Bitget:現物取引市場の拡大に伴い「BLURトークン」を上場

by BITTIMES   

世界最大のコピートレードプラットフォームであるBitget(ビットゲット)は、同プラットフォームの現物市場NFTゾーンにBLURトークンを上場させることを発表しました。入金受付は2023年2月10日の日本時間18時に開始済みです。取引は同月14日に開始されます。

Blurは、世界有数の分散型NFTマーケットプレイスであり、プロのNFTトレーダーにとって最適なNFT売買の場を提供しています。Blurを利用することで、ユーザーは様々なマーケットプレイスを通じて、専門的な分析ツールを使ったNFTポートフォリオの管理・ガス代の節約・フロアプライスの横断比較などが可能になります。BLURトークンはBlurのガバナンストークンとして機能し、Bitgetは14日にその世界初の上場を担います。

世界有数の投資機関であるParadigmからの融資を受け、Blurはアクティブユーザー数・取引ボリュームの両方で急速な成長を遂げてきました。2022年12月から2023年2月の間に、Blurでの取引ボリュームはOpenSeaの143%を記録し、取引ボリュームにおいて世界最大のNFTマーケットプレイスとなりました。

「Bitget」のマネージングディレクターであるGracy Chen氏は以下のようにコメントしています。

Bitgetでは、技術の変革力と未来を形作る可能性を信じて、質の高いブロックチェーンスタートアップを長期的に支援することを約束します。私たちの目標は、これらのスタートアップに流動性とコミュニティへのアクセスを提供し、世界へのポジティブな影響を促進することで、繁栄と成長を支援することです。

Bitgetは、仮想通貨デリバティブ取引のリーディングプラットフォームとして、トークン上場以外においても現物取引のオペレーションを拡大中です。 これまでデリバティブでのみ利用可能であったコピートレードが現物取引でも実装され、優れた投資家のポジションをフォローすることが可能になりました。

また、現物レバレッジ機能の提供も開始済みです。Coinmarketcapのデータによると、Bitgetの現物市場は2022年2月13日時点で500以上の通貨と約546以上の通貨ペアをカバーしています。

【Bitgetについて】
Bitgetは、2018年に設立されたソーシャルトレーディングサービスを主な特徴とする世界有数の仮想通貨取引所です。現在、世界100カ国以上、800万人以上のユーザーに安全なワンストップ取引ソリューションを提供しています。伝説のアルゼンチン人サッカー選手リオネル・メッシ、イタリアの有力サッカーチーム「ユベントス」、公式eスポーツイベント主催者PGLなど、信頼できるパートナーとのコラボレーションを通じて仮想通貨の普及拡大を目指しています。
Bitgetは、プラットフォーム上のユーザー資金を保護するため、3億ドルの保護基金や資産カストディサービスなど、最高レベルのセキュリティと保護対策を採用し、マークルツリーの準備金証明モデルによる完全なリザーブバックを約束しています。

Bitgetの詳細については「https://www.bitget.com」をご覧ください。

免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

Lumi Wallet:iOSアプリに「Apple Payによる仮想通貨購入機能」追加

Lumi Wallet:iOSアプリに「Apple Payによる仮想通貨購入機能」追加

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説