23:59までの期間にかけて渋谷スクランブル交差点で展開されており、リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」アプリを使用することによって体験することが可能となっています。

今後は「NFTのプレゼント企画」や「NEO TOKYO PUNKSのシンボルであるマスクのNFT販売」も予定しているとのことで、イベント概要・NFT販売については以下の専用ページで解説されています。

>>「イベント概要・NFT販売」の詳細はこちら
>>「STYLY」の公式サイトはこちら
>>「Psychic VR Lab」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【日本初】Libra決済型のマーケットプレイスアプリ「FLIBRA」プロトタイプ公開

【日本初】Libra決済型のマーケットプレイスアプリ「FLIBRA」プロトタイプ公開

オンチェーンデータ活用の次世代採用サービス「Desume」β版公開|Web3版履歴書を提供

オンチェーンデータ活用の次世代採用サービス「Desume」β版公開|Web3版履歴書を提供

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す